ミソハギの挿し木(水挿し)と鉢上げ

     3月17日に植え替えをした際に枝を水挿しにしていましたが、発根しましたので鉢上げしておきました

     (前回の株分け・植え替え記事と一部重複します)

    挿し穂の準備

    ミソハギ11
    ミソハギ12 ミソハギ13
     休眠せずに冬の間も枝葉を伸ばしていたミソハギです。3本の枝を切り取り、葉からの蒸散を抑えるために下葉を取り除き、水を吸い上げやすくするよう枝の先端を斜め45度にカットして、挿し穂を3本確保しました。

    挿し木(水挿し)の開始

    ミソハギ14 挿し木0
     3月17日、ペットボトルコップ?に挿して開始。4日後の3月21日、3本とも発根しました。

    挿し木0-2
     3月27日、開始から10日後です。根は植え付けるには若干少な目ですが、水挿しで発根したものは水に不自由していませんので、長く置いておくと細根が少なくなり、土に植え付けた時に直ぐに順応できなくなりますので植え付けることに。

    土の準備

    挿し木1 挿し木2
     今回は根が小さいので、赤玉土(小粒)をふるいに掛けて、小粒の中でもさらに1cm以上のもの(写真左)は取り除いて、根に土や水分が密着しやすくなるようにしてみました。培養土は赤玉土6:腐葉土4の比率です。

    植え付け

    挿し木4 挿し木5
     8cmポリポットに植え付けます。

     『根は鉢にぶつかると、そこで枝分かれして育っていく性質があります。順次大きな鉢に植え替えていくと、根の量の多い、しっかりした株に育ちます。不釣り合いな大きな鉢に植えてしまうと、根が鉢になかなかぶつからず、枝分かれの少ない弱々しい株になってしまいます。また、吸い上げる水の量が少ないので、鉢土がなかなか乾かず、根腐れの原因にもなります。』-よくわかる土・肥料・鉢(別冊NHK趣味の園芸)より要約- ミソハギは生育旺盛ですので、少々大きい鉢に植え付けても大丈夫な気はします。

    挿し木6
     たっぷり水やりをして完成です。

     ここからは余談ですが、

    挿し木7 挿し木8
     ポリポットをこのように鉢受け皿に置くこともあると思います。水やりした水は受け皿に抜けますが、水を捨てた後も少しずつ受け皿に水が溜まり、鉢底と密着した状態が長く続きます(申し訳程度に鉢底に小さな突起物はありますが…)。挿し木苗などはまだ根が少ないので土も乾きにくいことから、排水性・通気性が悪くなり根が酸欠状態になります。梅雨時や夏場などは特に注意したいと思います。

    挿し木9 挿し木10
     ポリポットの場合、普段はこのようなキッチンスタンドを利用しています。これだと勢いよく水が抜け、老廃物を押し出し、古い空気が新しい空気と入れ替わります。屋内に置く時は写真のように下に受け皿を置いておけば安心です。スタンドを立てて下に小さなバケツを置くのも方法です。屋外仕様ではありませんので、金属スタンドはすぐにサビて、プラスチック部分は紫外線で劣化が早いのが難点ですがネ

    関連記事

    リンク
    メールフォーム

    ハンドルネーム
    メールアドレス
    件 名

    本 文

    プロフィール

    管理人:あばけん
    愛媛県南予地方で田舎暮らし
    好きなだけの素人園芸です

    RSSリンク

    最新記事

    ガジュマルの雑木盆栽 ⑤ 新たな気根 2017/09/25
    初めてのニンジン栽培 2017/08/31
    ゼフィランサス・カリナタの花と種 2017/08/29
    ミニトマトつやぷるん ⑪ トマト疫病再発で枝を更新 2017/08/19
    ベゴニア・センパフローレンスの水挿し 2017/08/13

    カテゴリーメニュー(各50音順)

    ブログ内検索フォーム

    月別アーカイブ