Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

     ミニトマト2015 番外編「こぼれ種」

     毎日毎日、暑いにもホドがありますネ、ガーデニングの手も鈍ります

    トマト1
    トマト2 トマト3
     昨晩は約2週間ぶりに雨が降りました、20分ほど、突然に。それまでは毎日カンカン照りの猛暑続き、人間はもちろんトマトもヘタリ気味です。昨年の8月は雨や曇りばかりで日照不足になり、落花や落果など成長が阻害されましたが、逆にこの異常な暑さでも似たような症状が起きています。しかもオオタバコガの幼虫に青い実を数個かじられ、弱り目にたたり目の状況です。

    トマト4
     一方で、こちらは凛とそびえ立つトマト2本。昨年の栽培中に廃棄したトマトから勝手に生えた苗をそのまま育ててみました。F1の種から生まれたのでF2ということになります。

    トマト12
     5月30日はこんなチビでしたがそれが1.8mに。今年は十数本芽吹き、こぼれ種の当たり年?でした。

    トマト5 トマト6
     現在は肥料が効きすぎて「窒素過多」状態です。1本仕立てにもかかわらず4本仕立てと同じ感覚で肥料を与えては、これは当然の結果とも言えますね。葉が内側に巻き込んだ資料写真を得られたのは収穫ですが。

    トマト7
     先日1番果を食べてみましたが、トマト臭の全くしない味も平凡なものでした。F2種の宿命ですね、一代交配種の優れた親と同じモノはできません。黄色い花はメロンのこれまたF2種です。やはりこちらも期待しない方がよさそうです(メロン栽培のその後は後日まとめてご報告致します)。

    トマト8 トマト9
     背が高くなりましたので「捻枝(ねんし)」をして「つるおろし」をしてみました。ペンチのギザギザ部分で軽く茎をつぶし、

    トマト10 トマト11
     横に45度曲げておきました。あとは重みで勝手に下に向いてくれる、ハズです。1本はペキッと折れて皮一枚に、写真のこれは茎がパキッと裂けました、アハ。

     メロンと違って “ 自分で蒔いた種 ” ではありませんので、この先どうなろうとお構いなしの、好き勝手放題です

    収穫表
    関連記事