カランコエ・カランディーバの夏の剪定

     夏恒例のカランコエの剪定をしておきました

    夏の剪定

    からんこえ1
     八重咲きのカランディーバのオールキャストです。春は咲き終わった花茎(かけい)だけを切り戻していました。

    からんこえ2 からんこえ3
     間のびしているように見えますが、これは花茎の名残の部分です。下の葉が残るように剪定しました。夏に剪定しておくと、こじんまりとガッシリした株立ちで花を咲かせることができます。

    剪定は頂芽優勢を打破

    からんこえ4
     短い茎は先端の芽だけを摘んで(摘心)、全体に地際から3~7cm程度になりました。茎の先端にある頂芽の成長は、側芽(わき芽)の成長よりも優先します(頂芽優勢)。切り戻し剪定はコンパクトに形よく仕上がると同時に、頂芽を摘み取ることで側芽が成長し始め、枝数が増えることで結果的に花数も多くなる、という願ってもない一石二鳥の園芸作業です。

     カランコエは短日植物で秋に花芽を形成しますので、伸び過ぎたからといって秋以降に剪定すると花芽を切ることになりますので要注意です。

    備えあればうれしいな

    からんこえ5 からんこえ6 からんこえ7
     5cmほどの剪定枝の山から6本を選抜して摘心し、水に挿して増やしておこうと思います

    関連記事

    スポンサーリンク

    リンク
    メールフォーム

    ハンドルネーム
    メールアドレス
    件 名

    本 文

    プロフィール

    Author:あばけん
    愛媛の田舎暮らし
    好きなだけの“素人園芸”です

    RSSリンク

    カテゴリーメニュー(各50音順)

    ブログ内検索フォーム

    YouTube 最新投稿動画

    再生画面右下の
    *「□」クリックで全画面表示に
    *「YouTube」クリックでYouTubeサイトへ


    スポンサーリンク

    最新記事

    ミニトマトつやぷるん ⑪ トマト疫病再発で枝を更新 2017/08/19
    ベゴニア・センパフローレンスの水挿し 2017/08/13
    キュウリ栽培2017 ① 植え付け~整枝・誘引 2017/08/05
    ミソハギの挿し木苗が咲き始めました 2017/07/30
    ベゴニアセンパフローレンスの夏の剪定 2017/07/23

    月別アーカイブ