オリヅルランの花と枝わかれ話2015

     4年前にオリヅルランのタネをご紹介して以来のオリズルラン・ネタです。ランナーが伸びて花が咲き始めています

     オリヅルランの花

    オリヅル1 
     鉢植え減量作戦から外れて、屋内に置いている4株の寄せ植えです。普段はあまり日に当たっていませんので写真撮影の間、しばしの日光浴です。

    オリヅル2
    オリヅル3
     朝咲いて夜にはしぼんでしまう1日花ですが、2cmほどの白い可憐な花を咲かせます。

     以前の分類体系ではユリ科とされ、その後はリュウゼツラン科、そして最新のAPG体系Ⅲではキジカクシ科リュウゼツラン亜科オリヅルラン属に分類されているようです。ギボウシ属、ヒアシンス属、ヤブラン属、スズラン属なども同じで、ユリ科からこちらに。ユリ科の特徴、外側の細い3枚は外花被がいかひ(ガク)、内側の幅広い3枚が内花被ないかひ(花弁)なのは変わりません。

    オリヅル8
     春先には土を足しましたが3年間植え替えをしていません。なので葉とランナーの重みで寝そべった格好になっています。ちなみに葉の長いのは41cmもありました。葉を突き破って気根も出ていますし、鉢の中央が空いて葉のボリュームがズレてきましたので、花が全部終わったら今年は植え替えをしてみます。

     枝分かれ話 その1

    オリヅル4
     この一株からはランナーが4本も出ていますので、久しぶりにしげしげと眺めていると、地際から3cmほど立ち上がった所が二股に分かれて、成長点が二つあることに気付きました。オリヅルランは枝分かれしないと思っていましたので少し意外でした。これはスクープ?!

    オリヅル5 オリヅル7
     そこで減量作戦で地面に下ろしたオリヅルラン群をチェックしてみると、あらま、ここにもありました。数は多くないですが珍しいことでも無さそうで、ナ~ンダ・・・てな話ですがネ。

     枝分かれ話 その2

    オリヅル6
     次にナンダこれは、と目にとまったのが、1本のランナーが大きくは4本に枝分かれして、そこからまた2~3本枝分かれして、最終的に7本のランナーを伸ばせて、各々先端に子株を付けたものを見つけました。これだけコンパクトに分岐したものを見るのは初めてです。

    オリヅル10
     こんなのみたいに、順々に枝分かれするものはあるのですが。先程のはランナーが他のよりも太く、先端が折れて枯れていた…今回の謎解きになるかも知れません
     

    関連記事

    コメント

                            
                            

    こんばんは!

    オリヅルランは葉っぱも素敵ですし この白い花が可憐で可愛いです。
    枝分かれってあまりしないのですか?オリヅルランって。。。
    あばけんさんの所だけ特別かも(*^^*)

    そして地面に下ろしたオリヅルランの元気なこと。
    やはり暖かい地域は違いますね!
                        
                                                
                            

    けい さん

    観葉植物ですが花が可愛いです、短命ですが。
    成長点は1箇所だとばかり思っていました。
    地植えした所は午後からは直射日光ガンガン、夏の方が心配です。
    でも増えすぎて処分に困ります、珍しいものでもありませんしネe-454
                        
                                                
                            

    こんばんは

    オリズルランは葉も花も涼し気でいいものですね~。
    外に地植えしたオリズルランも元気に育っていますね。
    ここまで枝分かれしたオリズルランも珍しいのでは・・・。
                        
                                                
                            

    つぼさんご さん

    屋内にもう1鉢置いてますが、なぜかランナーをまだ見ていません。
    NASAの研究によると空気清浄効果の高い植物だそうですヨ。
    外のは元気過ぎて通路に飛び出し、何本切ったことやら…。
    この枝分かれの仕方、やはりそうですか、私も初めて見ましたe-257
                        
                                                
                            

    こんばんは~。

    う~んと、オリヅルランは~もうだいぶ昔育てたことがあるけど、そうだったんだかな~?
    そうなってるのを見たような見なかったような・・・
    何かわかったら教えてちょうだいね。
    それよりも、なんでそんなに科が変わってきたのか偉い人が調べているんだろうが。植物って難しいのね~。
    あ、良い場所に植えてあるね。
                        
                                                
                            

    エルフィン さん

    近年はAPG体系といってDNA解析による分類が進み、
    昔からある新エングラー体系やクロンキスト体系など、
    昔学校で習った分類法はもはや学問的には歴史的体系と呼ばれるそう。
    植物園でも旧体系の表記のままだったりして、混乱しますよネe-454
                        
                        

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク
    メールフォーム

    ハンドルネーム
    メールアドレス
    件 名

    本 文

    プロフィール

    管理人:あばけん
    愛媛県南予地方で田舎暮らし
    好きなだけの素人園芸です

    RSSリンク

    最新記事

    初めてのニンジン栽培 2017/08/31
    ゼフィランサス・カリナタの花と種 2017/08/29
    ミニトマトつやぷるん ⑪ トマト疫病再発で枝を更新 2017/08/19
    ベゴニア・センパフローレンスの水挿し 2017/08/13
    キュウリ栽培2017 ① 植え付け~整枝・誘引 2017/08/05

    カテゴリーメニュー(各50音順)

    ブログ内検索フォーム

    月別アーカイブ