シーマニアの冬越し(2011)

     耐寒温度が10℃ですので第1次越冬隊として11月20日に早々と室内に移動していました。1番花が咲いてから19日が経過し寒かったのは数日だけでしたので花数もだいぶ増えてきました

    しーまにあ1 しーまにあ2
     2段目の花が咲き切ったところ、前回記事中の11月7日付の蕾が咲いたということになります。1番花としてご紹介した花は散ろうとしています。憐れ “ 金魚の一夜干し ” ・・・状態です。

    しーまにあ3 しーまにあ4
     1段目の花茎は葉腋(ようえき)から1本しか出ていませんが、2段目以降は2本ずつ出ていました。1段目の花茎は長く2段目の花の高さに並びこの瞬間だけを見ると、まるで「散房花序」風ですが、実際は「総状花序」ですので、3段目、4段目以降はどんな位置関係になるのか興味が湧きます。

     シーマニアは15℃以上あれば開花し続けますので一昨年もこの室内で冬も咲きましたが、昨年は室内に取り込まず地上部を枯らせてしまいました。それを教訓に今年は万全の態勢で。

     花の形がユニークで根(鱗茎)もグロテスク?おまけに冬に咲くのに寒さに弱いときています。これまで記録が少ないシーマニアですが、じっくり観察してまた新たな発見に努めたいですね

    関連記事

    コメント

                            
                            

    寒いよ~。

    私の耐寒温度もe-44015度辺りで抑えたい。で、ないと膨張しそうです。

    こちらのHCの温室でシーマニアが数鉢ありましたよ。
    あばけんさんちのだ!って見てきた。
    買っていく人も見たし・・・ってことは、まだいける?
    ゲンペイさんは、もう家の中でも葉っぱが黄色くなって(徐々に落葉しそう)きました。
    シーマニアのほうが強いのかな~。

                        
                                                
                            

    エルフィン さん

    朝はちょっと冷えましたが日中は15℃、
    風もなく快晴でしたので耐寒体感温度は20℃って感じでした。
    ゲンペイボクも耐寒温度は10℃、どっこいどっこいでしょうか。
    シーマニアはこれからが見ごろですから一度買ってみてはe-257
                        
                                                
                            

    こんばんは

    シーマニアは寒さに弱くて室内で楽しむ花なんですね~。
    私も少しずつ、寒さに弱い花を室内に取り込んだり、南側の軒下に移動したりしていますよ。
    これが結構大変なんですね~。
    こんな事いつまで出来るかな~と思いながらやってます。
                        
                                                
                            

    つぼさんご さん

    冬に咲くのに寒さに弱いなんてヘンテコな花です。
    最近こそ買い増しの鉢植えが少ないので良いですが、
    挿し木で増やしたりすると夏や冬の避難が大変です。
    そちらの冬は寒いでしょうから余計に気を遣いますよねe-257
                        
                        

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク
    メールフォーム

    ハンドルネーム
    メールアドレス
    件 名

    本 文

    プロフィール

    管理人:あばけん
    愛媛県南予地方で田舎暮らし
    好きなだけの素人園芸です

    RSSリンク

    最新記事

    初めてのニンジン栽培 2017/08/31
    ゼフィランサス・カリナタの花と種 2017/08/29
    ミニトマトつやぷるん ⑪ トマト疫病再発で枝を更新 2017/08/19
    ベゴニア・センパフローレンスの水挿し 2017/08/13
    キュウリ栽培2017 ① 植え付け~整枝・誘引 2017/08/05

    カテゴリーメニュー(各50音順)

    ブログ内検索フォーム

    月別アーカイブ