丁字咲きマーガレット = 蕾から開花まで =

     地植えにしているマーガレットに花が咲き始めました。 成長途中で倒れてしまい、「ほふく」するように伸びています。 花茎がどんどん伸びてきました。できたての蕾、今にも咲きだしそうな蕾。 そこで、一つの蕾を開花するまで追いかけてみました。 マーガレットはキク科ですので、最初に開いた外側の花が舌状花(ぜつじょうか)、遅れて開く中心の花が筒状花(つつじょうか)、それぞれの一つ一つが独立した花で、多数の花が集ま...

    続きを見る

    ツワブキがタンポポ化

     ツワブキの花も咲き終わり、タンポポ化が進んできました。 黄色い花に変わり、ベージュの花がもう一度咲き始めたような錯覚に陥ります。  12月の初め、総苞が少し膨らんだように見えます。やがて総苞が裂けて綿毛が顔を覗かせてきました。この綿毛の正体は「ガク」なんだそうで、正確にはガクが変化した「冠毛」と呼ばれるものです。   さらに総苞は裂けてやがて落下し、雄しべや雌しべの残骸を乗せたまま、タンポポ化して...

    続きを見る

    ツワブキの筒状花

     斑入りのツワブキ(キク科ツワブキ属)に花が咲き始めました。  花壇の一角に住み着いて3年目(たぶん)になる斑入りのツワブキに初めて花が咲きました。直射日光がガンガン照りつける場所でしかも斑入りですので夏になると余計に葉焼けし易く、毎年引きちぎっていましたが順化できたのでしょうか今年は葉焼けも少なくなった気がします。【10月15日】            【10月21日】【10月25日】     ...

    続きを見る

    ガザニアの筒状花

     先日グリーンネックレスと一緒に購入していたガザニアです。以前大輪の花が咲く品種を育てていましたが枯れさせてしまったので、目にしたついでに後継者として新たに購入しました。 キク科ガザニア属の半耐寒性宿根草(または1年草)で原産地は南アフリカです。 オレンジ色に黄色が出ていて少し変わった模様でしたので購入しましたが、こうしてみるとやっぱり何か変ですね、ただのミス咲きだったようです。別名は勲章に似てい...

    続きを見る

    ツワブキ&タンポポ

     皆さんのブログでは随分前からツワブキの花を拝見していましたが、こちら愛媛でもやっと咲き始めました。 今日10月27日の様子です。10月19日 10月21日 10月22日 咲くのはもっと先だろうと油断していました。蕾をご紹介した2日後にはもう咲き始めていました。10月24日  前回マーガレットコスモスでもご紹介したキク科に見られる頭状花序です。外側の花びらに見えるのが舌状花で種はできません。中央が...

    続きを見る

    マーガレットコスモスの花(2)

     8月の初めから咲き続けているマーガレットコスモスです。秋になって庭の花も少なくなり、一段と目立つようになってきました。 キク科ステイロディスカス属の常緑低木で別名イエローエンジェル、原産地は南アフリカです。 ハナの下を長~く伸ばしています。私ではありません。長いもので花茎は12cm、花も夏より大きく4cmあります。   花の咲く順番に撮ろうとしましたが、満開までの途中の花がありません。咲きはじめ...

    続きを見る

    ミニヒマワリ

     10日ほど前には蕾だったミニヒマワリが咲いていました。去年植えたものの「こぼれ種」です。もしF1種(1代交配種)だったら親と同じ花は咲かないかも、と心配していましたがちゃんと咲いてくれました。 な~んだF1種ではなかったのか。でも、もうひとまわり大きかったような気もするし(今回咲いたのは直径約6cm)…。やっぱりF1種だったのかなぁ、単に栄養不足なのかなぁ。蕾がまだたくさんついているので、後に咲く花...

    続きを見る