イチゴのプランター栽培 ③ 中耕と追肥

     プランターで栽培中のイチゴ苗の花茎や枯れ葉を整理しておきました。もくじ1 花は咲けども -まだ寒いこの時期は結実しない- 2 中耕と2回目の施肥 -新葉の展開を促進させる-3 3月下旬の桜の花が咲くころの花から受粉の手助け花は咲けども -まだ寒いこの時期は結実しない- 毎年のことながら、いつ休眠しているのやら、冬の間中花を咲かせています。平均気温が10℃以上になると開花するそうで、今年は暖冬ですの...

    続きを見る

    イチゴのプランター栽培 ② 植え付け

     苗の植え付け適期(10月中旬~11月上旬)を迎えましたので、プランターに定植しておきました。もくじ1 プランターと培養土2 植え付け  2.1 向きをそろえて植える  2.2 生長点を埋めてしまわない3 冬に咲く花は摘み取るプランターと培養土  長さ60cmのプランターに3株植え付けます。先日のコマツナのプランター栽培で使ったのは底に水が貯まるタイプでしたが、これはスノコの下の底面が網目になって...

    続きを見る

    イチゴのプランター栽培 ① 採苗

     今回のイチゴ栽培(来年春の収穫用)は、プランター栽培を中心にしていこうと思います。もくじ1 露地栽培とプランター栽培2 次郎苗を中心に子株を堀り上げ3 鉢上げ&1か月ほどポット育苗4 植え付けの適期露地栽培とプランター栽培  露地栽培は実の形も大きく、数も多く収穫できるのが魅力です。しかし、虫による被害は半端なく、これまでに針金支柱を立てて花房を固定したり、花房を数本まとめてヒモで縛ったり、不織...

    続きを見る

    イチゴ栽培2017 ⑤ 開花から収穫まで

     開花から収穫までを追いかけてみました。開花  花の命は短くて、おおむね3~4日ほどです。受粉  ミツバチなど虫もやって来ますが、柔らかい筆で受粉を助けてやります。肥大化  受粉に成功すると、花托(花床)が白っぽく肥大化してきます。着色  緑色だった果実(そう果:粒々の部分)も、やがてほんのり色づき始めました。  鳥に狙われますのでこの頃から不織布を掛けています。収穫  高さ32mm横幅36mm、ずんぐ...

    続きを見る

    イチゴ栽培2017 ④ 初収穫 

     4日前にご紹介した後に急に色づき始め、少し早いですが今朝収穫しました。鳥対策に不織布 鳥対策にと不織布を被せているイチゴですが、無防備のプランターの実はまんまとイソヒヨドリに食われてしまいました。不織布はちとデカイですが三角コーナーの水切り用です。袋から出して直射日光に当てていましたが、プランターの実が無いのに気付き、 日光浴は中止して急きょ収穫しました。初収穫はわずか3個です。いちごのつくり ...

    続きを見る

    イチゴ栽培2017 ③ 液肥で追肥 

     中耕(ちゅうこう)を兼ねて草引きをしたついでに液体肥料を与えておきました。 固くなった土を軽く耕すことで除草ができ、土の吸水性や通気性も良くなり、根の生育を助け丈夫な苗に育ちます。イチゴの根は浅根ですので、地表にむき出しになることもあり、土寄せも同時に行いました。土の乾燥には要注意…という意味が良く分かります。近況 ユスラウメの実も色付き始め、葉が茂ってきたせいで時折日陰になるのが気掛かりですが、 ...

    続きを見る

    イチゴ栽培2017 ② 虫よけ網掛け 

     今日は4月15日ですので、いちごの記事を書きます。 毎月15日がいちごの日かと思っていましたが、「いいいちご」の語呂合わせで1月15日が「いちごの日」だそうですネ、全く知りませんでした…。知られているところでは、22日が毎月「いちごショートケーキの日」です。カレンダーを見ると、22日の上はいつも15日になります。15=苺が上に乗っかってるから… さて、今年は心を入れ替えてマジメにイチゴ栽培に取り組...

    続きを見る

    イチゴ栽培2017 ① 花は咲けども 

     冬の間中、ほったらかしていたイチゴ苗。草引きと中耕をして、本日からマジメに管理を開始しました。 看護のお仕事さんが運営されているナースな女子の情報サイト『ナースときどき女子』さん内での特集記事 “友達と時間が合わない看護師さんも大丈夫!一人でも始められる趣味を見つけましょ♪” で拙ブログのイチゴ栽培記事をご紹介いただきました励みになります、ありがとうございます さて、ワサワサとイチゴ苗だらけだったの...

    続きを見る

    イチゴの露地栽培2015 初収穫

     遅ればせながら、イチゴを初収穫しました。 ひも掛けしているイチゴ苗です。ここのは無傷ですが緩んで垂れたところは、キッチリ虫に食われていました。ズボラ向簡易式なので完璧は望みません。(オススメもできません…) 収穫できそうなモノを早めに採っておきました、虫に食われる前に。大小含めて11個、スーパージャンボという名には程遠い大きさですがネ。(やはり苗は毎年更新すべき…) ミニトマトの積算温度は800℃...

    続きを見る

    イチゴの露地栽培2015 ひも掛け

     2011年の春に初めてイチゴの鉢植え栽培に挑戦して、その後13年までプランター栽培を続け、昨年の2014年からは全て露地植えに変更しています。実も大きくなってきましたので「ひも掛け」の作業を行いました。 イチゴに「ひも掛け」はピンと来ませんよね。畑ならともかく庭でマルチやワラを敷くのには抵抗がありまして(ダンゴムシやムカデの養殖場になりやしないかと)、かと言ってこのまま放っておくと実が地面に着い...

    続きを見る