スイセンの八重咲き 正真正銘のタヒチ

     1週間ほどバタバタしていて更新が遅れました。スイセンのタヒチが、今回はちゃんと八重咲きの黄色い花を咲かせました。  向こう側の蕾が前回紹介したタヒチ改め「オキノトリシマ」です。後発の蕾は黄色いので期待していたら、  久しぶりのミッキー顔が出現、落書きしたくなりますネ。  翌日にはどんどん開き始めました。 改めて八重化に失敗した花と八重化した花を見比べてみましょう。  八重化しなかった方の副花冠(雄し...

    スイセンの八重咲き タヒチ改めオキノトリシマ

     黄色い八重咲のスイセン・タヒチが咲き始めました。拙ブログでピンで扱うのは初めてで、しかも2011年以来の登場です。 こちらが2011年の記事で紹介した当時の花です。 あれから7年・・・  蕾を先端に抱いて花茎が伸びてきました。すぐ横にクリスマスローズを地植えにしたら、葉が巨大化してここ数年は日陰の身でしたが、クリスマスローズが枯れてしまい遮るものがなくなって、今は日光をタップリ浴びるようになりまし...

    ニホンズイセンが咲き始めました

     日本水仙が咲き始めました。香りをかぐと“春”を感じさせてくれます。  11月3日、キンモクセイの樹の下で芽が出始めました。ニラと間違えそうなイデタチですが、スイセンは全草に毒がありますので要注意です。  11月12日、こちらは毎年一足早く咲く「物干し場エリア」のスイセン、この日第一蕾を発見しました。  順に11月24日、12月3日の様子です。蕾が透けて見えるようになりました。  12月5日、蕾が苞葉か...

    ニホンズイセン(日本水仙)の花の数

     今日は久しぶりの快晴に恵まれました。 雨や風の強い日が多く実に6日ぶりの暖かい日差しです。 風の強い日といえば今月の3日と8日は大荒れでした。 ご覧の通り咲き始めていたニホンズイセンは風でなぎ倒されてしまいました。   第1コロニー:金木犀の株元に群生しています。第2コロニー:元々は第1コロニーにあったものを抜いて廃棄しようとここへ。 処分するには惜しいということでそのまま「日本水仙花壇」になってい...

    ニホンズイセン 仙人は水にあるを水仙

     鉢植えも含め庭に咲く花がめっぽう少なくなってきた今日この頃、ニホンズイセンが庭のあちらこちらでちらりほらりと咲き始めました。順に【11月9日】【11月13日】【11月16日】 順に【11月17日】【11月19日】【11月21日】  一番大きそうな蕾を選んで“標本”にしましたが当てが外れ4番花、こちらの思いとウラハラ。18日夕方から20日までの3日間に及ぶ雨と強風でなぎ倒されてしまわないかとハラハラ...

    スイセン・タヒチが咲きました

     少しバタバタしていてブログ活動も春休みをしている間に、ヒヤシンスとごちゃ混ぜに植え込んでいる黄色いスイセンが咲きました。順に3月8日 3月14日 3月22日  3月8日に蕾を確認してから順調に花茎も伸びて22日には蕾も色付いて来たので、いつ開花するのかと首を長~くしながら待っていましたが、ここからが長かった・・・。4月4日 ターゲットにしていた蕾よりも、後に出てきた別の球根の方が先(4月1日)に咲...

    ニホンズイセンの花が見ごろ

     何かネタは無いかと庭に出ると日本水仙の甘い香りが漂ってきました。 毎年12月~1月に咲く水仙ですが、この甘い香りを嗅ぐとなぜか“春”を思い起こします。  前回のちらり・ほらりでも触れましたが、花びらは6枚にみえますが実際は3枚です。こうして上からとか後ろから見るとよく解りますが前側の3枚だけが花びらで、後ろ側の3枚はガクだそうです。ガクには1本筋のようなものが通っています。 これはユリですがこれも...

    ニホンズイセン(日本水仙)の花がちらほら

     ニホンズイセン(日本水仙)の花が庭のあちらこちらでちらりほらりと咲き始めました。あちらでちらり  一週間前の11月22日に一番花が咲きました。 右側は今日現在の様子です。  球根を抜き忘れたグループで陽当たりも良いので早く花が咲いています。  多くは一つの花茎から6個の花が咲きますが8個蕾をつけているものもあります。こちらでほらり   急きょスイセン花壇にしましたが午前中は陽が差さない為か咲くのが遅...

    ニホンズイセン(日本水仙)

     庭のあちこちにニホンズイセン(日本水仙)が繁殖し、この春に掘り起こして投棄していた球根。どっこい芽を出し始めました。 この場所は草引きした雑草や剪定した枝葉のゴミ捨て場です。いずれは畑にしようと思っていますが、邪魔者のスイセンに占領されました。 ささっと枯れ葉などを取り除いてみるとちょっとしたスイセン花壇のようにも。気を良くして、このままそっと見守ってみようかと何となく心変わりしてきました。  ...