小松菜の「種取物語」 第二話

     第一話で「緑のうちに種を採取するの?」・・・言われてみると、なるほど そこで、やり方をネットで調べてみました

     サヤが「茶色くなるまで育てるか、実が付いたら刈り取り、良く乾燥させてから種を取り出す」のが正しいコマツナの採種法のようですね。調べもせずに青いサヤから種を出すとは、A型人間としたことが・・・でもここで嘆いていても始まりません、「敗者復活方式」を採用することにしました

     敗者復活するのは、

    コマツナ1
     「輝け二本優先大賞~採種賞」の最終選考で惜しくも涙をのんだ、廃棄処分された4株です。

    コマツナ2 コマツナ5
     これは、菜園でサヤを開いて種を撒き散らした株、私を今回の青田刈りへと駆り立てた張本株です。膜壁に遮られて残っていた種を採取しておきました。まさに this is tane and yokattane!

    コマツナ4
     どれくらい待てば良いのでしょう、まだ薄緑色の残るサヤを開けてみました。茎に近い方(左側)はすでにこげ茶色化が進み、種が完成しつつありました。この程度の色のサヤで完成度40%といったところでしょうか。

    コマツナ7
     廃棄場では剪定枝や抜かれた雑草に敷かれ、雨や朝露にも濡れていましたので、トマト棚で天日干しにしています。菜園でそのまま栽培していたらサヤは開きますが、刈り取ったものは乾燥させても勝手には開…かないと思います、たぶん。仮に種が落ちたとしても、下はネギやリーフレタスを植えている菜園ですから良いんですけどネ。

    コマツナ6 コマツナ8 コマツナ9
     先ほどの薄緑色のサヤから取り出した種です。これも天日干しにしておきました。左から順に「朝」「昼」「夕」の変化です。お昼にはもう薄こげ茶色化が進行していました。

     『この種のかたちけうらなること世になく、屋のうちは暗き所なく光満ちたり。翁、心地あしく苦しき時も、この種を見れば、苦しきこともやみぬ。腹立たしきことも慰みけり。・・・』

     しばし安堵の色を浮かべつつ、今宵はここまでに致しとうござりまする

    関連記事

    コメント

                            
                            

    おこんばんは~。

    なるほど~こんなに早く追熟するのか~。
    「yokattaneさん」に追いついて~これでまた来年も安心ってことか。
    鞘の中でそんな風に順番に熟すのを見られたのはあばけんさんのおかげe-454だ・・・それにしてもどうしてそうなるのかも知りたいと。
    全部(種類)の豆がその順番なのか?何故なんだ?
    鞘の形状から受粉の事を考えると逆でも・・・いや、トウモロコシもそれと同じ付け根側からだったね~難しくて面白い。
                        
                                                
                            

    エルフィン さん

    茎に近いほうから順番に栄養分が流れているのでは?
    トマトの房も茎に近い方が熟すの早いし。あ、これは花の咲く順番ですか・・・。
    ブドウは茎に近い方が甘いので先に先端側から食べて、
    イチゴは逆に先端のほうが甘いので、先にヘタ側から食べて…話をソラせましたe-257
                        
                                                
                            

    ありがとう~。

    そっか~茎に近いほうから順番に栄養分が流れてるから育ちが早いってことね。受粉の後先ではなく育ちってことね。
    納得しました。
                        
                                                
                            

    エルフィン さん

    e-351
                        
                                                
                            

    こんばんは!

    アハハ、、
    種取物語の 続編があったのですね。
    緑色の種も乾燥させれば同じ事って事ですね。

    これで芽が出たら 嬉しいですね。
    朝 昼 夕の変化。
    こんなに速ければ それもありですものね。
                        
                                                
                            

    けい さん

    緑色の種を無理に出した時の場合は、見た目には正常そうでも、
    乾燥させている内にしぼんだりするケースが多いような気が・・・。
    サヤのゆりかごの中でじっと育てる方が、やはりベストのようですよ。
    それでもマトモな種もできてますので、全滅は免れそうですe-454
                        
                                                
                            

    おはようございます

    種の候補は他にもあったのですね~。
    研究熱心なあばけんさん、色々と試してみるのも面白いものでしょう~。

    私もゴーヤ、刀豆等を蒔きました。
    まだ発芽していませんが、毎日芽が出ないかな~と覗き込んでいます。
                        
                                                
                            

    つぼさんご さん

    29日に種を蒔いた4年半落ちのコマツナ、まだ発芽していません。
    以前は3日目に根が出てましたが、古いと発芽率が下がるんでしょうかネ。
    コマツナの種は3~4年は大丈夫と聞きましたが、ちょっと微妙。
    乾燥しないよう霧吹きで水やりしながら、その都度私も覗き込んでいますe-257
                        
                        

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク
    メールフォーム

    ハンドルネーム
    メールアドレス
    件 名

    本 文

    プロフィール

    管理人:あばけん
    愛媛県南予地方で田舎暮らし
    好きなだけの素人園芸です

    RSSリンク

    最新記事

    初めてのニンジン栽培 2017/08/31
    ゼフィランサス・カリナタの花と種 2017/08/29
    ミニトマトつやぷるん ⑪ トマト疫病再発で枝を更新 2017/08/19
    ベゴニア・センパフローレンスの水挿し 2017/08/13
    キュウリ栽培2017 ① 植え付け~整枝・誘引 2017/08/05

    カテゴリーメニュー(各50音順)

    ブログ内検索フォーム

    月別アーカイブ