ジュウニノマキの株分けと植え替え

     現在4鉢あるジュウニノマキ(ススキノキ科ツルボラン亜科ハオルシア属)の子株が大きくなり、バランスが悪くなってきましたので、株分けと植え替えをしました。もくじ(ページ内移動)1 簡単なふやし方-株分け-2 植え替えの適期は3月中旬~6月中旬3 ロゼット状の葉簡単なふやし方-株分け- 高さ17cm、横幅15cm、もう十年ほどになる親株です。成長はスローですが、前回植え替えてから2年と5か月近く経ってい...

    続きを見る

    ミソハギの株分けと植え替え

     お盆に大活躍してくれるミソハギ、地植え以外に鉢植えもありますので植え替えをしておきました。 後ろの大きい鉢は一昨年に挿し木したもの、手前は昨年5月にその株の剪定枝を挿し木してできたクローンです(同居のギザギザの葉はマーガレットコスモスのこぼれ種が発芽したもの)。もくじ1 植え替えの適期2 株分け:本体を分割3 株分け:子株を切り離し4 挿し木:水挿しの開始植え替えの適期 通常は冬の間は地上部は枯れま...

    続きを見る

    ジュウニノマキ(十二の巻)の植え替え・株分け2016

     観葉植物ジュウニノマキが子株・孫株で込み合い、一部枯れた葉も見えましたので植え替えておきました。 キジカクシ目ススキノキ科ツルボラン亜科ハオルシア属の常緑多肉植物で、原産地は南アフリカです。 花の構造による以前の分類体系ではユリ科とされ、最新のDNA解析によるAPG体系Ⅲと呼ばれる植物分類体系ではススキノキ科に分類されています。 あれは3年前、初めて花が咲き、その奇妙な姿をご紹介して以来の登場で...

    続きを見る

    マユハケオモトの分球と植え替え2016

     7月18日、四国地方の梅雨が明けました。平年並みで、昨年より6日早く明けました。 今日は朝から玄関回りを掃除していたら、うっかりマユハケオモト(ハエマンサス・アルビフローラ:ヒガンバナ科)の陶器鉢をひっくり返してしまい割ってしまいました...orz ちょうど植え替え適期を迎え、植え替えをしようと思っていたところでしたので良かったです。いえ、やっぱり良くないです…。  3球に分けました。親株が抱いている子...

    続きを見る

    クンシランの植え替え・株分け(2011)

     毎年咲く2株植えのクンシランがなぜか今年は咲きませんでした。原因が今ひとつ分かりませんが植え替えて根の状態を見ることにしました。 左側は右側の親株から株分けして5年目になりますがこちらはちゃんと花が咲きました。問題は親株の方です。花を観賞する時以外は同じ軒下で同じ管理をしています。花後から葉が6枚以上出ていればまた花が咲くはずで葉の数は十分足りています。さっそく鉢から抜いてみることに。【植え替え...

    続きを見る

    ジュウニノマキ(十二の巻)の植え替え・株分け

     ミニきゅうすの狭い中で数年間ガマンしていたジュウニノマキですが、株元がぐらついてきましたので久しぶりに植え替えることにしました。 キジカクシ目ススキノキ科ツルボラン亜科ハオルシア属の常緑多肉植物で、原産地は南アフリカです。 花の構造による以前の分類体系ではユリ科とされ、最新のDNA解析によるAPG体系Ⅲと呼ばれる植物分類体系ではススキノキ科に分類されています。   隣に見えるヤツデやマンリョウのミ...

    続きを見る

    ムラサキゴテンの植え替え・株分け(2011)

     今週は植え替えを中心に更新しております。今日はムラサキゴテンです。  “あつまれ~”  散らばっていたムラサキゴテン(紫御殿)が集合しました。手前が親株で普段は壁掛けですがいつ頃から育てているのか記憶にございません・・・。中央の2鉢は親株を挿し木して一昨年に植え替えと花の様子を記事にしています。奥の2鉢は切り戻した茎を庭の隅に捨てたものが勝手に発根してたので鉢上げしたものです。いつ頃鉢上げしたかも定か...

    続きを見る

    グズマニアの株分け(2)

     今回は今年6月に新加入した斑入りグズマニア(スターマイン・ベガ)の株分けです。来年の春以降に計画していましたが予想以上に成長してきましたので、適期ではないと思いますが晩秋までに根付くことを願って断行しました。  子株ができてきました。1本だけですので成長が早いです。  鉢から抜きとり親指をクサビの様に使って、親株から子株をそぎ取ります。必ず親株の葉が一枚くっ付いて来ます。緑色の株元を強く握ると組...

    続きを見る

    マユハケオモトの分球と植え替え

     マユハケオモトが休眠に入りましたので、分球して植え替えることにしました。 オモトと名前が付いてますがオモト(万年青)ではなく、ヒガンバナ科の球根植物で正式名はハエマンサス・アルビフロース。秋に咲く花の形が眉刷毛(マユハケ)に似ているのでこの名前が付きました。ハエマンサスには他に線香花火のような花が咲く、育て方の異なる品種もあるようです。 栽培は非常に簡単で、耐寒性も強いので屋外の明るい日陰に置きっ放...

    続きを見る