コマツナのプランター栽培 ④ 収穫

     前回の2回目の間引きから14日が経過しました。本葉が20cmに達しましたので収穫しました。種まきから33日後、出芽から31日後になります。もくじ1 育 苗(スライドショー)2 収穫は朝採りで3 味噌汁で睡眠不足解消育 苗(スライドショー)10月28日 2回目間引きから3日後10月30日11月01日11月03日11月05日11月07日11月08日11月09日未明からの雨でイキイキ▶もくじ収穫は朝採...

    続きを見る

    コマツナのプランター栽培 ③ 2回目間引き

     前回の1回目の間引きから12日が経過しました。本葉4枚目が伸び始め、葉が混み合ってきましたので2回目の間引きをしておきました。種まきから18日後、出芽から16日後になります。もくじ1 2回目の間引き(スライドショー)2 施肥・中耕・土寄せ2 間引き菜2回目の間引き(スライドショー)10月15日:1回目の間引きから2日後10月17日10月19日10月21日10月23日10月25日:1回目間引きから...

    続きを見る

    コマツナのプランター栽培 ② 1回目間引き

     前回は種まきから出芽するまでをご紹介しました。今回は双葉が混み合ってきましたので、1回目の間引きの様子をお届けいたします。もくじ1 1回目の間引き(スライドショー)2 間引き菜  2.1 かつおのたたきはなぜ「タタキ」?1回目の間引き(スライドショー)10月09日 出芽10月10日 10月12日123345551.1回目の間引きのタイミングは、双葉が完全に開いた頃から本葉が1~2枚になるまでの間...

    続きを見る

    コマツナのプランター栽培 ① 種まき~出芽

     一年の内で一番コマツナの栽培に適した季節がやってきました。1枚ずつ葉を摘み取りながら、冬の間もずっと収穫ができます。なによりかにより、気温が下がると虫の被害がほとんどありません。もくじ1 プランターの構造について  1.1 底に穴ありタイプ  1.2 底に穴なしタイプ2 種まき  2.1 3通りのまき方  2.2 フィルムコート種子  2.3 培養土  2.4 条(すじ)まき(スライドショー)3...

    続きを見る

    コマツナの露地栽培 ② 2回目間引き~収穫

     種まきから22日後の今日、葉が茂ってきましたので収穫しました。  種まきから18日後、本葉4枚になりましたので株間5cmに間引きました。中耕と草引き、化成肥料適量を溝を掘って施しました。最後に土寄せと水やりも。 間引き菜も立派です。  間引きからわずか4日後ですが、目安の20cmに達していますので収穫です。 初収穫は21枚ありました。防虫ネットをすると葉もキレイですネ。F1から採取した種でしたので...

    続きを見る

    コマツナの露地栽培 ① 種まき~1回目間引き

     今日5月27日は527の語呂合わせで「小松菜の日」だそうです。ビタミン菜の栽培が芳しくありませんので、5月19日に小松菜の種まきをしておきました。準備  これからの時期の葉もの野菜栽培には虫が大敵になりますので、虫よけネットを張れるよう支柱を用意しました。プランター用のものに手を加え、土に突き刺せるようにしました。種は昨年5月に自家採種したものを使います。種まき  あらかじめたっぷりと水やりした土...

    続きを見る

    秋まで待てない マナツノコマツナ2016

     ブロック栽培で細々と栽培中のコマツナですが、需要と供給のバランスが合わず、春に採種したタネを蒔いて初めての夏栽培にチャレンジしています。  晩秋に種を蒔いて春まで収穫を続ける冬栽培が、虫の被害がほとんどなく一番適した時期なのですが、ブロック栽培の苗や間引きして地面に移植した苗が、予想外に虫の被害が少ないことに気を良くし、真夏に種蒔きすることに。【7月23日】種蒔き  ブロック栽培で蒔いた時と同じ、...

    続きを見る

    コマツナのブロック栽培2016夏

     4月29日に「コマツナのブロック栽培2016春」と題して、トマト棚の重し用ブロックに期限切れの種を蒔いたことをご紹介しましたが、乾かしてしまい早々と断念…。そこで、ぬけぬけと「2016夏」などと題して、リベンジしていたのであります。【5月19日】  冷蔵庫の奥で発見された4年半も期限が過ぎた種です。とはいえ、新小松菜(コマツナ×チンゲンサイ)のF1種です。比較するために、今年採取したばかりの種も蒔...

    続きを見る

    小松菜の「種取物語」 第二話

     第一話で「緑のうちに種を採取するの?」・・・言われてみると、なるほど。そこで、やり方をネットで調べてみました。 サヤが「茶色くなるまで育てるか、実が付いたら刈り取り、良く乾燥させてから種を取り出す」のが正しいコマツナの採種法のようですね。調べもせずに青いサヤから種を出すとは、A型人間としたことが…でもここで嘆いていても始まりません、「敗者復活方式」を採用することにしました。 敗者復活するのは、 ...

    続きを見る

    小松菜の「種取物語」 第一話

     昨日ご紹介したコマツナの種を採取しました。  今日の写真は朝日バージョンです。ブロック栽培で用いた種は新コマツナですが、この種は正真正銘のコマツナです。種の収納部本体は約6cmほどでした。 下の1本はマメ科のカラスノエンドウのサヤ。スジが上下に入っていて、マメ科の剥き方は皆さんご存知の通りですが、アブラナ科のコマツナの方にはスジがなく、平べったい部分にミゾが入っていて、似て非なるものであることが...

    続きを見る