ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

    地植えのクリスマスローズが開花 2017

     数日前からクリスマスローズが咲き始めました

    くりろー1 くりろー2
     ミニ苗から3年ほど鉢植えで育てて、生き残った2株を地面に降ろしてから間もなく4年を迎えるクリスマスローズです。今年の花は、いつにもまして花茎が短いような気が。ただでさえ下を向いて咲く花ですので、余計に観賞しづらくなりました…。

    くりろー3
     ちょいと持ち上げてみました。我が家のはパープル系です。花びらのように見える部分は顎が変化した「顎片(がくへん)」と呼ばれるもので、花びらはというと

    くりろー4
     雄しべを取り囲むように並んでいるのがそれで、退化して「蜜腺(みつせん)」として残っています。

    くりろー5
     裏から見ると、確かに顎は見当たりませんネ。

    くりろー6 くりろー7
     葉をかき分けると蕾がたくさんありました。見ごろは例年通り今月の後半になりそうです。日当たりに影響ない外側の葉は刈らずにおくと、冬でも枯れずに残っています。実は我が家では観葉植物の位置づけなんです…。

     サツキの株元に植え付けて、サツキが真夏の日よけになって都合が良かったのですが、サツキは枯れてしまいました。軒を貸して母屋を取られる…ではありませんが、今は我が物顔で勢力拡大中です。クリローの葉や根には毒があるそうで、よもやそれが原因ではないでしょうが。

     『種により成分は異なるが、ジギタリスに似て強心配糖体ヘレブリンなどの毒を葉・根茎に含む。むかしは民間で強心剤・下剤・堕胎薬などとして使われた。摂取すると、嘔吐、腹痛、下痢、けいれん、呼吸麻痺、めまい、精神錯乱、心拍数の低下、心停止などをひき起こす。また、目や口・のどなどの粘膜がただれたり腫れあがったりする。』(Wikipediaより)ので、取り扱いには要注意ですネ

    関連記事
     クリスマスローズ