晴れ時々趣味の園芸

    ミニトマト千果 2本仕立ての近況(10):摘葉

     収穫も順調に進み第3花房が終了しましたので下葉を全て摘葉しておきました。                                                           通常トマトは本葉8~9枚で第1花房が付き、以降は葉3枚ごとに花房が付きます(3葉1花房性)。 このグループの葉で作られた養分の行き先は当該花房のみで、下や上の花房には供給されません。  例えば、 「葉+葉+葉+...

    続きを見る

    コデマリの挿し木:発根、鉢上げ

     念願?のコデマリの枝を頂いて挿し木をしていました。実に50日後になってやっと発根しました、それにしても長かった・・・。ランタナ同様に備忘録として残しておきました。                                                            【5月21日】 開始   下葉を取り除き先端を斜め45度にカットして、1本の枝から7cm程度の挿し穂が6本確保できまし...

    続きを見る

    ランタナの挿し木:発根、鉢上げ

     6月20日にランタナの挿し木をしてから3週間が経過しました。気になりますので掘り返して様子を見てみました。                                                             【7月12日】 挿し木から22日目 3本挿して2本が発根していました。両端は節のあるもの、中央は節の無い挿し穂です。右側の挿し穂は2週間後の途中経過で抜いてみましたが全く...

    続きを見る

    モントブレチア:②花の咲く様子 =ミクロ編=

     前回はマクロ編と称して全体的な花の咲く様子をご紹介致しましたので、今回は花のアップを載せておきました。                                                           葉の形状と花期が似ている以外は、花だけを見ているととてもアヤメ科とは思えないつくりです。アヤメの花が外花被片(萼:ガク)と内花被片(花弁)の構成ですので、これも同じ構造と思われ、...

    続きを見る

    ネジバナが咲き始めました

     昨年ハイビスカスの鉢で偶然発見されたラン科のネジバナですが、今年も花を咲かせ始めました。 しかも子株が増えて2本立てです。【12月3日】 冬は幅広の丸い葉「冬葉」を出します  【 5月8日】 春からは細長い「夏葉」に衣替え  【6月20日】 中心部が膨らみ始め            【6月23日】 蕾が出てきました 【6月25日】 翌々日には完全に姿を現し        【6月30日】 ぐんぐん...

    続きを見る

    モントブレチア:①花の咲く様子 =マクロ編=

     夏の到来を告げるモントブレチアが咲き始め、殺風景な庭でオレンジ色が一際目を惹いています。 6月15日から撮り貯めしていた写真の中から数枚選び、花の咲き進む様子を再現してみました(同一株ではありません)。 草丈は90cm前後のものが多く、花茎は枝分かれして多くは4~5本の穂状花序を出しています。1本の花序からは小さい花序で8個、通常は20数個の花を付けています。離れた場所にポツンと生えているものは...

    続きを見る