晴れ時々趣味の園芸

    ヒポエステスの花

     ヒポエステスに花が咲いてきました。 葉にはピンクのまだら模様の斑(ふ)が入り目を惹きますが、花はあまり目立ちませんので通常は観葉植物に分類されています。その目立たない花が咲いてきました。  地植えにしているヒポエステス・フィロスタキアです。真夏の直射日光でバテ気味で、葉は少し萎えて縁が丸まっています。花は葉柄の付け根にあるサヤみたいなところからニョキッと出ています。 花は小さく花径は15mm程度...

    ヤブラン

     ヤブランが咲き始めました。 ユリ科ヤブラン属の常緑多年草です。 オリヅルランのランナーが伸びない奇形種なのか、オリヅルランの仲間でランナーが伸びないシャムオリヅルランでは?などと勝手に勘違いしていた植物です。 以前から我が家にあったようですが、数年前帰省した際にオリヅルランよりも観賞価値が・・・と思い、地植えのゼラニウムの株元に移植していました。うす紫色の花が咲いたときには“ナニコレ”ととても驚い...

    観葉植物 アスパラガス

     今日は観葉植物のアスパラガスをご紹介させていただきます。これまで木立性ベゴニアなどの写真の中でチラッ、チラッと見え隠れしていましたが、今回は堂々の主役です。 園芸歴はン十年になりますが、実はその大半が観葉植物中心でした。ポトス、アジアンタム、アイビー、クラッスラ、ピレア、シェフレラ、ゴムノキ・・・etc.葉の形や大きさ、色や模様などを見て楽しみ、インテリアとしても楽しめる。花とはまた違った癒しの...

    ガジュマルの雑木盆栽風

     ガジュマルの枝がまた伸びてきました。これまでは単に伸びては切りの繰り返しでしたが、これではどうも“芸”がありません。。。今回は盆栽風な枝ぶりにしようと挑戦してみました。 今年に入って4月と7月の2回剪定をしましたが、また伸びてきました。 比較的太い枝を生かして細い枝は整理しました。購入時から主枝は切られていてその周りから放射状に細い枝が伸びていますので、枝ぶりは本格的な盆栽のようにはいきません。 ...

    カランコエの短日処理

     カランコエは“短日植物”と呼ばれ、日の長さが短くなる<日照時間が12時間以下>と花芽をつける植物です。(正確には暗期(夜)が一定時間より長くなると花芽をつけるのだそうです)普通に栽培していると開花するのは早春になりますが、年内に花を咲かせてみたいので短日処理に挑戦しようと思います。 方法は簡単です。夕方5時から翌朝8時頃までダンボールをかぶせて人工的に夜を長くさせるのです。花芽が確認できるまで毎日...

    “ツルの恩返し” マンデビラ

     ツルを切ろうか切るまいか・・・迷っている最中に小さい蕾を発見しそのまま温存したツルに、待望の花が咲きました。  7月26日(写真左) 小さい蕾ですがもう色がついていました。8月19日(写真右) 蕾が大きくなりそれらしくなってきました。  8月24日 1個が開花しました。7月初めの購入時に4個ほど咲いたきりでしたので2度目の開花になります。    ツルを温存して早目にまた花を楽しむことができました...

    巨大オクラ

     種を採ろうと1本だけ放置していたオクラの実が巨大化してきました。 トマト棚の下にあるのがオクラです。地面に4株、プランターに6株あります。おかげでこの夏はオクラ三昧です。 通常は左側の9cmぐらいで収穫しています。右側は14cmあります。これまでは感覚的に大きくなりすぎたと思い捨てていましたが、指でつまんでもそう硬くなく、試しにお昼に頂きましたが問題ありませんでした。でもこのあたりが限界のように...

    哀れ白花センパフローレンス

     哀れシリーズ?第2弾です。今回は同じベゴニアでも木立性に分類されるベゴニア・センパフローレンスです。 7月8日 開花中 7月8日 剪定後 8月22日 白花がこんなんなりました                      剪定後しばらく室内に置いたまま水をやり過ぎて?溶けてきました。赤花(写真左)の方はなんとか裏側1/3程度の損失で済みました。今気付きましたが剪定した枝から新芽は伸びていません…株元か...

    マンリョウの青い実

     以前にじっくりと見ることの少ないマンリョウの花をご紹介させて頂きましたが、赤い実はあっても、まだ青い時の実をご覧になられる方も少ないのではないでしょうか。  とり木をして2年目の鉢植えのマンリョウです。左側は6月30日に開花し始めた時の様子です。 右側が8月21日今日現在の様子です。 実はまだ小さくて、大きいもので約5mm程度です。 花をじっくりと見ることもなかったのですが、ソバカスのような斑点...

    盆栽仕立てのゼラニウムに花が

     盆栽風に仕立てたゼラニウムに待望の花が咲いてくれました。  昨日の時点では蕾は26個ありました。もう少し増えそうです。蕾のままで終わることがありますが、花には雨を当てないように水やりの水をかけないようにして、花がらをていねいに摘むと全ての蕾が咲くそうです。  今年の6月にもご紹介させて頂いたお気に入りの盆栽仕立てです。 ごく普通の品種で地植えにしていたものが横倒しのまま成長して、地際の茎が肥大化し...