Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

    Archive: 2010年01月

     休眠

     屋外で越冬中の植物たちの一部がすっかり休眠に入りました。休眠によって代謝を最低限に抑え暖かくなる春までエネルギーの節約に努める、生育に不適切な環境になる冬の間の、植物たちの見事な生き残り戦術です     写真左はギボウシです。  春に枯れそうになって救出には成功しましたが去年花は咲かずじまい。 写真右はリンドウです。  年末の雪の後ですのでもう春と勘違いしているのか新芽が二つ出てます。  写真左...

     サザンカの蕾

     サザンカに待望の蕾ができていました。3年前に開花株を購入して花後に地植えにしましたが昨年、一昨年と一向に花が咲かず、今年も葉芽ばかりが目立っていましたので半ば諦めかけた矢先でした サザンカはツバキ科ツバキ属の常緑広葉中高木で原産地は四国西南部、九州、沖縄です。我が家のは豊麗(ホウレイ)という園芸種で淡桃色地に紅のぼかしが入るタイプです。  今年は蕾が2個できていました。他はすべて右のような葉芽ば...

     マーガレットの水挿し

     強風で隣の鉢が倒れ込んで折れ、うっかり手を滑らせて鉢を落として折れ、 オレオレ詐欺ならぬ“折れ折れマーガレット”です    盆栽教育中で枝を伸ばしている最中に、運悪くハイビスカスの転倒の巻き添えに合いました。 右側は同じく屋外越冬中で濃いピンクの花を咲かせている株のものです。 こちらも同じく強風が原因ですが自身が転倒して折れたものです。注意はしてたのですが。   水に挿してから何日経過したの...

     カランコエの切り戻し

     カランコエの切り戻しをしました。と言っても茎ではなく花茎です。短日処理して冬に咲かせたカランコエの2番花を咲かせるための切り戻しです  こまめに花がら摘みをしていませんので見栄えもよろしくなく、花も半分近くが終わりかけていますのでここらでバッサリと切り戻してみました。短日植物ですが今は昼間の日照時間も短いのでダンボールでの処理は不要です。しかし夜間はやはり電灯などの照明に当たると花芽はできません...

     冬のクロッサンドラ

     今日も室内越冬中の植物のご紹介です、クロッサンドラです。真夏のイメージの強い花ですがまだ咲いています これらは去年6月に挿し木で増やした20本の内の我が家に残った6本です。寒さに非常に弱いため、去年は挿し木苗を軒下越冬させて全滅させました。    標準の開花期間は6~10月です。 蕾をつけたまま越冬させるのは始めての経験ですが、室内とはいえまさか1月になっても花が咲き続けるとは思ってもみませんで...

     シーマニアの悲劇

     室内で越冬中のシーマニアですが管理不行き届きで下葉が枯れてきました  ペンタスと1、2位を争うぐらいこの室内ではとても水を欲しがるシーマニアですが、ペンタスに合わせて水やりをしていたらシーマニアの方が弱ってきました。枯れた下葉や久しぶりに花がら摘みをするとご覧のようにゴミの山に。いい加減な管理を露呈してしまいました。。。文句なしの水欲しがり第1位です。  枝葉がくっついている方がわずかながら保湿...

     冬のウキツリボク

     暖地愛媛では冬でも花を咲かせ続けるウキツリボク(チロリアンランプ)ですが、ここのところの寒さで少々悲惨な状況になってきました 株も随分成長して枝垂れ状態ですので花数は去年よりたくさん増えました。  が、大晦日の積雪やその後のみぞれにあられ、今日もまた時折小雪が舞う強風の中では花はまともに咲けないようです。(風で揺れてピントが合いませんので悪しからず) 裏側に回ると軒下部分になりますので、こちらは...

     ゲンペイボクの新芽

     秋に剪定をして室内で越冬中のゲンペイボクの親株と挿し木苗の近況です  10月3日の切り戻し直後の状態です。3ヶ月後の今日現在の様子です。  やや細い枝の方の新芽の成長が早く、ちょっと間延び気味ですが約28cmあります。一方の太めの枝の新芽の方が成長が早いのかと思っていましたがこちらは約3cmです。  耐寒温度10℃のゲンペイボクですが、葉は少しゴワゴワしていますが障害はありません。こんなに寒くて...

     観葉アスパラガスの新芽

     玄関回りの植木鉢を整理しようとしていて枯れたアスパラガスを見つけ、12月3日に思い切って切り戻しと植え替えをしていたものに新芽が出てきました       枯れた部分だけをカットするつもりでしたが、いつの間にか丸坊主に。。。ならばと根がパンパンでしたのでついでに植え替えもしておきました。陶器鉢に入っていましたので抜くのに悪戦苦闘です。  生育旺盛なアスパラガス・プルモーサス・ナナスですが、真冬の植...

     マーガレット 花色の実験結果

     マーガレットが真冬に咲いて驚かされましたが、室内と屋外で花色にどんな違いが出るのか実験していました室内株      暖房は効いていませんがガラス越しの陽当たりの良い場所です。実際の置き場所はフラワースタンドで透明ガラス越しになります。屋外株   撮影のために一時的に室内に取り込みました。室内設置場所のすぐ前の屋外軒下で先日の雪もかぶりました。比較 光の加減で多少色合いに違いが出ますので並べて撮っ...