ハナモモの挿し木(再リベンジ編)

     今日3月3日は桃の節句、だからという訳で花桃の挿し木に再チャレンジすることにしました。成績は2戦2敗、最初の2011年が4月、リトライした昨年2018年が2月、今回は間の3月をとってみました…。もくじ1 挿し穂づくり2 水あげと挿し床の準備3 挿し床に挿す4 挿し床の管理挿し穂づくり   蕾が膨らんできています。花芽を付けた前年枝1本(左端)と、葉芽だけの前々年枝2本の計3本を挿し穂にしてみます。  ...

    続きを見る

    木立ベゴニアの切り戻しと冬の挿し木

     暖冬で、未だ屋外でハードニングを続けていた木立ベゴニアを室内に取り込みました。今朝の最低気温は1.4℃、今冬2回目となる1℃台でした。もくじ1 冬に向けての切り戻し2 冬の挿し木(水挿し)3 冬の植え付け冬に向けての切り戻し  今年もハート型した雄花やシャンデリアのように垂れて咲く雌花と、十分に目を楽しませてくれました。  ほっとけば4mにもなる高性の木立ベゴニアですが近年は趣向を変えて、敢えて背丈...

    続きを見る

    クロッサンドラの切り戻しと挿し木

     もう絶滅させたくありませんので、花が一段落したところで切り戻し、その剪定枝を使って挿し木(秋挿し)して殖やしておきました。もくじ1 切り戻しと頂芽優勢の打破2 挿し穂の確保と水あげ3 土挿し~4週間後の鉢上げまで (スライドショー)4 水挿しは不調5 耐寒温度7℃の非耐寒性切り戻しと頂芽優勢の打破 8月04日、真夏のまぶしい光線を浴びる「かがり火」です。  8月30日、終盤を迎えました。穂の長さは...

    続きを見る

    ペンタスの切り戻しと挿し木

     2年目となる高性のペンタス・パニックタワー。地植えにするとその良さを発揮しそうですが、未だに小振りの鉢植えのままです。来年は地植えにもしてみたいので、剪定がてら秋挿しして増やしておこうと思います。もくじ1 切り戻しと頂芽優勢の打破2 挿し穂の確保と水あげ3 水挿し~3週間後の鉢上げまで (スライドショー)4 土挿し~3週間後の鉢上げまで (スライドショー)5 冬が来る前に切り戻しと頂芽優勢の打破 ...

    続きを見る

    ヒポエステスの挿し木:②発根と鉢上げ

     間延び剪定した枝を使って挿し木(水挿し)していたものが発根しましたので鉢上げしておきました。もくじ1 10日目で発根(スライドショー)2 18日目で鉢上げ  2.1 見合う大きさの鉢で3 残りの3本はこれから・・・10日目で発根(スライドショー)8月01日:剪定枝を使って8月01日:挿し木を開始8月10日:10日目で発根しました8月11日8月12日8月13日8月17日8月17日8月18日:水に挿して...

    続きを見る

    ヒポエステスの挿し木:①水挿しの開始

     5月にオアシス苗を土植えにしていたヒポエステスが、間延びしてきましたので切り戻し、その剪定枝を使って挿し木しておきました。もくじ1 木漏れ日だけでは日照不足?  1.1 フィトンチッドは免疫力をアップする2 切り戻し3 挿し木(水挿し)の開始  3.1 カラフルな輪ゴム木漏れ日だけでは日照不足? しばらく明るい室内に置いていましたので梅雨明け頃から屋外へ出しています。真夏の直射日光はキツかろうと思い、ペ...

    続きを見る

    サルスベリの挿し木(2)発根・鉢上げ

     落葉樹のサルスベリを2月に「春挿し」していましたが、忘れた頃に発根しましたので鉢上げしておきました。もくじ1 4か月半の長い道のり2 鉢上げ(スライドショー)3 水挿しは不調4か月半の長い道のり 落葉樹の挿し木の適期である春挿しを始めたのはまだ寒い2月のことでした。サルスベリの挿し木は初めてです。  1ヶ月が過ぎて春めいてくると一斉に芽を吹き始め、  葉が茂り始めました。が、水挿しの挿し穂にも発根の...

    続きを見る

    ミソハギの切り戻しと挿し木と鉢上げ

     2月に植え替えをしていたミソハギが、スクスクと新芽を伸ばせてきましたので切り戻しをして、その剪定枝を使って挿し木をしておきました。もくじ1 切り戻して花数を増やす2 挿し穂の確保3 わずか3日のスピード根4 水挿しは早めに鉢上げ切り戻して花数を増やす  5月14日、新芽が30cm近く伸びてきましたので地際から2~3cmのところで切り戻しました。切り戻すことで頂芽優勢が打破されて、わき芽が勢いよく伸び...

    続きを見る

    サルスベリの挿し木(1)春挿し

     雑木盆栽の素材用に、今シーズンは色んなものを挿してみようと思います。落葉樹の挿し木適期は主に2~3月ですので、前回のハナモモに続いて今回はサルスベリ(ミソハギ科サルスベリ属)です。もくじ1 栄養繁殖と実生繁殖2 天挿しと管挿し3 挿し木の時期4 挿し穂のつくり方5 挿し床は赤玉土や鹿沼土6 発根促進剤7 挿したらすぐに水やり8 明るい日陰で管理8 まとめ栄養繁殖と実生繁殖 挿し木や接ぎ木、取り木、株分け...

    続きを見る

    ハナモモの挿し木(リベンジ編)

     2011年4月に失敗して以来のハナモモ(バラ科モモ属)の挿し木です。  今あるのは八重の源平咲き、2015年に接ぎ木苗を植え付けた2代目です。もくじ1 挿し木の適期2 挿し穂の確保3 挿し穂づくり4 水あげと挿し床の準備5 発根促進剤6 挿し床に挿す7 最後の水やりで挿し穂を固定8 挿し床の管理挿し木の適期 挿し木は時期によって「春挿し」「梅雨挿し」「夏挿し」「秋挿し」などに分けられます。落葉樹は主に2~...

    続きを見る