ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

    ジュウニノマキの花 2013

    2013年06月29日
     観葉植物ジュウニノマキに今年初めて花が咲きました。

     花の構造による以前の分類体系ではユリ科とされ、最新のDNA解析によるAPG体系Ⅲと呼ばれる植物分類体系ではススキノキ科に分類されています。

    【6月1日】
    ジュウニノマキ2 ジュウニノマキ3
     購入して何年経ったのか定かではありません。現在樹高は約15cmで平均身長です。2年前に初めてできた子株を株分けして、今はその後できた子株4株を抱いたままです。

    【6月11日】
    ジュウニノマキ4 ジュウニノマキ5
     どんな花が咲くのか楽しみですが、なにやら花茎がどんどん伸びてきました。全くの想定外です…。

    【6月15日】
    ジュウニノマキ6 ジュウニノマキ7
     花茎は明るい方向へクネクネと先端部分を曲げながら伸びていき、ざっと50cmはありそう。蕾が立ってきて17mmほどに成長してきました。

    【6月19日】
    ジュウニノマキ8 ジュウニノマキ9
     夕方になって1番花が開花し始めました。なんとも小さくてジミーな花ではありませんか。

    【6月20日】
    ジュウニノマキ1
    ジュウニノマキ2
    ジュウニノマキ3
    ジュウニ4
     翌日には3枚がクルリと巻いていました。上側両端2枚と下側中央の1枚が巻いています。古い植物分類体系ではユリ科とされていますので、3枚が花弁(内花被)で3枚はガクが変化したもの(外花被)ということになりますか。カールした3枚が外側に位置していますのでこれがガク片でしょうか。
     
     見た目はサボテンみたいですので神秘的な花が咲くのかと期待しましたが、これでジュウニノマキはサボテンの仲間ではないことが実証されました。
    関連記事