晴れ時々趣味の園芸

    マユハケオモトの種まき(その1)

     今年はじめてマユハケオモトの種を採り蒔いてみましたが無事に発芽したようです。と言っても一般の種の発芽の仕方とは違いどうも様子が変ですが。。。マユハケオモトの種まきの情報が少なく要領が不明なため、同じヒガンバナ科のクンシランの種まき方法でやってみました。3月2日  今回は2度目の採種になります。大きい種に期待しましが、中に2個入っていました。  赤玉土にバーミキュライトを混ぜた用土に種を軽く押し付け...

    アスパラガスのその後

     葉の1/3が枯れて12月3日に切り戻ししていた観葉アスパラガス、プルモーサス・ナナスです。少しずつですが新芽が伸びてアスパラガスらしく見えてきました。2月28日   ばっさり丸坊主にしてから約3ヶ月、冬の間でもちゃんと伸びてきました。根の状態が悪いのか極端に乾燥させ過ぎたのか先端が枯れる枝もあります。3月24日   さらに24日経過した今日の状態です。だいぶ“らしく”なってきました。葉のように見え...

    越冬ゲンペイボク

     室内越冬中のゲンペイボクの枝がグングン伸びてきました。 10月に切り戻すと1月には28cm伸びていましたが、何かにつかまりたそうに空中遊泳の状態ですのでそろそろ支柱が必要になりました。 冬の間に伸びた分を計測すると約90cmありました。植え替え時に支柱を立てようと思いましたが待ってくれそうにありません。  昨日枯れ枝を剪定したヤマブキの枝がありましたのでこれを有効活用することに。ヒモの代わりには...

    チューリップ =ピューリシマ=

     チューリップの1番花が開花しました。 ヒヤシンスやスイセンと同じく、池を潰してできた花壇に年中植えっ放しです。3年前に7種類の球根を植えましたが個々の消息は不明です。例年4月後半あたりに咲いていたと思いましたが、どうにも記憶はあてになりません。     順に3月14日、 3月18日、 3月20日  コテコテのカップ咲きではありませんので、何となくチューリップらしくありません。植えっ放しの影響でし...

    越冬カランコエ

     冬の間もずっと屋外に置きっ放しにしていたカランコエの結末です。去年は葉が少し傷むことはありましたが花も咲かせてくれました。今年は想定外の2度の積雪と2度の霜に会い無残な姿に変わり果てました。置き場所が無くなったのもありますが暖地ならでは?の油断がありました、深く反省。良い子のみんなは絶対に真似をしないようにネ!  タイトルが無ければ何の植物か分からないほどミジメな姿になりました。切り戻してみると...

    越冬ベゴニア

     木立性ベゴニアがなんとか無事に冬を越せたようです。12月9日              3月16日 挿し木して丸2年になろうとする木立性ベゴニアです。大株になる品種で高さ1.2m程ありましたが花も咲かなくなり、越冬のため切り戻していました。冬の間は少ししか成長しませんので地際の節間が詰まった理想の株に仕立てられます。12月9日              3月16日 こちらは半年程後輩になる挿し木...

    ヒヤシンスが開花

     2週間前にはまだ蕾だったヒヤシンスが咲き始めました。 思ったほどではありませんが、近づくととても良い香りがしてきます。              黄色とオレンジとばかり思っていましたが、黄色と赤紫?の花でした。記憶は当てになりません。  球根が近いので2本の花茎が合わさると豪華に見えます。株元から2本目の花茎が伸びてきました。分球し花茎が複数伸びて花数は少なめ。やはり我が家のヒヤシンスはローマン...

    越冬ペンタス

     約3ヶ月ぶりのペンタス記事になります。室内越冬中でも成長を続け蕾もつけていましたが、ポツリポツリと不揃いな咲き方ばかりでした。ここにきてやっと本来の半球状に咲く花を見ることができるようになりました。     これは挿し木ペンタス3兄弟たちです。親株に比べると葉の色が薄く栄養失調気味なのかもしれませんが、冬の間でも親株よりも花を咲かせる努力をしていたように思います。  こちらは親株です。 (写真左...

    エリカ 活動再開

     活動を再開したといっても女優の沢尻エリカさんのことではありません、(ツツジ科エリカに因んだ本名ですので全くの無縁ではありませんが)去年の秋に新規参入した鉢植えのエリカ、メランセラとウィンターファイヤーです。屋外で越冬していましたが、新芽が伸びてきました。 左側がメランセラ、右側がウィンターファイヤー(オアテシイ)です。  あーっ!枝が丸々1本枯れてしまいました。『別に…』などと平静を装う余裕はあ...

    シェフレラの蕾

     鉢植えのシェフレラに蕾らしきものが出てきました。 正式名はシェフレラ・アルボリコラ。 ウコギ科シェフレラ(フカノキ)属の常緑高木で和名はヤドリフカノキ、原産地は台湾、中国南部です。一般にカポックとも呼ばれますがそれは間違いで、カポックはパンヤ科の別の植物です。 別名アンブレラツリーとも呼ばれるそうです。葉の集まった形が傘に似ているからでしょうか。葉は8枚だったり9枚だったり、中には10枚のものも...