Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

     ミニトマト2014 トマト棚の近況:折り返し点通過中

     早いもので9月ももう終わろうとしています。いつもと違う8月に振り回されている内に、9月があっという間に過ぎ去ってしまった、という感じです。今月最後の投稿になりますので締めはもちろんトマトです

    トマト1
    トマト5
     ちょっとみすぼらしいトマト棚になってきました。それもこれもあの8月のセイですね。落花、落果のみならず、葉まで枯れてしまう始末です(こちらは若干土壌の水はけの問題もありますが)。あの夏の日が無かったら、今頃は実がたわわたわわと、たわわに実っていたでありましょうに・・・。

    トマト2
     ここは折り返し地点を通過後に迎える直線走路で、約1.2mあります。千果Aの主枝と側枝、千果Bの側枝の計3本がひしめき合っている状況です。ちょうど9月になって伸び始めた部分ですので葉の色も良く、花房の付く位置も詰まり気味になって、8月のような間延びした箇所は見られなくなりました。

    トマト4
     中央に見える小さい粒は千果A主枝の第18花房です。 明日に向かって咲け
     
     現在収穫中のものは7月にできていた花房の小さくて取り残していた果実、8月に落果を免れた幸運果実が完熟するのを待ってのもです。当然ながら収穫数はガタ落ちで9月は8月の7割弱と落ち込みました。根が弱り気味なのが気になりますが、トマトはもっともっと木?になって欲しいと願うところです

    ミニトマト0928
    関連記事