ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

    ピーマンの露地栽培 その2:植え付け


    適期は1番花が咲く頃(スライドショー)

     同じナス科のトマトやナスと同様に、植え付けの適期は1番花が咲く頃です。早く植え付けると葉ばかりが茂るツルボケに、遅すぎると実の付き方が悪くなることがある…と言われています。

     4月30日に苗が届いたときには2週間後かな?と予想しましたが、3日早く5月11日に咲いてしまいました(咲いてくれました)。

  1. ピーマンの花15月1日
  2. ピーマンの花25月9日
  3. ピーマンの花35月10日
  4. ピーマンの花45月11日朝
  5. ピーマンの花55月11日昼過ぎ:開花
  6. ピーマンの花65月11日昼過ぎ
  7. ピーマンの花75月11日昼過ぎ
  8. ピーマンの花85月12日朝
  9. ピーマンの花95月12日夕方
  10. ▶もくじ

    植え付け

    ぴーまん5
     開花翌日となる今日植え付けました。購入苗を一回り大きいポリポットに植え替えてからわずか12日の育苗期間でした。

    ぴーまん6 ぴーまん7
     植え穴に水をやって湿らせておくと根の活着が良くなります。根鉢の肩が少し出るくらいの浅植えにして、

    ぴーまん8
     仮支柱を立てて最後にたっぷり水やりをして完了です。1番花の直下から伸びるわき芽2本を伸ばし、主茎と合わせ3本ツリー仕立てを予定しています。

    ▶もくじ

    花の形と栄養状態

    ぴーまん3-2
     肥料が足りているのかの判断基準はナスの場合と同じで、咲いた花の雌しべの位置で診断ができます。
    長花柱花(ちょうかちゅうか)
     雌しべが雄しべよりも長い花-肥料十分
    短花柱花(たんかちゅうか)
     雌しべが雄しべよりも短い花ー肥料不足

     写真の1番花は雌しべと雄しべの長さが同じです。「不足ではないが十分に足りてるとも言い難い…」中途半端な状態です。樹勢回復のために1番果は早めに摘み取って、様子を見ながら追肥をしていこうと思います。

    ▶もくじ

    関連記事
     ピーマン
     スライドショー