Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

     ユスラウメ ② 『櫻(さくら)』という漢字の本家本元

     ユスランメ(ユスラウメ)の実が色づき始めました

    初収穫

    ユスランメ1new
     3月23日頃から花が咲き始め、2か月後の今日、初収穫を迎えました。

    ユスランメ2new ユスランメ3new
    ユスランメ4new ユスランメ5new
    ユスランメ6new
     初収穫はわずか5個です。実の大きさは約12~15mmほどしかありません。完熟手前でしたがイソヒヨドリの姿を見たら、収穫せずにはおれません…。今年は酸味が少なく、なかなかの出来栄えです

     『櫻(さくら)』という漢字は、元々はこのユスラウメを指す字だったそうです。ユスラウメの実が実っている様子を、首飾りを付けた女性に見立てて出来た字なんだそうですヨ。

    イソヒヨドリとの飽くなき戦い

    ユスランメ7new ユスランメ8new
     イチゴは不織布を被せることで被害は無くなりました。ユスランメには今年は透明の釣り糸(道糸3号)を張り巡らせていますので、イソヒヨドリもうかつには近づけない…ハズです。どちらが先に完熟した甘い実にありつけるか、イソヒヨドリとの飽くなき戦いの火蓋が切られます

    ユスランメnew
     初収穫から3日後、一気に色づきました。摘み進むにつれて基準が甘くなり、色の薄いのも混じります。基準の甘さと実の糖度は反比例しますので、今日はこれくらいに。

    ユスランメ1new ユスランメ2new
     毎日少しずつ収穫していましたが、ここ3日間ガマンして今日5月29日、一気に収穫したところ18cmボウル一杯になりました。釣り糸効果は抜群で、イソヒヨドリの被害はわずかでした。“目に見えない糸の恐怖”は絶大のようですヨ

    関連記事