Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

     ミニトマト2014 トマト棚の近況:積算温度

     春の初収穫の時は開花から収穫までの期間は計測していませんでしたが、梅雨時の6月18日に開花したものを追跡しましたので「収穫:梅雨時編」としてご紹介いたします

     ちなみに四国地方は6月3日に梅雨入りし、7月20日に梅雨明けしました。

    トマト1 トマト2
     写真左:6月18日 第5花房の1番花が開花しました
     写真右:6月25日 1週間後 すでに5mmほどに成長しています

    トマト3 トマト4
     写真左:7月 2日 2週間後 トマト棚に誘引しましたので位置が変わりました
     写真右:7月 9日 3週間後 さらに茎をひねったりで実が支柱に接触・・・

    トマト5 トマト6
     写真左:7月16日 4週間後 全体に緑色が薄くなってきました
     写真右:7月23日 5週間後 3日ほど前からお尻から色付いてきました

    トマト7 トマト8
     写真左:7月30日 6週間後 色付くペースが遅く感じます・・・
     写真右:8月 2日 6週間と3日、さほど変化ありません 45日で本日収穫いたしました

      このように収穫まで何日といった方が解り易い表現ですがトマトに限らず作物全般、日数ではなく『積算温度』によっておおよその収穫日が決まっているそうです。『積算温度』とは日平均気温(1時から24時までの毎正時24回の観測値の平均)を足した合計です。品種にもよりますがミニトマトの収穫時期は開花から800℃、大玉トマトが1000℃、イチゴは600℃と言われています。

      でもピンときませんよね、日平均気温なんて一般の人は知りませんし計測も困難です。でもご安心を、気象庁HP「過去の気象データ検索」から知ることができるんです。あいにく私の住む地域は気温のデータが載っていません・・・。興味のある方はおらが町の平均気温を足しながら「今日は肌寒いから収穫が伸びるかな」などと、気候によって左右される収穫時期を予測していくのも楽しいかも知れません。

      ちなみに北西に直線距離で12㌔ほど離れた同じ海岸部の観測地点の数値を代用してみると・・・ありゃま!?7月31日の時点ですでに1024.4℃に。800℃に達するのは7月23日の812.1℃です。上の写真の下から2段目右の写真が7月23日のものですが、まだ半分以上青くこれで収穫する人は居ないでしょうねぇ。なんだかナーという結果になりました。私に似てオクテなのかもしれませんガ・・・。

      色付く赤い色の正体はリコピンです。リコピンの生成適正温度は19~24℃、30℃を越えると生成が抑制されるそうです。余談ですが買ってきた早採りトマトを赤く色付かせるには冷蔵庫の野菜室(5~7℃)では逆に温度が低すぎます。もちろん果房につけたまま完熟させた方がリコピンも糖度も栄養価も数倍多く、これは家庭菜園の醍醐味でもあります。

     7月20日の梅雨明け前後以降は最高気温が30℃を越える日が多くなりましたので、最近色付くスピードが遅く感じるのはそのせいですが、上の積算温度の結果はどうもシックリこないです。 

      いずれにしましても、これからの暑い夏場は『積算温度』に早く達しますので糖分補給が追いつかず、少々酸味の効いた状態で収穫期を迎えることになります。夏は暑さで体が酸味を欲しがる季節、うまいことできていますね。逆に晩秋や冬場はじっくり時間を掛けて『積算温度』に達しますので、同じ苗のトマトか?と思うくらいとても甘いトマトができるのも肯けます。

     梅雨明け後の7月23日に開花したトマトの追跡も行っています。「収穫:真夏編」ということで後日またご紹介してみたいと思います。『積算温度』・・・今度は合致すると良いですがネ

    トマト0802
    関連記事

    8 Comments

    しーちゃん  

    積算温度

    カボチャは受粉して、何日後とか、そんな話は聞いたことありますが、積算温度で
    収穫日がわかるのですね。へ~~と感心して読ませていただきました。
    ここのミニトマトは幸せですね。よく観察してもらい、大切に扱ってもらえて。
    我が家の大玉トマト、無造作に籠に入れられ、こんなに一杯って、ため息をつかれ
    きざまれ火にかけられて、トマトソースになっています。

    2014/08/02 (Sat)  | EDIT | REPLY |   

    けい  

    こんにちは!

    又もや 為になるお話。
    そうですか、積算温度したか?
    確かに暑くなると 収穫時期が早まりますし 甘くもなります。

    そうなら 来年は植える時期を少し遅らせて
    暑くなる時期に合わせて植えてみようかしら?

    でもそうなると 種からと言う事になってしまいますね。
    う〜ん・・・

    最後に 何方かがお・く・て・とか 仰っていましたか?

    2014/08/02 (Sat)  | EDIT | REPLY |   

    つぼさんご  

    こんばんは

    スイカやマクワは受粉してから何日目と収穫日の目安が野菜作りの本に書いてありますが、積算温度ででしたか~。
    ミニトマトより大玉トマトの方が赤くなるのが遅いな~と思っていましたが物によって積算温度が違うんですね~。

    2014/08/02 (Sat)  | EDIT | REPLY |   

    あばけん  

    しーちゃんさん

    毎朝かかさずに観察はしていますが大切には扱っていません、
    トマト棚に誘引するのに、ひねったり、押さえつけたり。
    トマトソースおしゃれですね、うちは生食しか芸がありません。
    カボチャはおおむね1000℃前後のようですねe-257

    2014/08/02 (Sat)  | EDIT | REPLY |   

    あばけん  

    けいさん

    タメになるかどうか分かりません、自己満足型ですので。
    トマト苗は早く植えすぎても遅すぎても弊害が出そうです。
    「1番花が咲く頃に定植」、自然にまかすのが良い気がしますヨ。
    オクテで恥ずかしがり屋で、ちょっぴり寂しがり屋ですが、なにかe-441

    2014/08/02 (Sat)  | EDIT | REPLY |   

    あばけん  

    つぼさんごさん

    スイカは1000℃前後のようですねー。
    Suicaも1000円から売ってるんですかね?
    ミニと大玉、今頃の平均気温25℃としたら約1週間は違いますね。
    今回試した積算データはどうしたことやら、も少し勉強してみますe-454

    2014/08/02 (Sat)  | EDIT | REPLY |   

    エルフィン  

    オクテのあばけんさんこんばんは。

    「リコピンの生成適正温度は19~24℃、30℃を越えると生成が抑制」e-140なんの植物でもそうなんだね~そう言えば最近トマトが赤くなるのが遅い。
    っていうか生らなくなってきました~。
    トマトが一番旨いのは2月(ハウスだけどね)だって聞いたよ。2月なら水もそんなに欲しがらないからぎゅっと味が濃いって。じっくり時間を掛けて『積算温度』に達するってこともあるんだね。
    なるほど~で、あばけんさんは何時e-440熟すのかな?ん?
    足りないリコピンはトマトで補ってくださ~い。あま~くなぁれ~!

    2014/08/02 (Sat)  | EDIT | REPLY |   

    あばけん  

    エルフィンさん

    オクテに反応しすぎです、茨城方面の方・・・。
    トマトが生らなくなった?暑さ以前の問題のような気も。
    さすがの愛媛も露地栽培で2月はシンドイですが、
    12月~1月のトマトはそれはもう甘いですよ、まるで別モノのように。
    私の積算温度は・・・し・み・つッe-446

    2014/08/02 (Sat)  | EDIT | REPLY |   

    Add your comment