コマツナの露地栽培 ① 種まき~1回目間引き

     今日5月27日は527の語呂合わせで「小松菜の日」だそうです。ビタミン菜の栽培が芳しくありませんので、5月19日に小松菜の種まきをしておきました

    準 備

    コマツナ1 コマツナ3
     これからの時期の葉もの野菜栽培には虫が大敵になりますので、虫よけネットを張れるよう支柱を用意しました。プランター用のものに手を加え、土に突き刺せるようにしました。種は昨年5月に自家採種したものを使います。

    種まき

    コマツナ4 コマツナ5
     あらかじめたっぷりと水やりした土にネット支柱を立て、種をまく溝を作ります。種が重ならないよう条(スジ)まきしていきます。

    コマツナ6 コマツナ7
     コマツナの種は好光性ですので5mmほど薄く土を被せ、かまぼこ板などで土を押えます。種を動かなくすることと、種と土、土と土を密着させ、毛細管現象を利用して種を乾燥から防ぐ目的もあります。水やりは最初に土を湿らせていますので霧吹きで十分です。ジョウロでの水やりだと種が溝から流れ出てしまうことがあります。

    コマツナ8
     好天続きですので新聞紙を被せて地面が乾かないようにしておきました。新聞紙1~2枚程度なら軽く光を通します。

    出 芽

    コマツナ9 コマツナ10
     2日後にはもう出芽しましたので新聞紙は取り除き、虫よけネットを被せました。

    間引き1回目

    コマツナ11
     種をまいて8日後、びっしり生えそろいましたが本葉が1枚出たばかりです。

     コマツナの間引きは、
     ※1回目:本葉2~3枚で株間3cm ※2回目:本葉4~5枚で株間5cm
     を基本としていますが、今日は小松菜の日ですので前倒しで間引きました。

    コマツナ12 コマツナ13
     ハサミで切って間引くと残したい苗の根を痛めませんし、間引き菜も綺麗に収穫できます。立派な小松菜スプラウト、卵とじにして美味しくいただきました

    コマツナ16
     1回目ですからこんな感じですかネ

    中耕・土寄せ・追肥

    コマツナ14 コマツナ15
     ミニスプーンで土を耕して、株元に土寄せして風でぐらつかないようにしっかり押さえ、追肥として液体肥料を与えておきました。

    コマツナ17
     収穫するまでにはもうしばらくかかります

    関連記事

    リンク
    メールフォーム

    ハンドルネーム
    メールアドレス
    件 名

    本 文

    プロフィール

    管理人:あばけん
    愛媛県南予地方で田舎暮らし
    好きなだけの素人園芸です

    RSSリンク

    最新記事

    初めてのニンジン栽培 2017/08/31
    ゼフィランサス・カリナタの花と種 2017/08/29
    ミニトマトつやぷるん ⑪ トマト疫病再発で枝を更新 2017/08/19
    ベゴニア・センパフローレンスの水挿し 2017/08/13
    キュウリ栽培2017 ① 植え付け~整枝・誘引 2017/08/05

    カテゴリーメニュー(各50音順)

    ブログ内検索フォーム

    月別アーカイブ