晴れ時々趣味の園芸

    マンリョウの花

     とり木をして2年目になるマンリョウです。とり木を始めたのはちょうど梅雨時ですでに蕾がついていて、その年の冬は真っ赤な実を鑑賞できました。ところが去年はまったく花が咲かず、今年はどうかなと思っていましたが、花が咲いて一安心です。  アップでみたことなかったのですが、赤い点々がついてるんですね。ナンテンと同じで赤い実ばかり連想して花のことはあまり知りません。  とり木開始から2ヵ月後、花は実になり親...

    続きを見る

    アジサイの剪定

     アジサイの花も終わりになりましたので、剪定することにしました。いざ剪定しようと方法を調べてみますと、案外これがややこしいです。。。一昨年に鉢植えのものを地植えにして、去年は咲いた花はすべて切りとって花瓶に生けていたのですが、これがどうも偶然うまく剪定していたことになっていたようです。 今年は全て切らずにそのまま花を観賞しましたので、初めての意識的な剪定ということになります。6月14日の“NHK趣...

    続きを見る

    ミニトマト3本仕立て

     気温の上昇でミニトマトも急激に成長し始めました。側面の支柱を越してきましたので、“空中3本仕立て”用の支柱を追加しました。 反対側に側面の支柱を立て、3本の吊り下げ用支柱を固定しました。当初は2本仕立ての予定でしたが、主枝が折れたため3本仕立てに変更しました。  右端が手負いの主枝(リハビリ中)、左端が脇芽1号(やたら元気)、中央が脇芽2号(脇芽の脇目)です。 位置について、ヨーイ。。。ドン! と言う...

    続きを見る

    グズマニアの花と株分け(1)

     グズマニアの花の観賞も終わり、子株も成長してきましたので株分けすることにしました。 パイナップル科の植物で『アナナス類』と総称されます。少し変わった植物で花のように見える部分は苞(ほう)と呼ばれ、葉が変形したものです。花は中央の白い部分であまり目立ちません。水や肥料も根からではなく葉の基部から吸収しますので、そこに貯めるように与えます。 花(苞)が終わると同じ株からは二度と花は咲きません。脇から...

    続きを見る

    ミニトマトの根性

     首の皮1枚残して主枝が折れていたミニトマト。セロテープを巻いて固定していましたら根が生えて来ました。生きるために必死で根を伸ばそうとするミニトマト。根が生えるで【根生】(こんじょう)の字を当ててもいいのではないでしょうか。 6月6日                    6月12日 誘引した翌朝、パキッと折れていました。6日後、目立った変化はありません。6月23日    巻き直していたテープ越し...

    続きを見る

    球根ベゴニアの植え替え

     今日も農園屋さんが草花の販売に来られました。球根ベゴニアがありましたので購入しました。木立性の品種名不明のものとセンパフローレンスはありますので、球根性や根茎性(レックスベゴニア等)もそろえたいと思っていたところです。 他のベゴニアよりも夏の暑さ・湿気が苦手なようで、さっそく植え替えをしました。 色々調べてみますと、鹿沼土やピートモスの名前が出てきます。酸性を好むんでしょうか、赤玉土5:腐葉土2:...

    続きを見る

    モントブレチア

     この花が咲き始めると、あ~夏が来たなぁと感じます。庭のあちらこちらに自由奔放に生えています。 アヤメ科の球根植物で別名:ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)ヒオウギズイセンとヒメトウショウブの交配種だそうです(どちらもどんな花か知りません)。 分球して勝手に増えて小さなコロニーを形成します。一斉に咲き始めると、きつい日差しでオレンジ色がまぶしく感じ、なかなか見ごたえがあります。特に手入れをすること...

    続きを見る

    ミニトマト初収穫

     明日から天気は下り坂の予報。雨に降られる前にミニトマトを収穫しました。 薬指の下に伸びる太陽線。コツコツとしかお金が貯まらない手相のようです(コツコツも無いですが)。下まで突き抜けていれば大金持ちになれるそうです。。。 あっトマトの話でしたね、リコピンをたっぷり貯めようと完熟待ちしていましたが、明日から雨になりそうなので収穫しました。品種も知らないトマトですので、色もまあこんなもんですか。1個はそ...

    続きを見る

    マルガリータの近況

     後ろ半分が枯れて、丸刈りにしていたアジアンタム。少しづつですが新芽が伸びてきました。  5月26日の断髪式当日から少しずつ新芽が動き出しました。6月10日              順調でした、ここまでは。。。ナメクジに葉を食われました。 6月19日  場所を変えてからは順調です。後ろ側はまだカリアゲ状態ですが。。。  痛々しい傷跡もそのままに。。。でもアジアンタムしている葉もあります。7月2日  ...

    続きを見る

    シャコバサボテンの鉢上げ

     挿し木して発根したシャコバサボテン(デンマークカクタス)を鉢上げしておきました。  一応の発根はありましたが水のやりすぎでしょうか、根腐れ状態で思った程の根の量ではありません。葉(茎節)と葉の間から根が出ています。根に障害がある場合はこうなるそうです。  多肉植物ですので水はけのいい土にします。赤玉土(小粒)、腐葉土、パーライトを同率で配合しました。根が損傷気味なのでどうかと思いましたが、元肥でマグア...

    続きを見る