Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

     食べたメロンの種でメロン栽培 (3)失敗撤収

     受粉まではワリと真面目にやっていましたが、以降は本性むき出しの放ったらかし状態。F2種だからかズボラだからか、少しのキズで腐ったり虫に食われたり。しかも、まだ収穫前だというのにあれよあれよと全体が枯れてくる始末。で、本日撤収と相成りました

     今回は実験栽培とはいえ、栽培方法も調べたりもしましたが、おこがましいので省きます。

    メロン
     これはトマト記事でもご紹介した時の写真。この頃は内心ワクワクしていましたが、その後の台風の風で支柱に激突した傷が元であえなく腐敗、虫のエサ…。

    メロン1
    メロン2
    メロン3
     残りの苗3本の今日現在の3個のメロン。1個は丸ごと虫のエサ。残り2個もカジられています。受粉からわずか35日目の未熟果ですが、枝葉もすっかり枯れてきましたので本日撤収しました。
     
    メロン4
    メロン5
     2個は食用になりそうです。と言ってもそのままではとても食べれる味ではありません。大きい方は直径9cm、小さい方は直径8cm。大きい方は微かに甘味を感じ、美味しくないマクワウリ的な食感です。小さい方は味も香りもまるでキュウリですね。

    カレー
     晩ご飯にカレーを予定していましたので、小さい方を一口大に切って鍋の中へドボン。我が家では皿の中のご飯は左側ですので、いわゆる「カレーは右派」です。隠し味には「中華スープの素」か「かつお風味のふんどし…じゃなかった、ほんだし」、今日はほんだしの番です。ジャガイモは入れません、スパイスの香りと味がボケてしまいますので。

     ちなみに、一晩置いたカレーが美味しく感じるのは、スパイスがボケて『昨晩の辛いカレーがマイルドになった』と舌と脳が勘違いするからですよネ。シメジは冷凍して細胞を壊したものを使うと風味が増します。カレーにはあまり効果はありませんが、チャーハンやきのこご飯、お吸い物には効果絶大です。あらかじめ石づきを取り除いて、ほぐしてから冷凍しておくと扱いが楽です。

     え~とっと、メロンの話でしたよネ。煮込んでいる時は緑がかった半透明に変わりましたが、ルーを入れると見た目はダイコンみたいになりました。意外と歯ごたえが残っていて、皮に近い部分はタマネギみたいな食感です。味はカレーのスパイスに負けてほとんどしません。具材の味を楽しみたいシチューに入れるよりかはマシでしょうか。大きい方は定番の漬物にでも

     教訓その1:
      メロンはちゃんと種か苗を買って植えましょう
     教訓その2:
      食べたメロンの種は新聞紙で発芽させ、メロンもやしとして利用しましょう
     教訓その3:
      手際よく撮影しないと、せっかくの熱いカレーが冷めてしまいます

     いつの日か、F1種(1代交配種)で正々堂々?と栽培にチャレンジしてみたいものですね

    関連記事