ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

    ハナキリンの挿し木 土挿しで

    2021年07月22日
    昨年は水挿しには成功しましたが、土挿し2本は失敗。今回はリベンジです。


    乳液は洗い流す

    はなきりん1
    昨年、頂芽を切り戻したことで頂芽優勢が打破され、脇芽が数本伸びてにぎやかになってきました。

    NHK趣味の園芸を見ていたら、ユーフォルビアの挿し木をしていました。「タコもの」で、ハナキリンではありませんでしたが、急に挿し木したくなった次第。一部参考にさせて頂きました。

    はなきりん2 はなきりん3
    【7月04日】挿し穂用の枝を2本確保。切り口から樹液(乳液)がドップリ。

    はなきりん4 はなきりん5
    今回も元レンズペンを使って入念に洗い流しました。乳液は固まると吸水を阻害しますので綺麗に洗います。

    ▶もくじ

    48時間切り口を乾燥

    はなきりん6 はなきりん7
    そのまま挿すと切り口から雑菌が侵入し、腐敗する恐れがありますので、2~3日間明るい日陰で乾燥させてから、

    はなきりん9 はなきりん9-1
    【7月06日】赤玉土(小粒)に挿します。普段なら1/2ほどを埋めますが、今回は過湿を避けたいので1/3程度と浅く挿しました。

    はなきりん10
    切り口を乾燥させましたので、最後に水やり。水差しで穏やかに…。明るい日陰に置いて管理します。

    乾燥中とその後も、葉が黄変し数枚失いました。前日に水やりをしておくか、省略した水あげ(吸水)を乾燥前にしてもよかったかな…と。

    ▶もくじ

    16日後に鉢上げ

    はなきりん11
    【7月22日】開始から16日。過湿を避けながら霧吹きで水やりをしてきましたが、数日前から土が乾くのが早くなりました。

    抜いて見ると、

    はなきりん12 はなきりん13
    発根していました。一番長い根は35mm、25mm級が数本。もう1本の方もソコソコに発根。

    1か月は掛かるかなと思っていましたので嬉しい誤算です。もう少し長く根を伸ばすなら、やはりもう1~2週間後が妥当な感じです。

    はなきりん14
    さっそく多肉用の市販の土で鉢上げしました。水ハケが良く、水を浄化して根腐れを防止するゼオライトも入っていますのでとても便利な土です。

    根が土に馴染む2週間ほど明るい日陰に置き、その後は徐々に日に当てていく予定です。

    今回は頂芽の付いた天挿しで成功しました。失敗した昨年は葉も芽も付いていない途中の茎を挿したことが敗因なのかどうか、機会があればまた試してみようと思います。

    ▶もくじ

    動画はこちらから
    画面をクリックするとYouTubeサイトに移動します
    ハナキリンの挿し木動画
    関連記事