トマト栽培2016 作戦変更の2.5本仕立て

     我が家の一大事今日6月4日、平年より1日早く昨年より2日遅く、四国地方が梅雨入りした…ことではなく、栽培中のトマトが、ミニではなく大玉だったことですぅ

    トマト1
     開花から42日目、直径はナ、ナント6cmにもなっています。ちなみに左のは麗容(れいよう)という大玉トマトです。小さめの6.5cmのを並べてみました。すくすく育ちやがって

    トマト2 トマト3
     第2果房を見ても、隣の苗の第1果房を見ても、やっぱりデカイ…。右から読んでも左から読んでも、はたまた上から読んでも下から読んでも、トマトは…デカイ(意味不明)

    トマト4
     ミニトマトのつもりでしたので、2本仕立てを予定していました。これが大玉トマトだと判明しましたので作戦変更です。といっても、標準の1本仕立てではオモシロクありませんので、大玉では禁断?の2本仕立てに挑戦してみます。

    トマト6
     現在主枝は、先端に第6花房ができたところです。この主枝は茎も太いので水平棚への移動は断念して、第7花房あたりで芯止めする予定です。

    トマト5
     これはビニひもで水平棚へ誘引中の側枝です。右の細い枝はこの側枝の第1花房直下のわき芽です。これをそのまま伸ばし、2本目の枝として水平棚を目指すことにします。この方がスムーズにいきそうです。主枝(摘心予定)と側枝2本、正確には『2.5本仕立て』ということになりますか。

     どこでどう間違えたのか、ミニトマト愛好家としてはちょっと残念です。ミニトマトは丈夫で、晩秋まで長く収穫ができます。大玉の場合は…。さて、この先どうなりますやら

    関連記事

    コメント

                            
                            

    こんにちは!

    あはは・・・
    もうどうしちゃったというのでしょうか?
    我が家は私の早とちりでしたが あばけんさんは ミニトマトの苗だったのでしょ?
    このトマトの大きさは 我が家の大玉トマトと同じくらいの大きさです。

    それでも2本仕立て。
    どんな風に育つか 興味津々!
    あばけんさん がんばって!(*^^*)
                        
                                                
                            

    けい さん

    苗を入れてあったコンテナには確かに「ミニ」と。
    紛らわしい「ミディトマト」とかは無かったと思います。
    ド田舎ですし、そんな気の利いた苗は売って無かったと。
    2本仕立てで何月まで収穫できるか試してみますe-257
                        
                                                
                            

    こんばんは。

    大事件だね。
    これから半年近くの楽しみが・・・先がe-443見えない状態。
    あばけんさんなら何かをやってくれそうだけどねe-454
    大玉記録に加えてミニトマトもやってほしいんだけどな~。
    どこかに脇芽e-317落ちてない?
    それにしても大玉とは。
    これをきっかけに「大玉に変更」って事になっちゃうかも知れないe-454か~?大玉美って味しいじゃないe-454
                        
                                                
                            

    エルフィン さん

    大玉は夏までが限界ですかね、バテるのが早いイメージ。
    むか~し栽培した時は、それが普通と決めてましたので。
    今回は続く限りやってみようと思いますが、さて。
    ミニトマトはこぼれ種を発見して育苗中です、こっちもはてさてe-454
                        
                                                
                            

    こんばんは

    あらどうしたことでしょう~。
    いつものミニトマトと違う大玉トマトを育てることになってしまいましたね。
    でも真っ赤な大玉トマトも美味しそうですよ。
    頑張って育てるしかないですね。
                        
                                                
                            

    つぼさんご さん

    そうですね、こうなったら仕方ないですもんね。
    トマト棚方式で毎年鈴なりで育てるのが楽しみだったんですが。
    同量ならミニの方がリコピンが多く含まれている他にも、
    手軽にパクパクと頬張るのも好きなんですよねe-257
                        
                                                
                            

    トマト

    やはり大玉トマトでしたか?大玉も良いですよ。栽培期間はやっぱり短いですかね。
    ミニは寒さにも強いみたいですよね。田舎では11月頃までOKだったように思います。

    研究熱心なあばけんさんなんで、これからの記事楽しみにしています。我が家は大玉派なので。
                        
                                                
                            

    しーちゃん

    こうなったら大玉を極めてみようかと・・・
    でもミニと同じ手法でやろうとしていますので、どうでしょうね。
    しっかり肥料もやらねばならないのか、窒素過多も気になります。
    総収穫量の「目方」は同じぐらいになるかも知れませんネe-454
                        
                                                
                            

    大玉トマト

    大玉トマトは芯止めをするんですね。今迄そんな事をしなくて高くなった茎が横から下降したりして、
    おかしなスタイルでした。(田舎で)

    今回の留守中には脇芽が出放題で夫は脇芽摘みに精だしてました。
    一個初収穫出来ました。

                        
                                                
                            

    しーちゃん

    つる降ろしといって、株元から順にラセンで巻いたり、
    捻枝といって枝を捻って降ろす方法などもあるようですね。
    芯止めしてもすぐにわき芽が出てきますので中々大変です。
                        
                        

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク
    メールフォーム

    ハンドルネーム
    メールアドレス
    件 名

    本 文

    プロフィール

    管理人:あばけん
    愛媛県南予地方で田舎暮らし
    好きなだけの素人園芸です

    RSSリンク

    最新記事

    初めてのニンジン栽培 2017/08/31
    ゼフィランサス・カリナタの花と種 2017/08/29
    ミニトマトつやぷるん ⑪ トマト疫病再発で枝を更新 2017/08/19
    ベゴニア・センパフローレンスの水挿し 2017/08/13
    キュウリ栽培2017 ① 植え付け~整枝・誘引 2017/08/05

    カテゴリーメニュー(各50音順)

    ブログ内検索フォーム

    月別アーカイブ