Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

    Archive: 2017年10月

     マユハケオモトの蕾から開花まで

     ヒガンバナ科の球根植物、マユハケオモトの蕾から開花するまでの23日間を追いかけてみました 一番最後に蕾をもったこれを追跡します  上側の葉の裏から剥離するように蕾ができます(葉を持ち上げて撮影)。  蕾が完全露出、この頃になると花茎も見えてきます。  花茎は明るい方に向かって伸びますので、鉢を回しながらお好みの位置へ。  雄しべがまだ伸びきっていないのもあって7分咲きです。 ほぼ満開になりました。 ...

     ジョウビタキが来庭2017

     今日10月30日、ジョウビタキが庭にやってきました 今年で5年目になります。あらためまして、 スズメ目ヒタキ科(またはツグミ科)の渡り鳥で、ジョウを漢字で書くと「尉」で銀髪を意味し、ヒタキは「火焚き」でパキッパキッという鳴き声が火打石を叩く音に似ているからだそうです。たまにキーキーと甲高い金属音のような声を発するときもあります。翼の二つの白い班が紋付に似ているので別名を紋付鳥(もんつきどり)と言...

     シェフレラの挿し木

     ウコギ科の観葉植物シェフレラ、掌状の葉がカポックノキ(パンヤ科)に似ていることから一般にカポックと呼ばれています。私も昔はカポックと呼んでいましたが、今はシェフレラに統一しています。さて、鉢植えの剪定枝を水挿しにしていたものがやっと発根しましたのでご紹介します挿し穂の確保  この鉢植えを親戚の玄関に飾ることにしましたので、その前に姿を整えようと株元から生えていたシュート枝を整理し、それを挿し穂に...

     タマスダレの種まき

     ヒガンバナ科の球根植物ゼフィランサス・カンディダ、通称タマスダレに種ができましたので蒔いてみました開 花  8月初め頃からチラホラ咲き始め、9月のこの頃に最盛期を迎えました。  花弁は5~6枚、同じ仲間のカリナタほどは花弁数に奇形的な多様性は見られません。お盆が過ぎて朝晩が涼しくなると、純白の花弁に薄赤紫色が混じるものが現れるのも特徴です。 純白の花弁が6枚、これが標準仕様です。種  あれだけ咲いて...