カランコエの葉挿し -植え付けと途中経過-

     前回は八重咲きのカランコエ・カランディーバの葉挿しをご紹介しましたが、『ほったら挿し』の2枚を除き残り全ての発根を確認できてから植え付けておきました

    【6月14日】(植え付け)      
    からん1

    【6月26日】(12日目)
    からん2
    【左】ペットボトルに植え付け。用土は赤玉土(細粒)7:腐葉土3の配合です。
    【右】葉が切れたのがありますが上から物を落として鉢の縁とでギロチンに・・・。
      
     奥の列3個が『ほったら挿し』、中央の列3個が『水挿し』、手前の列2個が『土挿し』です。

    からん3 からん4
    【左】近くに寄ってみました。一番背の高いので25mm、これは『土挿し』です。
    【右】『ほったら挿し』で芽を折った分、基部から3本芽が出ています。

    からん5 からん6
    【左】『土挿し』に一際茎が太いのが。芽もこんもり出てて将来有望株です。
    【右】葉挿し記事の追記としてご紹介しましたが、廃棄場所からの敗者復活株です。
         
     実験では試さなかった葉が裏返った状態でもちゃんと芽は上へ根は下へ。発根を促進したり側芽を抑制したりする植物ホルモン・オーキシンの働きです。

     これぐらい成長すると元の葉から分離するのかと思いましたが、現在のところはその兆候はありません。雨が上がる火曜日でちょうど2週間、徐々に陽に当てるようにします


    *カランコエの葉挿しはこちらを、
    *カランコエの茎挿し(2011)はこちらをご覧ください。

    関連記事

    コメント

                            
                            

    こんにちは。

    元の葉を分離しないのは、小さい芽だけでは水分を吸い上げる為にまだ力が足りないんだね。
    何かを見てるようだe-450要らなくなると切り捨てるのね・・・。
    今日は記事に拍手~e-440(義理?)
    関連記事を載せるあたり、そつがないわe-454
                        
                                                
                            

    こんにちは

    どれも順調に育っていますね。
    中でも土挿しが茎も太くて、しっかりしているようですね~。
    これからの成長記録を楽しみにしていますよ。

    カランコエの鉢が8個増えますが、お嫁に行く子もいるでしょうね~。
                        
                                                
                            

    縞メノウ さん

    これはひょとして分離しないのではないかと。
    人間様みたいに平気で見捨てたりしなようにも思えたり。
    なんせ初めての経験でググッても参考例が見当たりませんe-454
                        
                                                
                            

    つぼさんご さん

    ノッポもマッチョも土挿しですね、
    水挿しは平均点、ほったら挿しはやはり葉が傷み気味。
    茎挿し10本も順調に育っています、八重の白だらけですe-257
                        
                                                
                            

    葉挿しって、こんな感じに茎が出るんですね。
    葉から茎が出るっていうのが意外すぎでビックリしました。
    パキラも挿し木がしやすい植物だけど、葉枝からは根しか出ません。
    カランコとか多肉系は、パキラなんかよりも分化してないのかな。

    カランコを剪定した後の茎は、いつまでも生きてるから捨てにくいんだけど、葉からもこんなに復活するとなると、葉も捨てにくくなってしまいますね・・・


                        
                                                
                            

    のびんこ さん

    普通のカランコエでも葉挿しができるのは嬉しいですね。
    ベゴニアでも品種によっては根しか出ないのもあるそうです。
    葉は健康なモノがベストですが少しの傷みなら大丈夫ですよe-257
                        
                                                
                            

    こんばんわ

    葉挿しでも立派な物が出てくるんですネ~
    しかし、カランコエだからここまで立派な物が出来るって
    想像するんですが・・・
    まぁ、実際に実行すれば難しいと思うワ
                        
                                                
                            

    hanasaki.jj さん

    多肉系は葉っぱを置いとくだけで良いので楽ですね。
    大量生産するにはもってこいの方法です。
    とはいっても今回はあくまで実験・余興、茎挿しが一番ですe-257
                        
                                                
                            

    こんにちは

    また沢山の葉挿しがありますね~
    ご近所だと頂きにあがるのに~v-398

    カネノナルキも葉っぱから簡単に目が出てきますね。
    多肉系は簡単になんですね。

                        
                                                
                            

    まみち さん

    多肉系の葉は簡単に発芽しますね。
    カネノナルキは元気な葉でも衝撃で落下して発芽を見る機会がありますが、
    カランコエは落葉しにくいので自然に見ることは無いですねe-257
                        
                        

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク
    メールフォーム

    ハンドルネーム
    メールアドレス
    件 名

    本 文

    プロフィール

    管理人:あばけん
    愛媛県南予地方で田舎暮らし
    好きなだけの素人園芸です

    RSSリンク

    最新記事

    初めてのニンジン栽培 2017/08/31
    ゼフィランサス・カリナタの花と種 2017/08/29
    ミニトマトつやぷるん ⑪ トマト疫病再発で枝を更新 2017/08/19
    ベゴニア・センパフローレンスの水挿し 2017/08/13
    キュウリ栽培2017 ① 植え付け~整枝・誘引 2017/08/05

    カテゴリーメニュー(各50音順)

    ブログ内検索フォーム

    月別アーカイブ