晴れ時々趣味の園芸

    万両のミニ盆栽

     実生(みしょう)で育てているマンリョウがいくつかあります。一つは鉢をひっくり返して根がむき出しになったものの、土を足さずにそのまま放置していました。根の張り具合がおもしろいので盆栽(風)に仕立てることにしました。  実生4年目?のマンリョウです。この苗で少し遊んでみました。大きいのは取り木して2年目のものです。当時すでに蕾が付いてて実もなりました。年は蕾すらできませんでした小さいのは実生2年目です...

    続きを見る

    ナンテンの花

     一時晴れ間がのぞいていましたが、また雨が降ってきました。昨日、今日と半袖ではちょっと肌寒い感じです。ナンテンの蕾がチラホラと開き始めました。 ナンテンは“難を転じる”ことから縁起のいい木とされ、近所でもよく植えられています。冬に実は赤くなり正月の花の飾りに欠かせませんが、肝心のその頃にはヒヨドリに食べられ、ほとんど実は残っていません。 肥料を与えると蕾が落ちるといわれますが、本当です。一昨年は知ら...

    続きを見る

    ツワブキのこども

     キク科のツワブキ。晩秋から初冬にかけて綿毛をまとってふわふわ飛ばせ、無事着地した種があちこちで芽吹き始めました。タマスダレ(ヒガンバナ科)の根元に、ツワブキのこどもを発見。ここで成長されては困る場所なので、鉢上げすることにしました。 踏みつけられることもなく、草引きからもまぬがれていた運のいいヤツ。イッチョマイに斑入り(ふいり)です。 石をどけて掘り上げると、思ったより根が短いので途中で切れたか...

    続きを見る

    ムラサキゴテン(紫御殿)の植え替え

     成長期に入ったというのに、一向に大きくならないムラサキゴテン。 植え替えてみることにしました。学名は『トラデスカンティア・パリダ・プルプレア』ですって。とてもじゃないですが覚えられましぇん。 日光によく当てないと葉は緑色になります。その点は大丈夫だったようです。 株を抜いてビックリ。これで成長しろっ!ていうほうがどうかしてました。 1つの鉢の株を6個に分割しました。葉は若干厚みがあって、触り具合...

    続きを見る

    ガジュマルの挿し木(2)

     ウキツリボクに少し遅れて、ガジュマルも挿し木していましたので、これまた向学のためと称して挿し穂を抜いて見てみました。こちらは挿して22日目ですが、芽が動かないのでイ~ヤな予感はしていました。  アララ、やっぱり! かすかに根らしきものが出てきてるような、ないような…。ガジュマルの原産地は南方系なので、ウキツリボク以上に4月の寒さがコタエタのかもしれません。 ◇◇追記◇◇5月25日現在の様子です。 10本...

    続きを見る

    ウバメガシの剪定

     バベの木が葉が茂ってきたので剪定をしました。バベの木がウバメガシ(備長炭の元になる木)と知ったのは、つい最近のことです・・・Uターンして戻ってくるまでは、地元の庭師さんに毎年剪定して頂いてました。生育旺盛で年に2,3回剪定が必要ですが、土台ができてますから、にわか庭師で間に合います。  新緑もそれはそれできれいなんですが…  大汗をかいた割りにはそれほど変わり映えが…  バベの裏側では白丁花(ハクチ...

    続きを見る