家庭菜園用 改造お手軽小型防虫ネット・Ⅱ型(洗濯ネット)

     窒素“吸援隊”として肥料過多のミニトマト千果の株元に種を蒔いたコマツナ、前回の改造防虫ネットの中は無傷ですがむき出しの苗は穴ボコにされ放題。今回はさらに小さい防虫ネットを作ってみることに、2作目ですのでⅡ型です

    【用意したもの】
    ・洗濯ネット(ワイシャツ2枚・バスタオルなら1枚用・・・何かの粗品)
    ・つる支柱(ワンタッチパッカー式)
    ・ペンチ、ハサミ、ビニールタイ

    ネット1 ネット2
     左:洗濯ネットはファスナーとは反対側をハサミで切っておきました。
     右:つる支柱の1番大きい上を残して下のリングは外しペンチで切ってパッカー3個を確保。別のつる支柱の2番目のリングがこれと同じ大きさでしたので外して別途用意しました。

    ネット3
     パッカーがリング上でスルスルとすべって位置を決めづらいのでビニールタイできつく固定、洗濯ネットを被せ確保していた3個のパッカーで支柱に固定して完成、所要時間は約3分。

    ネット04 ネット5
     こちらは1畳畑です。発芽当初はダンゴ虫が、現在は6mm程の小さいオンブバッタが葉を。株元に蒔いたコマツナは成り行きに任せ、狭いスペースを見つけて1株だけ育てる事にしました。

    ネット6ねっと6     
     その前に前作“改造小型防虫ネット・Ⅰ型”内のコマツナの、2回目の間引きをしました。間引き菜の大きいのは長さ9cm、幅3cm。窒素“吸援”の労をねぎらい卵スープの具材に。

    ネット08 ねっと9
     1本は土ごとごっそりと持ち上げて移植し、新作“防虫ネット・Ⅱ型”をさっそく試してみました。設置寸法は高さ30cm、幅20cmの超小型、1株専用ですがコマツナには少し狭いかな・・・。

    ねっと10 ネット11
     今回の防虫ネットは念願?のファスナーが付いています。手が入りますので収穫も簡単に。自分ではうまくできたと思ったのですが、右の写真で比べても透光性に問題あり?な感じが・・・。目が大きい洗濯ネットもありましたが、それだとオンブバッタの子供の侵入を許してしまいそうで。

     直根で移植を嫌うコマツナですのでそれを差し引いて今後の成長具合を観察していきます   

    関連記事

    リンク
    メールフォーム

    ハンドルネーム
    メールアドレス
    件 名

    本 文

    プロフィール

    管理人:あばけん
    愛媛県南予地方で田舎暮らし
    好きなだけの素人園芸です

    RSSリンク

    最新記事

    初めてのニンジン栽培 2017/08/31
    ゼフィランサス・カリナタの花と種 2017/08/29
    ミニトマトつやぷるん ⑪ トマト疫病再発で枝を更新 2017/08/19
    ベゴニア・センパフローレンスの水挿し 2017/08/13
    キュウリ栽培2017 ① 植え付け~整枝・誘引 2017/08/05

    カテゴリーメニュー(各50音順)

    ブログ内検索フォーム

    月別アーカイブ