カランコエの夏の剪定2016(その4) 最終回

     2017年の4月だというのに奇妙なタイトルですが、昨年の“夏の剪定”シリーズの続編で、年をまたいでの4回目最終回ということでご容赦を

    からんこえ1 からんこえ2
     2月16日、出遅れていた剪定株と他の挿し木苗にも花が咲き始めました。

    カランコエ1
     4月9日。ソメイヨシノは8割の開花で満開宣言が出されますが、このカランコエは蕾も少しあって9分9厘咲きました。昨年の7月28日に夏の剪定を行ってまもなく8か月半になりますか。

    カランコエ2
     最初に咲きだした挿し木苗は、枯れた花も目立ち始めました。カランコエは花期が長い上に、花びらがひらひらと舞い落ちず、辺りを汚さないところが良いですネ。楽な分、花柄摘みという作業が発生しますが…。花柄を摘んでいけばもう少し楽しめそうです。

    カランコエ3
     葉っぱ1枚からスタートした葉挿し苗の方は、ガンバッて蕾を上げてきました。

    カランコエ
     花が終盤を迎えたら一気に切り戻して、また「夏の剪定」を待つことになります。その前に、いいかげんポット植えの葉挿し苗を、プラ鉢に植え替えてやらないとダメですネ

    関連記事

    スポンサーリンク

    プロフィール

    Author:あばけん
    愛媛の田舎暮らし
    好きなだけの“素人園芸”です

    カテゴリーメニュー(各50音順)

    ブログ内検索フォーム

    YouTube 最新投稿動画

    他の動画はマイチャンネルで確認できます

    スポンサーリンク

    最新記事

    クンシランが開花 大株だと花茎は2本 2017/04/29
    アスパラガス・ナナスの植え替えと株分け 2017/04/28
    4月のピーマン 2017/04/27
    八重咲きのベゴニア・センパフローレンス 2017/04/25
    シェフレラの雑木盆栽 2017/04/24

    月別アーカイブ