ガジュマルの挿し木(2011)

     1ヶ月前に剪定(切り戻し)していた枝を使って挿し木にしていました。今回は土挿しではなく水挿しにしてみました

    【5月2日】(開始)
    がじゅ1 がじゅ2
     旧年枝(古い枝)3本、当年枝(新しい枝)3本でスタートしました。今回は水道水だけを使用して活力剤メネデールは使用していません。水カビが付着しますので2~3日に1回水を交換しています(それでも付着します)。水質を浄化する作用のあるゼオライトを入れておけば良かったかなと思います。

    【5月17日】(15日目)   
    がじゅ3 
    【5月24日】(22日目)
    がじゅ4
     当年枝がまず発根しました。先週までは順調にいってるように思えましたが急に葉が落ち始め、とうとう枯れてしまいました。他の2本はというと1本は先に枯れて、もう1本も切り口が茶色く変色し葉が落ち始めました。ガジュマルの場合は若い枝での水挿しは適していないのでしょうか。

    【5月24日】(22日目)  
    がじゅ5 
    【6月2日】(31日目)
    がじゅ6
     旧年枝が発根してきました。31日目の今日まで順調で2009年の土挿しの記事での35日目の発根量と良く似ています。他の2本はというと1本はわずかに発根、もう1本も何となく出るかなーといった状況です。発根率から考えると土挿しの方に軍配が上がります。「水挿しも可能」程度としておきます。

    がじゅ7
     少々早い気はしますが鉢上げしました。水挿しは水に不自由しないため根毛が少なくなるので早めに鉢上げするのが良いと思います。剪定していた親株と並べてみました。この挿し穂は左側の親株から採ったものです。この独特の太い気根になるのは種を蒔く実生で育てた場合のみで挿し木では太くなりません。これはこれでまた違った形のミニ盆栽風に育ててみようと思っています。

    がじゅ8 がじゅ9
     植え替え時の根のダメージがあったのでしょう、成長に著しい違いが生じてしまいました。スローながら枯れた葉は一枚もありませんので気長に成長を待つことにいたします。今年は霧吹きでマメに葉水をしていますのでハダニが居ないのがナニヨリです   


    *ガジュマルの挿し木(2009)はこちらを、
    *ガジュマルの過去記事はこちらのカテゴリからご覧ください。

    関連記事

    コメント

                            
                            

    こんばんは。

    新しい枝より古い枝の方が挿し木には向いているようですね~。
    他の木を挿し木する場合も同じなんでしょうか~。
    今まで挿し木には新しい枝の方がいいんだと思ってました。

    挿し木苗では太い気根にならないんですか~不思議ですね。
                        
                                                
                            

    こんばんは。

    質問e-320挿し木って一般的に「節」があるものを挿すでしょ?木の場合って、「ひこばえ」が出るようにどこでも芽が出るからOKとして・・・草(花)の場合のシステムが理解できないe-444わからねぇ~
    切ったら(そこから)芽が出ないくせに、挿し穂にすると何故根が出るの?植物の種類によるのかな~?
    ざ~っとおせ~てくだせ~まし・おだいかんさま。
    昔は何の苦もなく付いたのに・・・クレマの新梢と木質化?した枝を挿してことごとく失敗e-444ただ今2つを経過観察中ゆえ。

                        
                                                
                            

    つぼさんご さん

    一般的には「2~3月の春挿しには新芽が伸びる前の旧年枝を、
    6~8月の夏挿しには新芽が伸びて固まってくる当年枝を挿す」
    と言われてますが、私は時期も含めて適当にやってます。
    適期、適法を守れば発根率は上昇すると思いますe-454
                        
                                                
                            

    縞メノウ さん

    オーキシンって植物ホルモンが発根を誘導するそうです。
    節がなくても発根するのはその作用でうまくできてますねー。
    発根促進剤もこのオーキシンが主成分だそうです。
    どうしても発根させたいときは発根促進剤を使ってみてはどうでしょうかe-257
                        
                                                
                            

    こんばんは!!
    ガジュマル2鉢もあるんですね。気根も太くなって立派です。

    私は一晩の油断で枯らしてしまいました。この太くなった気根は
    魅力がありますね。又欲しくなりました。
                        
                                                
                            

    しーちゃん

    大阪に住んでた頃に育てていたもので一緒に戻ってきました。
    背丈は低いのに太い気根、このバランスは魅力的ですよね。
    購入する際は形が同じものが一つと無いので迷いますがネe-257
                        
                        

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク
    メールフォーム

    ハンドルネーム
    メールアドレス
    件 名

    本 文

    プロフィール

    管理人:あばけん
    愛媛県南予地方で田舎暮らし
    好きなだけの素人園芸です

    RSSリンク

    最新記事

    初めてのニンジン栽培 2017/08/31
    ゼフィランサス・カリナタの花と種 2017/08/29
    ミニトマトつやぷるん ⑪ トマト疫病再発で枝を更新 2017/08/19
    ベゴニア・センパフローレンスの水挿し 2017/08/13
    キュウリ栽培2017 ① 植え付け~整枝・誘引 2017/08/05

    カテゴリーメニュー(各50音順)

    ブログ内検索フォーム

    月別アーカイブ