晴れ時々趣味の園芸

    地植えにしたガジュマルの剪定

     鉢植えで長年楽しんでいたガジュマル、「鉢植え減量作戦」で漏れなくターゲットになり地植えにしていました。枝が暴れん坊将軍してきましたので剪定しておきました。  ここは昔は池だったところ、護岸や石垣が人工的ではありますが一応「波止場」を表現しています。  こちらはロックガーデン、冬場はあまり日が当たらず心配していましたが元気な様子で一安心です。  これは挿し木で増やしていた3年生苗です。盛り土気味に植...

    続きを見る

    防衛本能 「植物の立ち聞き」

     トマトを食害する虫について調べていたら、おもしろい研究結果がありましたのでご紹介します。 植物は食害にあうと香り成分を放出して食害している虫の天敵を呼び寄せたり、周りの植物に危険を知らせ害虫への抵抗力を強めることは以前から知られているそうです。『植物間のシグナリング』(または「植物間コミュニケーション」とか「植物の立ち聞き」とも)と呼ばれているそうですが、そのメカニズムは明らかにされていませんで...

    続きを見る

    ミソハギの花とコイモの葉

     ミソハギの花が見ごろを迎えました、というよりも「迎えてしまいました」・・・というのが実感です。お盆に小道具として使いたい花ですので、ちょっと早すぎましたかね。【6月28日】  知らぬ間に小さな蕾ができていました。キューミン中にご紹介していた、昨年8月に挿し木して苗を地植えにしたものです。【7月5日】 花穂の下から順に開花し始めました。【7月20日】 草丈1.2m、花は12mmほどの小さな6弁花です。...

    続きを見る

    ミニトマト2014 トマト棚の近況:多重花房(果房)

     平年より2日、昨年より12日遅く四国地方が梅雨明けしました。トマト棚への水平移動を開始して3週間になろうとしています。夏本番を迎え、近況をご報告いたします。  あれから各枝は50数cm伸びました。1日平均2.5cm前後成長している計算になります。以前、野菜の収穫は朝が良い理由について書きましたが、その中で「夜間は陽射しが無く葉からの水分蒸散が少ないので体内の水分量が多くてみずみずしいから。」という...

    続きを見る

    ユキノシタの子株を移動

     ユキノシタの花が終わろうとしています。ブログ復帰前から咲いていましたので思ったよりも長期間に渡って花を咲かせました。子株も思った以上に増えてきましたので、まだ植わっていない箇所に移動させました。  ブログ復帰したのが5月後半、その前から咲いていましたのでおおよよ3ヶ月は咲いています。最初の頃の花穂はすでに枯れ尾花。この種からもまた子孫が増えるんでしょうかねぇ、ユキノシタだらけになりそうです。   ...

    続きを見る

    タチツボスミレの花の不思議

     前々から見かけるたびにハート型をした葉がカワイイなぁと感じていた野草です。葉の形から調べてみると「タチツボスミレ(スミレ科スミレ属)」と判明しました。名前は聞いたことがありましたから、これがそうだったのかと。珍しくもない野草ですが築山とロックガーデンに植え付けています。  「庭改造計画」に合わせ、年末に山道から持ち帰りグランドカバーというよりもアクセントにしています。確か2月か3月に知らぬ間に青...

    続きを見る

    ネジバナの右巻き・左巻き

     巨大化した2本のマーガレットの間に埋もれ、移植救出作戦を試みたネジバナ(ラン科)が順調に咲き始めました。高さ40cm、花穂の長さ15cmでこれまでと変わらない大きさです。  6月20日、気がついたらすでに花茎が上がり始めていました。6月28日、蕾がはっきりとしてきましたが「巻きの方向」はまだ不明。  7月02日、花が咲き始めました。我が家のネジバナは7月上旬から咲き始めます。7月10日、螺旋がはっ...

    続きを見る

    ミニトマト2014 「害虫ハンター」

     野菜を栽培していて一番困るのが虫に食べらてしまうことです。トマトだとこれからの暑い時期にオオタバコガの幼虫に実に穴を開けられ悩まされます。家庭菜園といえども収穫減は避けたいですよね。 防除するには農薬を使用する以外に防虫ネット、黄色蛍光灯などを使用すると効果があるそうです。【防虫ネット】 *オオタバコガの成虫は体長約15mm、開帳約35mm。成長点付近の若い葉の裏や茎、花や蕾、実の上に1個ずつ産...

    続きを見る