トマト栽培2016 芯止め

     花房が6段までできましたので、予定通り芯止めしておきました  ミニトマトならタフですので、こんなことしなくても晩秋、うまくいけば年明けまで栽培可能ですが、大玉トマトと判明したからには芯止めもやむを得ません。第6花房の上の葉っぱ2枚を残して  これで栄養分が側枝にも回ることでしょう。2.5本仕立てを目指していますので、わき芽を側枝としてトマト棚に向かわせているのです。その側枝のわき芽も伸びてきましたの...

    続きを読む

    コマツナのブロック栽培2016夏

     4月29日に「コマツナのブロック栽培2016春」と題して、トマト棚の重し用ブロックに期限切れの種を蒔いたことをご紹介しましたが、乾かしてしまい早々と断念…。そこで、ぬけぬけと「2016夏」などと題して、リベンジしていたのであります【5月19日】  冷蔵庫の奥で発見された4年半も期限が過ぎた種です。とはいえ、新小松菜(コマツナ×チンゲンサイ)のF1種です。比較するために、今年採取したばかりの種も蒔い...

    続きを読む

    ピーマン栽培2016 初収穫&肥料の判断基準

     雨が多いと雑草も勢い良く伸びますが、ピーマンの成長も早くなりますね  で、本日初収穫しました。どちらの苗も2番果になります。6.5cmと6cmで丸々とはならず、いわゆる奇形果になりました。この時期のは仕方ないのでしょうかね。奇形果になる原因も色々あるようですが、肥料不足だったのかな?というのが、今にして思えば…です。 植付け当時5月12日の1番花です。雌しべが雄しべよりも短い「短花柱花(たんかちゅ...

    続きを読む

    トマト栽培2016 作戦変更の2.5本仕立て

     我が家の一大事今日6月4日、平年より1日早く昨年より2日遅く、四国地方が梅雨入りした…ことではなく、栽培中のトマトが、ミニではなく大玉だったことですぅ 開花から42日目、直径はナ、ナント6cmにもなっています。ちなみに左のは麗容(れいよう)という大玉トマトです。小さめの6.5cmのを並べてみました。すくすく育ちやがって  第2果房を見ても、隣の苗の第1果房を見ても、やっぱりデカイ…。右から読んでも...

    続きを読む

    リンク
    メールフォーム

    ハンドルネーム
    メールアドレス
    件 名

    本 文

    プロフィール

    Author:あばけん
    愛媛の田舎暮らし
    好きなだけの“素人園芸”です

    RSSリンク

    カテゴリーメニュー(各50音順)

    ブログ内検索フォーム

    YouTube 最新投稿動画

    再生画面右下の
    *「□」クリックで全画面表示に
    *「YouTube」クリックでYouTubeサイトへ


    最新記事

    木立性ベゴニアの雄花と雌花 2017/06/27
    ジュウニノマキの花 2017 2017/06/24
    ミニトマトつやぷるん ⑦ 主枝・側枝をトマト棚へ誘引 2017/06/23
    ユキノシタのハンギング 2017/06/19
    ランタナの七変化 2017/06/15

    月別アーカイブ

    スポンサーリンク