カランコエの挿し木 =水挿し・ほったら挿し編= (2011)

     八重咲きのカランコエ・カランディーバの挿し木(挿し芽)をしました。今回は茎を使った通常の水挿し・ほったら挿しに加えて、初めてでしたが葉だけを使った葉挿しの3つの方法で挿し木をしてみました

    カラン1 カラン2
     間延びさせてしまった白とピンクの花ですがピンクは枯らせてしまいました。白はまだ2/3の花が咲いていますが急きょ切り戻して挿し木にすることに。挿し穂は全部で10本確保できました。3日間日陰で切り口を乾燥させておきました。

    《水挿し》   
    2009年の挿し木では水挿しが一番効率の良い結果が出ましたので6本を水挿しで行いました。
    ◆水は1~2日に1回取り替えました。
    ◆水カビが付着しましたので途中からゼオライトを少量混入しました。
    ◆活力剤メネデールは使用していません。

    【5月29日】(開始)       
    カラン3 
    【6月2日】(水挿し4日目)
    カラン4
     ペットボトルの容器に輪ゴムを十文字に掛けて挿し穂が水没しないように引っ掛けています。2009年の時と全く同じ開始4日目に1本の挿し穂で発根しました。

    【6月4日】(水挿し6日目)  
    カラン5 
    【6月6日】(水挿し8日目)
    カラン6
     わずか2日間で根は10mmほど伸び、切り口付近の節にもわずかに発根が確認できます。各節から芽ばかり吹いてる1本を除いて、バラつきはありますが残り5本共発根しています。


    《ほったら挿し》 
    ◆ほったらかして様子を見るので『ほったら挿し』と命名、どこにも挿してはいませんが。
    ◆梅雨時とはいえ室内での実験ですので1日1回霧吹きで水分補給を行いました。
    ◆切り戻した時点からの日数が妥当ですが、
      水挿しとの比較上同じ5月29日を起点としました。
      (切り戻した日からの通算日数は+3日になります)

    【5月29日】(開始)      
    カラン7 
    【6月2日】(4日目)
    カラン8
     以前ご紹介したことのあるカランコエのエアープランツと似た状況です。水挿しにした場合と同じく4日目には1本の挿し穂で発根が確認できました。

    【6月4日】(6日目)      
    カラン9 
    【6月6日】(8日目)
    カラン10
     切り口付近の節からもわずかに発根してきましたが、葉は萎えてきました。こちらはわずかな量ですが4本全てが発根しました。不思議と発根量は均等です。


    ≪ピンクのカランディーバ≫ 
    【5月26日】          
    カラン11 
    【6月6日】(11日目)
    カラン12
     葉はくたびれてしまい挿し木は断念、しかし枯れた茎のすぐ上部から発根していました。増やす意図とは無関係に自力で発根していましたので「ほったら挿し」にはなりません。植え付けて11日目になりますが新芽も展開してきたようでちょっと安心いたしました。

     この程度の発根量でも根付いているようですので上記の挿し穂も鉢上げしてよさそうです。切り口を乾燥させた水挿しがやはり一番手軽で良いですね、葉が萎えることもありません。乾いた土に挿して10日後に水をやる方法がありますが、「ほったら挿し」の結果からも「有」です。ただし葉が萎えていますので植え付け後にこの葉は回復するのか、引き続き見ていきます

     《葉挿し》は後日ご紹介の予定です。  


    ※購入したカランディ-バにはキリングループの登録商標が明示されていました。種苗法に基づく品種登録制度によって一定の期間“育成者権”が保護され、無断で増殖(挿し木など)したり譲渡・販売することが禁じられています。


    *カランコエの過去記事はこちらのカテゴリからご覧ください。

    関連記事

    スポンサーリンク

    コメント

                            
                            

    こんばんは!

    流石にあばけんさん。
    研究熱心ですね。
    ほったらかしていても 発根するんですね。
    なんだか不思議。。。

    試してみたいですが 我が家にカランコエはありません。。。(^^)
                        
                                                
                            

    こんばんは。

    なるほど~。
    切り口を乾燥させるのって、他にも何かあったよね~。
    何だっけ。
    多肉関係だけかな?

    ペットボトルの容器に輪ゴム・・・さすが手馴れてるねe-454
                        
                                                
                            

    こんばんは

    カランコエの発芽力すごいですね~。
    私が水差しで発芽したのは木立性ベゴニアぐらいですね。
    ほったら挿しは多肉でいつもやっていますよ。
    そう言えばカランコエも多肉っぽいですよね。
                        
                                                
                            

    こんばんは♪

    クラッスラは、挿し木は簡単ですよね。。
    葉っぱが落ちて、そこから根が出てきますよね。。
    我が家のカネノナルキは、
    息子曰く、>カネノナラナイキ< だそうです。。。♪
                        
                                                
                            

    けい さん

    ベンケイソウ科の多肉植物は簡単に発根します。
    凍傷ですべてやられない限りは救えるんですが、
    気が付けばカランコエもずいぶんと数がへりましたe-454
                        
                                                
                            

    縞メノウ さん

    たぶん多肉系の植物だけじゃなかったですかね。
    2009年5月の実験では乾燥させなくても大丈夫でした。
    ペットボトルは何かと便利ですね、すぐにコップ代わりになりますe-257
                        
                                                
                            

    つぼさんご さん

    本来はちょっとやそっとでは絶えない植物なんですが。
    カランコエも一応多肉ですが葉はかなり薄いですね。
    今年は結構水挿しで試してますが不向きなのもありましたe-454
                        
                                                
                            

    梅ばち邸 さん

    クラッスラもベンケイソウ科でしたね。
    育て方などの教科書では何日目でどれぐらい発根するものなのか、
    知りたいことが分かりませんがブログでは皆さんガンバッテますe-257
                        
                                                
                            

    こんばんは!!
    カランコエは良く発根しますね。
    切り口を乾かさなくて、切り花として花瓶に挿しておいただけでも発根してしまいました。

    ペットボトルに輪ゴム、良い思いつきですね。私も真似させていただきます。

                        
                                                
                            

    こんばんわ(^o^)

    あばけんはん 頑張ってますナ~
    (^_^)/~
    究極の葉挿し期待していますヨ
    サルでも分かるように・・・ネ
                        
                                                
                            

    しーちゃん

    我が家の水挿しベスト3はマーガレット、木立ベゴニア、カランコエ。
    水挿しで簡単に増えてくれると重宝しますね。
    ペットボトルは便利です、穴を開ければ挿し木用の鉢にもなりますe-454
                        
                                                
                            

    hanasaki.jj さん

    挿し木初心者の方にも分かりやすくを心掛けてますが、
    サルでも分かるようにですか?最近のサルは賢いですからねー、
    少々専門的な用語を使っても理解したりなんかして・・・e-454
                        
                                                
                            

    ( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
    私もカランコエはホッタラカシですが
    何故か強い花で、未だに咲きまくっています。
    今回、挿し木はどうしょうか迷って
    います。
    相変わらず、あばけんさんは、熱心ですなぁ~
    脱帽です。
                        
                                                
                            

    いちごちゃん

    お気に入りの八重咲きのピンクがノビていましたので、
    あわてて白花を切って挿し木にしてみました。
    どうせやるなら色んなパターンで、と。楽しいですねe-454
                        
                                                
                            

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
                        
                                                
                            

    鍵コメ さん

    了解いたしました。 ぜひ成功してくださいネe-257
                        
                                                
                            

    カランコエ

    カランコエは水で根が出た後、土に植え替えてもいいんですか?
                        
                                                
                            

    愛犬 はな さん

    訪問&コメントありがとうございますe-466

    水のままより、
    むしろ土で育てる方が簡単で成長も良いかと思います。
    水挿しで発根したモノは水に不自由していませんので、
    土で挿したモノより細根の発育が悪くなるそうです。
    なので早めに鉢植えにした方が後々の成長にも良いみたいですネe-257
                        
                        

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Author:あばけん
    愛媛の田舎暮らし
    好きなだけの“素人園芸”です

    カテゴリーメニュー(各50音順)

    ブログ内検索フォーム

    YouTube 最新投稿動画

    他の動画はマイチャンネルで確認できます

    スポンサーリンク

    最新記事

    八重咲きのベゴニア・センパフローレンス 2017/04/25
    シェフレラの雑木盆栽 2017/04/24
    植え替え後の古い鉢土をリサイクル 2017/04/24
    インドゴムノキの植え替え 2017/04/22
    ヤマブキの花と剪定時期 2017/04/21

    月別アーカイブ