Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

     ミニトマト2014 「わき芽」

     我が家で育てるトマトは専らミニトマトです。トマトの赤い成分は抗酸化物質リコピン。抗酸化作用はβカロチンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上だそうです。ミニトマトにはそのリコピンやビタミンCが大玉の2倍含まれていますので同じ量を食べるならミニトマトの方が美容と健康には良さそうです。また、ミニトマトは丈夫で長期間栽培できるのも魅力です

     栽培するうえで手間といえば「わき芽かき」と「誘引」くらいでしょうか。「わき芽かき」にしても手間という程でもありませんが、放置するとアッという間に伸びてしまいますので、実を大きくするために、また風通しを良くし病害虫被害にあわないようかきとります。悪者扱いしがちな「わき芽」ですが、うまく利用するケースもあるんですよね。

      その1:2本仕立て
    トマト1 トマト2
     我が家ではトマト棚方式で育てますので「2本仕立て」で行っています。わき芽を全部とって主枝1本だけで栽培するのを「1本仕立て」、わき芽を1本残して主枝との2本で行うのが「2本仕立て」です(トマト栽培を始めた頃はこの言葉の意味がよくわかりませんでした)。

     すべての葉のつけ根からわき芽は伸びてきますが、花房直下のわき芽は特に成長が旺盛ですので、この性質を利用して第1花房直下のわき芽を伸ばして「側枝」にしています(写真左の左斜め上に向かっている枝)。ミニトマトは丈夫ですのでさらに3本仕立て、4本仕立て、実の品質を問わなければ複数本も可能ですが、本数が多くなればなるほど広い場所と管理する手間が必要になってきます。

     我が家のトマト棚は枝を4本まで吊ることが可能ですので1株の4本仕立てもできますが、苗にトラブルがあった場合に備えて「2本仕立てを2株」(計4本)としています。

      その2:異常主茎した時の窒素「吸援隊」
    めがね1 千果0
     一昨年はこの異常主茎・めがねに悩まされました。肥料過多(窒素)によって起こる生理障害で、窒素のフン詰まり症状です。めがね以降の花房では落花(果)や肥大不良が増えます。対策の一つとして敢えて複数のわき芽を伸ばしジャングル状態にして根が吸い上げる窒素を分散させる作戦をとりました。急きょ株元に植えたネギ、種まきしたコマツナと共に窒素「吸援隊」として活躍、少し症状が治まってからわき芽の成長点を摘みましたが、できた実はちゃっかり収穫させてもらいました。

      その3:芯止まりした時の替え芯
    トマト3 トマト4
     トマトは葉を3枚つけて花房を付ける性質があります(3葉1花房性)。我が家では葉が4枚や5枚出てくるのも珍しくはありません。が、葉が1枚か2枚で花房が付いたら要注意です!芯止まりといって成長点が無くなってしまい、以降花房ができなくなるそうです。ブログネタ的には一度見てみたい気はしますがこれまで経験はありません。(めがね症状でも芯止まりを起こす場合もあるそうですが、そこまでの被害はありませんでした。)

     もし芯止まりになっても慌てずに済むように、先端の花房直下のイキの良いわき芽をスペアとして少しの間温存しておきます。万が一にも芯止まりしてしまったらこの温存わき芽を新たな芯にすれば良いのです。写真のように葉が3枚付いて花房ができているのを確認してからわき芽を摘んでも遅くはありません。通常わき芽は5cm以内で摘むのが良いそうで、このケースではまだ約4cmほどでした。(実際はもっと早い段階で見分けがつきます)

      その4:頂芽を失うと側芽が即座に動き出す
     上記「その3」が生理障害的原因なのに対して、こちらはうっかり先端を折ってしまったとか、オオタバコガの幼虫に茎に侵入されて先端が枯れたりする場合で、用心する度合いはこちらの方が高いです。
     ただ厄介なのは、これらを予測してわき芽を温存しておく、なんてことができない点です。でもまだ諦めなくても良いんです。わき芽は1回摘んでもまた同じところから出てきますからそれを利用するのです。普段なら2回目からの成長はやや緩慢になりますが、先端の成長点を失った場合は意外と早くわき芽は伸びるようになります。植物がもつ「頂芽優勢(ちょうがゆうせい)のメカニズム」が働くからだと思います。

     ちなみに『頂芽からは植物ホルモン・オーキシンが分泌され、側芽(そくが:わき芽)の成長を促進する植物ホルモン・サイトカイニンの働きを弱め側芽が成長するのを抑制しています。しかし頂芽を切り取るとサイトカイニンの働きが活発になり、側芽が即座に動きだし新たな頂芽となる。』という仕組みです。

      その5:根張り強くするために粘り強く待つ
     最近知ったことですが、苗を植え付けた直後は第1花房までのわき芽はすぐには摘まず、ある程度伸ばしたままにして、水やりを控えながら管理すると根張りが良くなるそうです。以降の成長には差が出るというからほっとけない情報です。

     今年もそうでしたが、これまでも植え付け直後から目を皿のようにして芽を探しては摘んでいました。来年はぜひネバリ強く試してみたいと思います。

      その6:さしずめ挿し芽に
     トマトの挿し芽は私はまだしたことがありません。苗を作ってこれから植え付けようという方は上の「その5」の管理方法はいかがでしょうか。もちろん植え付けるタイミングは1番花が咲く頃です。早すぎると成長が旺盛になり過ぎ、遅すぎると実の付きが悪くなるそうです。1番花が咲く頃がちょうど充実した苗だということです。

      番外編:わき目もふらずわき芽かくのは・・・
     挿し穂の確保だけならいつでもOKなんでしょうが、わき芽かきは天気の良い日に行うのがセオリーです。トマトに限らないことですが、折れ口(切り口)を早く乾燥させてウィルスの侵入を防ぐには乾燥した晴れの日が良いですね。“乾燥した空気”とは「目安として湿度がおよそ50%未満の状態をいう」(気象庁)そうです。雨の日にしたら即感染、ということでもありませんので“念のため”程度でしょうか。

     知ってる限り、思いついた限り、過去記事も拾いながら内容をまとめてみました。「わき芽」ネタだけで7段いきました。大玉トマトなら芯止めされてますね。今後も新しい情報を仕入れたらここに追記して、備忘録として残しておこうと思います

    収穫0624
    関連記事

    8 Comments

    エルフィン  

    こにゃにゃちわ~。

    あははははは・・・・すっげ~。
    トマト博士だね~。
    そうそうあの雨の日に欠いた脇芽は見事に根付きe-463違う違う!脇芽を欠かれた方のトマトも、おかげさまで元気です。
    ただ花が少なくてね。
    あと「つやぷるん」の挿し芽はこれをみて育ててみる!う~んちゃんと頭に入っていればってことだな。うふ。

    2014/06/24 (Tue)  | EDIT | REPLY |   

    あばけん  

    エルフィンさん

    今年のトマト栽培はテーマを決めて書いていこうと思います。
    あちこちの記事に散らばってるのをまとめる意味でも。
    いつブログ辞めても悔いのないようにしとかねば。
    こんなこと言うヤツほどなかなか辞めんモンです、あはe-454

    2014/06/24 (Tue)  | EDIT | REPLY |   

    けい  

    おはようございます。

    ふぅ〜凄いです。。。
    先ほど迄寝ぼけていたのに 目が完全に覚めました。

    私は横着なので 最初の頃は脇芽をとっていたのですが
    今は もう・・・凄い事になっています💦💦💦

    今の所は 実もしっかり大きくなって 先日4個収穫しましたが
    美味しいミニトマトでした。

    でもこれからが 心配になってしまいました。
    様子をみながら たまに写真を撮って
    この状態がどうなるか 観察すべきみたいですね!(ノ△・。)

    2014/06/25 (Wed)  | EDIT | REPLY |   

    あばけん  

    けいさん

    ミニトマトは場所さえあえれば伸ばし放題でも大丈夫です。
    私も昔は何十本?仕立てかわからないくらいありました。
    追肥の時期と量が難しくなって後半は実も小さく数も減りました。
    オオタバコガの幼虫にやられますので多いと退治が大変でした。
    数本残して剪定した方が良いような、花房は勿体ないですがe-454

    2014/06/25 (Wed)  | EDIT | REPLY |   

    つぼさんご  

    こんばんは

    ひょっとしてミニトマトの研究者ですか?詳しいですね~。
    うちはミニトマトが2株あって、それぞれ2本仕立てにするつもりが一株は3本仕立てになってしまいました。
    (脇芽を取るのが遅れたので・・・)
    脇芽を挿したのが付いたようですが今頃から植えても駄目かしら?

    2014/06/25 (Wed)  | EDIT | REPLY |   

    あばけん  

    つぼさんごさん

    一昨年の「めがね症状」で勉強させてもらいました。
    トマトについてもっと色々知らないかんなーと、今でも。
    気がついたら3本、4本になってたことってよくありますよね。
    苗はかなり成長してるんですかね、挿したことないもんで。
    夏場は実の収穫も早まるので今からでも大丈夫なんでは?e-257

    2014/06/25 (Wed)  | EDIT | REPLY |   

    しーちゃん  

    ミニトマト

    「ミニトマトにはそのリコピンやビタミンCが大玉の2倍含まれています」そうなんですか?知りませんでした。
    我が家は大玉だけを作っています(夫)。早い時期の脇芽を欠いたのは挿し芽で又トマトできますね。
    ミニトマトの方が寒さにも強いようですから、もっと大丈夫と思います。

    2014/06/26 (Thu)  | EDIT | REPLY |   

    あばけん  

    しーちゃんさん

    驚くのはまだ早いです、アイコはさらに2倍含まれているそうです。
    栄養の面からするとアイコの方が優れていますが、
    どうも果肉と皮が若干固いかなぁという点で千果にしています。
    寒さにも強いですね、こちらでは年明けの1月初旬まで収穫可能です。
    今回もそれに挑戦してみようと思っていますが、さてe-454

    2014/06/26 (Thu)  | EDIT | REPLY |   

    Add your comment