マユハケオモトの種まき ① 採種&播種

     マユハケオモトの種まきは実に7年ぶりとなります

     当時は要領が分らぬまま、クンシラン方式でやってみましたが、それが功を奏して無事発芽できましたので、今回も同じ手法でやってみます。何のことはありません、土の上に種を乗っけておくだけです。

    採 種

    マユハケ1
    マユハケ2 マユハケ3
    マユハケ4 マユハケ5
    マユハケ6
     ずっと玄関に置いていましたので、受粉させるために筆でこちょこちょしたんですが、時期が遅すぎたせいか結実したのはたったの1個だけでした。筆でなく眉刷毛でなぞれば100%結実てなことはなかったと思いますが。

    マユハケ7 マユハケ8
     花茎を株元から切り離して、

    マユハケ9 マユハケ10
     採種しました。しべの残骸、皮、果肉、種子に分離しました。実には発芽抑制物質が含まれていますので、洗ってから蒔くことにします。

    マユハケ11 マユハケ12
     長さ10mm、幅7mmほどの種です。

    播 種

    マユハケ13 マユハケ14
     種まき用土は赤玉土(小粒)7:腐葉土3のいつもの配合です。観察しやすいように表面5mm厚程度に赤玉土の細粒を敷き詰めておきました。

     先端がやや尖った方に緑色の点が見えますが、ここから緑色の細いランナーを伸ばし、ランナーが着地すると種を持ち上げながら先端は肥大化して球根(鱗茎)の元を作り、そこから根や子葉を伸ばす…という実に奇妙な発芽の仕方をします。

     7年前の種まきでは、蒔いて20日後にランナーを伸ばし始めていました。今回の種の中心部には長い緑の管が見えませんので、少し早く採りすぎたかも知れません。上手くいくと良いのですがネ

    【追記:2月26日】
    マユハケ1 マユハケ2
     発芽予定日になりましたが大きな変化はありません。少しだけ緑色の管が種中央部に向かって伸びたでしょうか。

    関連記事

    リンク
    メールフォーム

    ハンドルネーム
    メールアドレス
    件 名

    本 文

    プロフィール

    管理人:あばけん
    愛媛県南予地方で田舎暮らし
    好きなだけの素人園芸です

    RSSリンク

    最新記事

    初めてのニンジン栽培 2017/08/31
    ゼフィランサス・カリナタの花と種 2017/08/29
    ミニトマトつやぷるん ⑪ トマト疫病再発で枝を更新 2017/08/19
    ベゴニア・センパフローレンスの水挿し 2017/08/13
    キュウリ栽培2017 ① 植え付け~整枝・誘引 2017/08/05

    カテゴリーメニュー(各50音順)

    ブログ内検索フォーム

    月別アーカイブ