カランコエの夏の剪定2016(その3) 挿し木・葉挿しのその後も

     少し変なタイトルになりましたが、昨年の“夏の剪定”シリーズの続編で、年をまたいでの3回目ということで

    【10月29日】(2016)
    カランコエ1 カランコエ2
     7月28日に切り戻して3か月が経過したところで、先端に蕾ができました。

    カランコエ3 カランコエ4
     剪定枝を挿し木したものは、やはり早めに蕾をつけました。

    【11月6日】(2016)
    カランコエ5 カランコエ6
     挿し木苗はポリポットのままでしたので、植え替えておきました。

    カランコエ7
     1枚だけ残った葉挿し苗とで5鉢揃いました。

     ここからは「葉挿し」「茎挿し」「剪定株」の変化を順にご紹介していきます。

    《葉挿し》 
    葉差し1 葉挿し2
    カランコエ8 カランコエ10
    カランコエ11 カランコエ12
     らしくなってきました。枝分かれ豊富で将来有望です。

    《茎挿し》 
    カランコエ13 カランコエ14
    カランコエ15 カランコエ16
     12月1日に蕾に赤みがさしてからが長かった…。12月30日に待望の1番花が咲きました。

    《剪定株》 
    カランコエ17 カランコエ17-1
    カランコエ18 カランコエ19
     夏の剪定を実施して、あれから半年。やっとこさ開き始めました。今年の夏の剪定は少し前倒しでやってみようと思います。

    カランコエ20
     昨年の大雪で我が家では絶滅危惧種に指定され、1本から見事復活を遂げてくれた八重咲カランコエのカランディーバ。もう同じ轍を踏まぬよう注意せねば…。

     購入した時は引き締まって葉も立派なのに、いつのまにか間のびして…育てたことのある人みんなが体験することですが、購入株には矮化剤(わいかざい)が使用されていて、茎の成長が抑えられているので節間が詰まり、その分下葉が肥大化しているのだそう。矮化剤が効かなくなると本来の成長を始める、というわけです。放任せずにきちんと剪定したり、挿し木で更新してやると購入時の姿に少しだけ近づけることができます


    関連記事

    リンク
    メールフォーム

    ハンドルネーム
    メールアドレス
    件 名

    本 文

    プロフィール

    管理人:あばけん
    愛媛県南予地方で田舎暮らし
    好きなだけの素人園芸です

    RSSリンク

    最新記事

    初めてのニンジン栽培 2017/08/31
    ゼフィランサス・カリナタの花と種 2017/08/29
    ミニトマトつやぷるん ⑪ トマト疫病再発で枝を更新 2017/08/19
    ベゴニア・センパフローレンスの水挿し 2017/08/13
    キュウリ栽培2017 ① 植え付け~整枝・誘引 2017/08/05

    カテゴリーメニュー(各50音順)

    ブログ内検索フォーム

    月別アーカイブ