ミニトマト2014 「実と花房の付き方」

     6月17日、待望のミニトマト2014の初収穫を行いました

    トマト2 トマト3
     初収穫は「千果B:主枝」第1花房の1番果と2番果です。2番果の方が大きく横幅は30mm、高さは25mmとまずまずの大きさでした。遅れること3日、6月20日には千果Aでも1個収穫、今朝は千果Bの3番果を収穫しました。もちろん全て「朝採り」です。

     朝採りが良い理由は『明け方前は一日の内で一番気温が低く植物の温度が低く保たれた状態なので鮮度が高い』のと『光合成によって葉で作られた糖類が夜間に成長のため実に回るので糖度が高くなっている』からでしたね。

     ところで、収穫をしていて気づいたことが。果房に付く1番果の位置が、苗や段によって違うのです。

    トマト2 トマト1
     【写真左:「千果Bの第1果房」 写真右:「千果Aの第1果房」】
     千果Bでは向かって左側(トマトにしたら右側)が1番果があった位置、一方千果Aでは向かって右側(トマトにしたら左側)に1番果が付いていました。トマトにも右利き・左利きがあったんですね!

    トマト3 トマト4
    トマト5 トマト6
     【写真上段左:「第2果房」 上段右:「第3果房」 / 下段左:「第4果房」 下段右:「第5果房」】
     さらにおもしろいのが、千果Aでいうと上の写真のように次の第2果房では逆に、向かって左側に付き、第3果房ではまた右に戻り、以降第4、第5・・・と段ごとにこれが交互に繰り返されているのです。「それがどうしたん?」といった程度の話なんですけどね・・・。

     ま、実の付く位置はどっちでもいいとして、花房の付く位置はとても重要になってきます、特にトマト棚方式の我が家では。 トマトは第1花房と同じ側に次々花房を付けていく性質があり、収穫したい位置に花房を揃えておくと後々の収穫が楽になります。なので花房の位置は植え付けるときの目印になります。 トマト棚方式では水平移動になると果房がぶら下がるように持っていきたいので、花房を棚方面に向けて植え付けました、今年も。

     が、なかなか教科書通りにコトはうまく運びませんねー。千果Bはそうでもないですが、千果Aでは花房の付く位置がバラバラなんです。

     真上から見下ろした状態で第1果房の位置から「第2果房は右へ150度」「第3果房は右へ120度」 「第4果房は左に90度」「第5果房は左に30度」といった具合に「左右240度」に広がっています。 ちなみに千果Bは左90度以内に第5果房までが行儀良く収まっていますのでその差は歴然。経験上このように位置がバラバラになる確率は相当高いというのが実感です。

     “現象には必ず理由がある” う~ん、前回の「3葉1花房」ばかりでもなく葉が4、5枚出ていたり、よく言われるような「葉は90度ごとに回転しながら付く」でもなく180度なんてのもあったりして、このあたりが原因なのかなぁ・・・(でも千果Bでも似たような事になっているのに)、さっぱりわからない。

     正しく?成長すれば、花房から90度のところに1枚目の葉が出て、2枚目、3枚目とキッチリ90度ごとにキッチリ3枚出ると、次の段の花房はちょうど360度回転一周したところに付くので、下の花房と同じ位置に来る・・・という訳です。 実におもしろい。

     深刻な生理障害でも起こしていない限り、気にしだしたらキリがありませんが『目標』にはなりますネ。まもなく水平移動に向かいますが、また葉柄を引っ張ったりねじったりの悪戦苦闘が待ち受けてます。

     あーでもない、こーでもない、あーしよう、こーしよう、家庭菜園ならではの試行錯誤繰り返してますが、自分で育てたトマトが実を付ける、こんな小さな出来事に幸せを感じれる自分が好き、なんちゃって

    トマト収穫

    関連記事

    コメント

                            
                            

    こんにちは。

    ほ~ほ~。
    e-454あはは・・・さっぱりわからんが、花が咲いた面をこっちに向けて植えると良さそうなはずだったが、実際はなかなか言う通りには行きそうもない。って感じ?(そうなんだ~)
    すんません、「絵」なんぞも使って説明も加えてくれたらありがたいな~。
    (よく読めば済むことなのにe-264えへ。)
    ところで味はいかがでした?すっごく美味しそうなんですけどe-454
                        
                                                
                            

    こんばんは!

    ふふ・・・難しいです。
    こんなに詳しく分析を始めると もっともっとと
    思ったりしませんか?
    自然の物って きっちり同じって中々ないのでしょうね。

    完熟のミニトマトは美味しかったですか?

    我が家の甘いベリーミニトマトも少しだけ色つきはじめました。
    これからが 楽しみです!
                        
                                                
                            

    こんばんは

    赤いトマトですね~艶があって美しいトマトです。
    そう言えば我が家のトマト、実があっちに付いたりこっちに付いたりしています。
    日が当たる方に向けようとしましたが無理でした。
    うちの中玉トマトとミニトマトはまだ青い実のままですよ。
                        
                                                
                            

    エルフィンさん

    考えるな、感じろ!なんちゃって、あは。
    ピャピャーっと読み飛ばしてくださいネ、
    備忘録として残しておこうと思っただけなので。
    初収穫はあれでもちょっと早かった感じですかね、
    その分“トマト臭い”良い味わいでしたよe-257
                        
                                                
                            

    けいさん

    「考えるという行為は人間に与えられた最大の楽しみだ」
    (湯川教授のセリフ、4つ目をこっちに追加しときます)
    もっともっともっトマト・・・
    これからはトマトネタしかありませんが、
    もっトマト解りやすく書かないとダメですねe-351
                        
                                                
                            

    つぼさんごさん

    実物よりも写真写りが良いトマトです。
    千果Aの実は完熟させたので甘くておいしかったです。
    やはり実はあっちこっちに付いてますか、
    葉をひねって方向転換させようとしますが限度がありますね。
    これから気温が上昇すると一気に色付きますからねe-454
                        
                                                
                            

    いろいろ細かく観察されているのですね。
    収穫一覧表が楽しみです。このミニトマトはどなたが一番
    たくさん食べられるのですか?
                        
                                                
                            

    しーちゃんさん

    1番花の位置の法則はおもしろいと思ったんですがネ・・・。
    一昨年は肥料過多になって色々と勉強になりました。
    逆に今年は栄養不足気味なので、また要観察の状態です。
    このミニトマトを一番食べるのは私で、その次は、
    オオタバコガの幼虫ですかね、まだ発生していませんがe-257
                        
                        

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク
    メールフォーム

    ハンドルネーム
    メールアドレス
    件 名

    本 文

    プロフィール

    管理人:あばけん
    愛媛県南予地方で田舎暮らし
    好きなだけの素人園芸です

    RSSリンク

    最新記事

    初めてのニンジン栽培 2017/08/31
    ゼフィランサス・カリナタの花と種 2017/08/29
    ミニトマトつやぷるん ⑪ トマト疫病再発で枝を更新 2017/08/19
    ベゴニア・センパフローレンスの水挿し 2017/08/13
    キュウリ栽培2017 ① 植え付け~整枝・誘引 2017/08/05

    カテゴリーメニュー(各50音順)

    ブログ内検索フォーム

    月別アーカイブ