Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

     肥料の三要素

     我が家の液体肥料オールキャストです 即効性というのが魅力で良く利用しています。雨や水やりなどで流れ出して、1週間~10日程度で効果が薄れてきますので、基本的には1週間~10日おきに植物ごとに合った液肥を与えるようにしています(化成肥料などの元肥・置肥が十分ある場合や季節・天候により、適宜間隔を開けたり濃度を変えてみたりしながら…)。  Nはチッ素、 Pはリン酸、 Kはカリで「肥料の三要素」と呼ばれてい...

     カランコエの夏の剪定2016(その1)

     (貴重な)鉢植えのカランコエ・カランディーバを剪定しておきました なんということでしょう・・・カランコエはこの1鉢だけになってしまいました。  猛暑続きの毎日、涼しげな映像をご覧ください…じゃなかった、 こうなったのも1月24日の大雪のセイ。地形の関係でここ南予地方(愛媛県南部)は毎年数センチの積雪を見るのですが、今年は何十年振りかの積雪14cmを記録しました。この日は最高気温-0.7℃、最低気温-2.6℃...

     挿し木ヤマブキを地植えに

     地植えのサツキが立ち枯れしましたので、伐採ついでに庭を少し整理して、その一角にヤマブキの苗を植え付けておきました 予想通り、春の開花には間に合いませんでしたが、7月7日に狂い咲き(不時開花)しているのを発見。盛は過ぎていましたが、驚きました。  4月にご紹介したときと変わらず鉢植えのまま、しかもポリポットですからね、これとて驚きです。直立気味の太い枝を持った3鉢を選抜して、整枝しておきました。  ...

     ピーマン栽培2016 開花から収穫まで18日(7月編)

     摘果が遅れた6月のピーマンの1番果は、開花から16日目で6cmになりました。そこで、気温が上がった7月はどうなのかと観察してみました  七夕の7月7日に開花しました。雌しべが雄しべよりも長い「長花柱花(ちょうかちゅうか)」で、肥料が効いている状態です。  ピーマンの花は雨にあたると落花するそうですが、実践してくれました。受粉には成功したようです。  8日目まで余り変化がありません。10日目辺りからや...

     ミソハギが咲き始めました2016

     春に切り戻し&挿し木した各々2鉢両方共に咲き始めました  左と中央が一冬越して5月15日に切り戻した当時。右は切り戻した枝で挿し木をして5月29日に鉢上げした時の状態です。【7月10日】 7月6日には緑色の蕾を確認していました。同じ蕾ではありませんが、すっかりピンク色を帯びています。【7月14日】 咲き始めました。全体的に見ると下段から咲き始めますが、下段の蕾がすべて咲いてから上段へ…というもの...