Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

    Archive: 2016年08月

     カランコエの夏の剪定2016(その2)

     生き残ったカランコエを剪定してからちょうど1か月になりました  想定外のちょっと寂しい姿。地際からの1節目、2節目からは芽が出てきていません…。 切り戻した際に剪定枝を水挿しにしていたもの。 剪定枝挿し木苗3鉢が見栄え良く成長しそうです  (左の3鉢はカネノナルキでした・・・)...

     ゼフィランサス・カリナタ2016

     約2年ぶりのゼフィランサス・カリナタのご紹介になります 連日の猛暑のおかげで朝夕2回の水やりで喜んでいるのが、昨日ご紹介したハツユキカズラとこのゼフィランサス・カリナタ(別名レインリリー)。雨が少ないのに今年はよく咲きます。  左は昨日昼過ぎの蕾の様子です。右は今朝6時半頃の様子、咲き始めていました。 午前10時半、ほぼ咲きそろいました。  通常、花弁は6枚ですが8枚のものも出現します。ところが・...

     ハツユキカズラ

     一時は葉が落ちてばかりで、我が家の絶滅危惧種に指定されかけていたハツユキカズラ。今はすっかり持ち直して、色鮮やかなピンクや眩しいくらいの白い葉を披露してくれています キョウチクトウ科テイカカズラ属のつる性植物です。葉に白い斑(ふ)が入ることから「初雪カズラ」と呼ばれています。 成長はゆっくりですが、ロックガーデンを取り囲もうかというほどに回復しました。この地で2年と8か月、真夏の直射日光でも葉焼...

     秋まで待てない マナツノコマツナ2016

     ブロック栽培で細々と栽培中のコマツナですが、需要と供給のバランスが合わず、春に採種したタネを蒔いて初めての夏栽培にチャレンジしています  晩秋に種を蒔いて春まで収穫を続ける冬栽培が、虫の被害がほとんどなく一番適した時期なのですが、ブロック栽培の苗や間引きして地面に移植した苗が、予想外に虫の被害が少ないことに気を良くし、真夏に種蒔きすることに。【7月23日】種蒔き  ブロック栽培で蒔いた時と同じ、春...