Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

     ベゴニアに新しい仲間が加わりました


     ベゴニアはシュウカイドウ科ベゴニア属の多年草で、野生種だけでも約2000種、交配種だと約1万5000品種にもなります。形態および性質は多様ですが茎の形態に着目して分類すると、『木立ち(こだち)性』 『球根性』 『根茎(こんけい)性』 の3つに大別されます。
    -「NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12ヶ月 木立ち性ベゴニア」より要約-

     根茎性はあまり耳慣れない言葉ですがレックス・ベゴニアがこれに入ります。我が家には古くからある品種不明の木立性ベゴニアと、同じく木立性のセンパフローレンスがあります。3年前に豪華な花付きに惹かれ球根ベゴニアを購入しましたが暑い夏に溶けるようにして消滅しました

    木立ベゴニア1
    木立ベゴニア2
     放っておくと3m以上は伸びます。玄関扉に激突しますので昨年切り戻し、現在は1.4m、丁度折り返し地点に。蕾は確認できません。花はシャンデリアのように咲きます。

     株元を見ると地中から芽吹いた茎3本と、従来からの古株1本の計4本仕立て。緑色した太い茎は地下からのストレート、昨年出た若い芽で1mほどになりました。他は40cmの所で切り戻した新芽です。

    木立ベゴニア3 木立ベゴニア4
     これらは上の親株を3年8ヶ月前に挿し木して、なるべく低い姿で育てている2鉢で樹高40cm弱。大株になる品種を小さく育てるのも醍醐味の一つです。今年はまだ蕾はできていません。

    木立ベゴニア5
    木立ベゴニア6 木立ベゴニア7 木立ベゴニア8
     こちらは3年前からあるセンパフローレンス、赤い株は冬越しに失敗して消滅しました。これも一昨年枯れそうになりましたが、昨年春に小さい芽が出て復活し現在に至っています。下段左は購入時の白い花、中央は復活直後でなぜか赤味が、右は現在で白が増えました。
        
    球根ベゴニア1
    球根ベゴニア2
     今日のメインはこちらの新参者、球根性に分類される“エラチオール・ベゴニア”・・・かな?園芸を始めたン十年前はリーガス・ベゴニアと呼んでいたような、今後はエラチオールに統一とか。

     花径の横幅は大きいもので55mm(写真のもは40mm)、センパは大きいもので30mmです。花径と言いましたが、センパの場合は赤味をおびている丸っこい部分は外花被片(ガク)で、小さく細長い白い部分が内花被片つまり花弁ということになります。恐らくこれも同様かと。ただしこちらは雄シベが全くないことから雄シベがすべて弁化した完全八重のようです。

     ベゴニアは雌雄異花同株ですが雄花が先に咲きますので雌花はまだ確認できません。冒頭の木立ベゴニアは後半に咲く花弁の数が多く子房が目立つ雌花に鑑賞価値があります。これは球根ベゴニア同様に雄花に鑑賞価値がありますがどんな雌花なのか見てみたいです

    関連記事

    9 Comments

    エルフィン  

    こんにちは~。

    暑かったわ~やっと涼しい風が吹いてきました。
    (いや、ちょっと寒いかも)
    e-258「写真が小さいぞe-281見えんぞ~、拡大させろ~!」
    って、言っといて・・・あの甚平みたいな葉っぱの半魚人のヒレみたいの?だっけ。
    あの葉っぱ好き。
    ガクやら花弁やらの辺りは、何度聞いても頭に入らないのをお許しいただいて・・・リーガスじゃなくなっちゃったんだ~e-441これも忘れちゃうかも。

    2012/05/19 (Sat)  | EDIT | REPLY |   

    けい  

    こんばんは!

    ベゴニアってそんなに沢山の種類があるのですか?
    知りませんでした。

    木立ベゴニアがほしいなぁと思った時期もありましたが
    冬 難しそうなので 見送っております。(;´▽`A``

    エラチオール・ベゴニア・・・覚えられないとは思いますが 
    八重咲きのベゴニアって覚えておきますね!(笑)

    2012/05/19 (Sat)  | EDIT | REPLY |   

    あばけん  

    エルフィン さん

    ジンベイザメ?半魚人のヒレ?例えがスゴイですな。
    リーガス(リーガース)ベゴニアは現在でも使ってますが、
    徐々にJFコード基準に合せてエラチオール・ベゴニアと、
    統一され呼ばれる傾向になっていくそうですよe-257

    2012/05/19 (Sat)  | EDIT | REPLY |   

    あばけん  

    けい さん

    確かにベゴニアはこちら愛媛でも屋外越冬は危険です。
    エラチオール・ベゴニアをもとにドイツのオットー・リーガーさんが
    病気に強い品種を普及させたのでリーガス・ベゴニアと呼ばれたようです。
    無くなれば草葉の蔭から「おっとー」と叫ぶ声が聞こえてきそうe-454

    2012/05/19 (Sat)  | EDIT | REPLY |   

    -  

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    2012/05/19 (Sat)  | EDIT | REPLY |   

    guranbia3000  

    こんばんは~

    ベゴニアも種類が多くて奥深そうですね

    そうそう昔はリーガスベコニアってありました
    なんかトラッド?な名前だと負ったっけ(^_^;)
    多分リーガルとかのイメージなのか???私的に

    いまはよりおしゃれな感じになってるんですね

    先日のカランコエといい バラ並みに花びらも多くてきれい
    しかし「カランコエ・クイーンローズ・パリ」ってすごいお名前(@_@;)
    パリにクイーンはいないんじゃ…って突っ込みたくなります
    緑がかってすごくきれいなお花ですね
    花弁が痛みやすいのは残念です さすがクイーン デリケートなのかな

    2012/05/19 (Sat)  | EDIT | REPLY |   

    あばけん  

    guranbia3000 さん

    カランコエに続いて八重の品種が増えました。
    普通はリーガスかリーガース。リーガルと呼ぶ人も居るようですよ。
    クイーンは女王ではなくデンマークのクイーン社で育種されました。
    バラ咲きなのでローズでしょうね、“パリ”の由来は・・・不明ですe-454

    2012/05/19 (Sat)  | EDIT | REPLY |   

    riwa  

    はじめまして、おはようございます。
    ベゴニアの記事に興味をもちまして、コメントさせていただきました 。
    木立ベゴニアを室内で大きくされてるなんてすごいですね。
    植物園で葉に水玉模様のある木立ベゴニアを見たことがあるのですが、流れ星という名前だったと思います。
    それに似ているなぁとみておりました。

    うちにはレックスベゴニアが2種あるのですが、まだ夏も冬も経験しておりませんので是非参考にさせてください。
    続編を楽しみにしております^^

    2012/05/20 (Sun)  | EDIT | REPLY |   

    あばけん  

    riwa さん

    ご訪問&コメントありがとうございますe-466
    3mまでは伸ばしていますが激突しますので毎年切ってます。
    放っておけばどこまで伸びるのか、今度試してみましょうか。
    流れ星ですね、候補に上げている3つに入っていますネ。
    やはりこれなんでしょうかね、ネーミングも良いですしe-454

    2012/05/20 (Sun)  | EDIT | REPLY |   

    Add your comment