晴れ時々趣味の園芸

    アジサイの剪定

     アジサイの花も終わりになりましたので、剪定することにしました。いざ剪定しようと方法を調べてみますと、案外これがややこしいです。。。一昨年に鉢植えのものを地植えにして、去年は咲いた花はすべて切りとって花瓶に生けていたのですが、これがどうも偶然うまく剪定していたことになっていたようです。 今年は全て切らずにそのまま花を観賞しましたので、初めての意識的な剪定ということになります。6月14日の“NHK趣...

    続きを見る

    グズマニアの花と株分け(1)

     グズマニアの花の観賞も終わり、子株も成長してきましたので株分けすることにしました。 パイナップル科の植物で『アナナス類』と総称されます。少し変わった植物で花のように見える部分は苞(ほう)と呼ばれ、葉が変形したものです。花は中央の白い部分であまり目立ちません。水や肥料も根からではなく葉の基部から吸収しますので、そこに貯めるように与えます。 花(苞)が終わると同じ株からは二度と花は咲きません。脇から...

    続きを見る

    シャコバサボテンの鉢上げ

     挿し木して発根したシャコバサボテン(デンマークカクタス)を鉢上げしておきました。  一応の発根はありましたが水のやりすぎでしょうか、根腐れ状態で思った程の根の量ではありません。葉(茎節)と葉の間から根が出ています。根に障害がある場合はこうなるそうです。  多肉植物ですので水はけのいい土にします。赤玉土(小粒)、腐葉土、パーライトを同率で配合しました。根が損傷気味なのでどうかと思いましたが、元肥でマグア...

    続きを見る

    シャコバサボテンの挿し木

     シャコバサボテン(デンマークカクタス)は一般の植物に比べて、管理に少しだけ手間がかかる植物です。しかし、冬にあの独特な花を見ると苦労も報われます。 シャコバサボテンには年2回の葉摘みという作業があります。春:形を整え、成長を促すための葉摘み。秋:花芽を出させるための葉摘み。春の葉摘みで摘んだ葉を使い5月に挿し木していました。(葉は正式には茎節または葉状茎と呼ぶそうです) 5月11日に葉摘みをして...

    続きを見る

    キルタンサスの植え替え

     いつもは秋にしていたキルタンサスの植え替えですが、あまりにも鉢が球根であふれかえっていましたので、5月の末に植え替えをしていました。するとどうしたことか、一つの球根が花を咲かせていました。これまで冬~春先に咲いていましたが、今頃咲くのは初めて見ました。 ヒガンバナ科の球根植物で、別名ファイアーリリー。キルタンサスとは“曲がった花”という意味だそうです。うちにあるのは淡いピンクですが赤、白、黄色もあ...

    続きを見る

    晴れた日のガクアジサイ

     梅雨入り宣言が出ると後はいつも晴れます。どこかでオタマジャクシが降ることはあっても、雨は当分降りそうにありません。雨が似合うアジサイですが、シャッターチャンスを逃し、晴れた日のアジサイになりました。 周辺の花びらに見えるものは装飾花とよばれガクが変化したものです。中心の小さい目立たないところが花になります。西洋アジサイはこの装飾花の集まりで、本当の花は装飾花に隠れて見えません。 下から見上げてみ...

    続きを見る

    クロッサンドラの挿し木:発根・鉢上げ

     挿し木をしていたクロッサンドラが発根しましたので、鉢に植え付けることにしました。挿し木して27日目です 赤玉土+バーミキュライトに挿したものは順調に発根していました。18本中17本発根しました。                 こちらは左側がバーミキュライト単用、右側が水挿しです。水挿しでは全く発根しませんでした。 用土は水はけをよくするためパーライトを混ぜました。赤玉土(小粒)6:腐葉土3:パーラ...

    続きを見る

    モミジバゼラニウム

     昨日農園屋さんでゲンペイボクを購入しましたが、もう一つ目に付いたのがこのモミジバゼラニウムでした。いま咲いてる花は終わりそうな感じでしたが、挿し木で増やそうと思い買ってしまいました。  ほんとモミジみたいな葉ですね。花びらの形もちょっと変わってます。この品種造った人に拍手です。  さっそく植え替えてチョキチョキしました。葉の無い茎もありますが大丈夫です。どうにか挿し木用に5本確保できました。  こ...

    続きを見る

    ゲンペイボク

     久しぶりに農園屋さんが草花の販売に来られたので、なにかメボシイものはないかと見に行きました。 最初に目に付いたのがゲンペイボク。。。源平??花の形が私好みで、挿し木もできるというので購入しました。昨日の“趣味の園芸”でフクシアの花を見た影響もあるのかもしれません。。。 クマツヅラ科でクレロデンドロン・トムソニアエ。ゲンペイボク(源平木)、ゲンペイカズラ(源平葛)、ゲンペイクサギ(源平臭木)。色々な...

    続きを見る

    ミニヒマワリ

     10日ほど前には蕾だったミニヒマワリが咲いていました。去年植えたものの「こぼれ種」です。もしF1種(1代交配種)だったら親と同じ花は咲かないかも、と心配していましたがちゃんと咲いてくれました。 な~んだF1種ではなかったのか。でも、もうひとまわり大きかったような気もするし(今回咲いたのは直径約6cm)…。やっぱりF1種だったのかなぁ、単に栄養不足なのかなぁ。蕾がまだたくさんついているので、後に咲く花...

    続きを見る