ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

    センテッドゼラニウムの挿し木

     今年の夏から蚊避け用に新規仲間入りしたセンテッドゼラニウム(カレンソウ)、切り戻して挿し木しておこうと思います。


    節のすぐ上で切り戻し

    かれんそう1
     10月3日。それほど伸びた…という訳ではありませんが、中心部の葉が枯れていますので節のすぐ上で切り戻して、

    かれんそう3 かれんそう4
     枯れ葉を整理しておきました。各節には小さいわき芽が付いています。切り戻すことで頂芽優勢(わき芽の成長が抑えられ頂芽の成長が優先する)が打破され、わき芽の成長が早くなります。枝数が増え、もっとコンモリと茂ってくれるはずです。

    ▶もくじ

    先端を乾燥させてから挿し木開始(スライドショー)

  1. 短い剪定枝4本
  2. 蒸散を防ぐために大きい葉はカットし
  3. 水分が多いので「水あげ」せずに 逆に「陰干し」にします
  4. 5時間乾燥 これを挿します
  5. 用土は赤玉土(小粒)の単用
  6. 湿らせて穴を開けておくと挿しやすくなります
  7. 先端を傷めないよう 挿し穂の半分を穴に挿し
  8. 周りの土を軽く押さえておきます
  9. 最後に水をやると赤玉土と挿し穂が密着します
  10. 明るい日陰に置き 挿し床を乾かさないよう管理します
  11.  以前7月に乾燥させずに挿したケースでは、挿し穂の先端にカビが生えました。今回はこの季節ですので蒸れることはありませんが、念のために日陰に置いて切り口を乾燥させてから挿しました。

     ローズゼラニウムとシトロネラ(レモングラスの仲間)との異種交配というだけあって、レモネードのような甘酸っぱい香りのするセンテッドゼラニウムです。センテッドとは「香りの付いた」という意味。別名をニオイゼラニウム、これで本当に忌避効果を発揮すれば言うことありませんネ。GWの前後には蚊が出始めますので、それまでには充実した株を揃えておきたいものです。

    ▶もくじ

    (※3週間後をメドに、発根していれば鉢上げする予定です。)
    関連記事