Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

    Archive: 2015年06月

     斑入りツワブキのミニ仕立て

     庭のあちこちでツワブキが発芽していましたので、1本だけ小さい鉢に植えてみました【6月10日】  セダムの中にタチツボスミレと一緒に生えていたのが、他と比較しても葉が綺麗な部類でしたのでこれを植えることに。どっちみち抜かれる運命にはありました。かなり根は切れてしまいましたが、スペアならいくらでもありますので気にせずに。【6月20日】  10日経っても次の葉が展開してきません。成長点を埋めてしまった...

     ピレアの切り戻し&挿し木(水挿し)

     ピレア・カディエレイ(イラクサ科)の記事はというと、え~と実に4年ぶりになります これまでも何度も枯らせそうになり挿し木で更新していましたが、とうとう絶滅してしまい、親戚からまた枝をもらって昨年挿し木していた鉢植えです。「小さくこんもり」を目標にしていましたが、ご覧のありさまです。【5月17日】 管理が悪いとこんな惨めな姿になりますよ、という見本です。たまには?悪い見本も無いと、どう惨めになるか...

     ホタルブクロを採取

     人通りの少ない山道に、ホタルブクロが生えていましたので採取してきました 群生とまではいきませんが、4~5本生えていましたので2本採取。道端の落ち葉が積み重なった場所に生えていました。根は十分に土を掴みきれていなくて、ヒョイと簡単に抜けました。根が曲がった状態でバランスを保っていたようです。大きい方で地上部は55cmです。 庭に植えていた純白のホタルブクロは消滅してしまい、こぼれ種も発芽してこなか...

     食べたメロンの種でメロン栽培 (2)育苗~本植え付け

     食べたメロン(F1種)の種で、試験的にメロン栽培に挑戦中です。本葉が3~4枚展開してきましたので、植え付けることにしました【6月11日】 種まきから14日目。土に蒔いた種の苗にも本葉が伸びてきましたのでポットに植え付けました。先行してポット植えにしていた新聞蒔きの苗は3本でしたが、発芽した種の部分を埋めずに植えつけたら枯れてしまいました。  根の成長がかなり旺盛です。元気な2本を選び植え付けまし...

     ミニトマト2015 初収穫

     待望のミニトマトの初収穫を行いました、1個だけですが  積算温度よりも指診断 開花したのが5月6日、ちょうど開花50日目になりました。明日から3日間またの予報が出ていますので、実割れする前に今朝収穫しました。 この時期のミニトマトの収穫の目安は開花から50日程度です。日数で決まっていたら楽なんですが、トマトに限らず作物全般、日数ではなく『積算温度』によりおおよその収穫日というのが決まっています。...

     ミニトマト2015 折れた果房

     今年のミニトマトは殊のほか茎が丈夫で、水平移動させるのに手を焼きます  水平移動始めました 昨日、麻ひもで引っ張って先端を水平に保持しましたが、翌日にはもうピーンと空を向いてホイ。ここまでは想定の範囲内ですが、この主枝は先端が固く、頑なに水平移動を拒んでいるかのよう。  通常はこの側枝のように、伸びてきた茎はその都度支柱の下に潜り込ませ、肩を押さえつけるようにしながら誘引していきます。上に伸びる...

     アジサイの挿し木2015

     地元で通称「あじさいロード」と呼ばれ、沢山の種類のアジサイが植えられているのですが、管理されている方に承諾を得て、気になるアジサイの枝を持ち帰り挿し木しておきました 6月7日、来年咲く確率の高い今年咲かなかった枝の先端を、2本ずつ持ち帰りました。間延びしている枝がありますね、現場できっちりチェックしておけば良かったです…。  短く切り詰め先端をよく切れるカッターで斜め45度にカットして、反対側も...

     ミニトマト2015 主枝の矯正

     カレンダーの文字が赤い日曜日はトマト記事、今季初のサンデートマトです  水平移動に向けて矯正中 主枝の背丈は1.5mを優に越え、本来ならとっくに水平移動に向かっているハズだったんですが、チト誤算が。 あちゃー、クネクネし過ぎ…。しかもここにきて肥料過多気味なのか節間もやや詰まり、茎の太さは測定基準位置での適正値よりも2~4mmオーバーの14mm。そう簡単には、斜め誘引用に張った麻ひもに沿って曲が...

     カランコエの挿し木(水挿し)2015

     またやってしまいました。放ったらかして間延びしたまま咲いていたカランコエ。切り戻して挿し木で更新しておきました  庭改造計画で無謀にも親株はじめ、多数の鉢植えを地植えにしましたが、南国愛媛といえども寒い冬を越せずに敢え無く消滅。さほど形が良かった訳でもない3鉢だけが残っていました。手入れが疎かになり、こんなありさまです。  ピンクの八重咲きカランディーバ8本、普通の一重咲き4本の計12本の挿し穂を...

     リュウノヒゲの花

     リュウノヒゲに花が咲き始めました キジカクシ科スズラン亜科ジャノヒゲ属 花の形態を元に分類された新エングラー分類体系ではユリ科でしたが、遺伝子の構造を元にしたAPG分類体系(Ⅲ)では、先日ご紹介したオリヅルランと同じくキジカクシ科に分類されています。 グランドカバーとしてお馴染みのリュウノヒゲですが、我が家ではほぼ雑草扱いで、庭改造計画でもかなりの量を処分しました。葉は放っておくと30cm以上に...