晴れ時々趣味の園芸

    初めてのナス栽培 その1:植え付け~1番果の摘果

     ピーマン苗と一緒にネットで注文していたナスの苗が届きました。ナスを栽培するのは初めてです。もくじ1 開花直前なので育苗は断念2 土づくり・・・溝施肥3 植え付け4 コンパニオンプランツにネギ5 花の形と栄養状態6 1番果の摘果と追肥開花直前なので育苗は断念 樹高(成長点まで)14cmの「とげなし千両2号」の挿し木苗です。出荷前に全天候型のハウスから屋外の環境に近いハウスに移動する順化処理が施されている...

    続きを見る

    キュウリ栽培2017 ① 植え付け~整枝・誘引

     ネットでピーマン苗を購入したら、キュウリ苗をオマケに付けて頂きましたので、予定外でしたが植え付けていました。  6月30日に届いて7月3日にトマト棚の隅っこに植え付けました。暖地愛媛ではかなり遅い植え付けになります。 トマトのコンパニオンプランツとして植えている万能ネギを一部移植しました。キュウリの土壌障害「つる割れ病」を防ぐ働きがあるようで、まさに万能ネギです。  約1か月後の今日8月5日、ず...

    続きを見る

    トマト栽培2016 芯止め

     花房が6段までできましたので、予定通り芯止めしておきました。  ミニトマトならタフですので、こんなことしなくても晩秋、うまくいけば年明けまで栽培可能ですが、大玉トマトと判明したからには芯止めもやむを得ません。第6花房の上の葉っぱ2枚を残して新芽をチョッキン。 これで栄養分が側枝にも回ることでしょう。2.5本仕立てを目指していますので、わき芽を側枝としてトマト棚に向かわせているのです。その側枝のわき芽...

    続きを見る

    ミニトマト2014 「コンパニオンプランツ:ネギ」

     家庭菜園をされている方にはもうおなじみですが、コンパニオンプランツとは『共栄作物とも呼ぶ農学、園芸学上の概念。近傍に栽培することで互いの成長によい影響を与え共栄しあうとされる植物』(Wikipedia)のことです。 トマトでよく聞くのが「パジル」ですね。バジルは水分を良く吸収するのでトマトの水分調整に一役買い、また料理との相性も良いので一石二鳥なんだとか。でもバジルを食する習慣やハーブの香りを楽しむとい...

    続きを見る

    マリーゴールドの花と種

     ミニトマトの紹介の際に時々登場しているマリーゴールド。コンパニオンプランツとしてのマリーゴールドだからコンパニオン・マリー、などと呼んでみたりしていましたが、今日は堂々の主役です。 キク科タゲテス属の1年草で別名は万寿菊(アフリカン種)、孔雀草(フレンチ種)。 マリーゴールドの品種は大きく分けると、草丈が高く花も大きいアフリカン種と、草丈が低く花も小さいフレンチ種の2種類があるそうですが、交雑品...

    続きを見る

    コンパニオンマリー

     今日は暑いと思ったら31℃の真夏日。庭の草花も心持ちシンナリ。ミニトマト用のコンパニオンプランツとして、ネギに一役買ってもらっていますが、今回新たにマリーゴールドにもお願いしました。マリーゴールドの苗を5株購入しましたが、色々と種類があるんですねえ。 ちょっと変わった花色のものは鉢植えにしようと思います。 よく見かけるタイプのものにコンパニオンプランツになってもらいました。コンパニオンプランツと...

    続きを見る

    ネギトマト?完成

     今日は天気もいいし、名も無きミニトマトの花も咲いてきたので、(自称)畑に定植しました。 去年までは連作障害らしきものは感じなかったんですが、さすがに4年連続というのは・・・と思い、コンパニオンプランツを検討することに。 コンパニオンプランツとは『共栄作物とも呼ぶ農学、園芸学上の概念。近傍に栽培することで互いの成長によい影響を与え共栄しあうとされる植物』(Wikipedia)のことです。 一般にはトマトにはマ...

    続きを見る