ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

    ミニトマトつやぷるん ⑩ わき芽を挿し木

     うっかり摘み忘れたわき芽がありましたので挿し木してみました

     木本植物は「挿し木」、草本植物なら「挿し芽」と呼び方を変える場合もありますが、拙ブログでは取り木や接ぎ木、株分けなど栄養繁殖(種子などからではなく根や茎や葉などの栄養器官から増やす方法)の一つの手法として、木本・草本に関係なく一律に「挿し木」と呼んでおりますので悪しからずです。

    挿し穂

    ぷるん1new ぷるん2new
     わき芽は5cm以内で摘むのが良いのですが、このわき芽は15cmほどになっていました。葉4枚を出したところで第1花房ができています。蒸散防止のため下の葉1枚は取り除き、茎を3cmほどカットして挿し穂は12cmほどになりました。蕾を付けたまま初めてのトマト挿し木のスタートです

    発根

    ぷるん3new ぷるん4new
     4日後、早くも発根していました。

    ぷるん5new
    ぷるん6new
    ぷるん7new
    ぷるん8new
     6日後、グングン伸びてきました。思ったよりもスピード根です。カランコエの水挿しに続いて“愛の水中根”第2弾 発根箇所が偏っていますが美しい根です。

    鉢上げ

    ぷるん9new ぷるん10new
     8cmポリポットにリサイクル土を使って植え付けました。根は長いもので6cmありました。水挿しで発根したものは水に不自由していませんので、土に挿したものより細根が少なくなるので早めに鉢上げしてやると良いです。2週間ほどは明るい日陰に置いて、普段より多めの水やりを心がけ、2週間後には日にガンガン当てるようにします。

    ぷるん11new
     花房下に葉を3枚残して「3葉1花房性」は維持しましたが、この花房の実は小さくなるのかなぁ。段階的に鉢増しをして最終的には30cm深鉢に植え付けようと思います。その頃には実がたわわに・・・捕らぬタヌキのポンポコリン


     スライドショーにしてみました
      画面をクリックするとYouTubeサイトに移動します
    トマトの挿し木

    関連記事
     トマト '17