Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

    Archive: 2009年11月

     ニホンズイセン(日本水仙)の花がちらほら

     ニホンズイセン(日本水仙)の花が庭のあちらこちらでちらりほらりと咲き始めましたあちらでちらり  一週間前の11月22日に一番花が咲きました。 右側は今日現在の様子です。  球根を抜き忘れたグループで陽当たりも良いので早く花が咲いています。  多くは一つの花茎から6個の花が咲きますが8個蕾をつけているものもあります。こちらでほらり   急きょスイセン花壇にしましたが午前中は陽が差さない為か咲くのが...

     クリスマスローズの苗

     ブログを始めて以降、色んなところへ訪問しているとクリスマスローズを良く見かけます。苗が売られていましたので、どんなものかと購入してみました キンポウゲ科ヘレボルス属の耐寒性宿根草で原産地はヨーロッパ中、南部。 開花時期が2~3月なのになぜクリスマスと名前が付くのか疑問でしたが、本当のクリスマスローズとは冬に咲く“ヘレボルス・ニゲル”を指すそうです。一般に出回っている“ヘレボルス・オリエンタリス”やそ...

     カランコエの花 一重・八重

     短日処理をしていたカランコエが八分咲きになりました。前回は花一輪でしたが、その一番花はすでにありません 短日処理を始めた当初は赤い花の株ばかりかと思っていたら、若い挿し木株2鉢はいづれも黄色い花でしたのでホッとしました。          こちらは購入株で、蕾の状態でしたがやっと咲いてくれました。 “世界初の八重咲きカランコエ”カランディーバって書いてあります。ディーバとは女神という意味だそうです...

     ミニトマト空中3本仕立ての近況(5)

     収穫は激減しましたがまだ実をつけているミニトマトです                   他の植物が冬支度を始めたというのにまだ生っています。ただ最近雨が多いので実割れするのが残念です。              上とは別に3箇所に青い実がなっています。5グループ目には花が咲いてまだまだやる気のようです。  10月10日に剪定したマーガレットに蕾ができました。あれれっ?て感じですが、四季咲きだっ...

     グズマニアの冬越し

     今日はグズマニアの冬越しです。パイナップル科の植物ですが耐寒温度は5℃あり、ぎりぎり軒下でも越冬可能ですが念のため室内に取り込んでいます。冬越しに特別な方法はありませんが、ミズゴケが緑色になってきましたので交換しました  大きい斑入りのものはスターマイン・ベガという品種で9月に株分けしたものです。下の小さい方は6月に株分けしましたがあまり成長していません。  斑入りの細長い葉っぱはオリヅルランに...

     ベゴニア(木立性)の冬越し

     昨日のアフェランドラ・ダニアと同じくハードニングをして、耐寒性を高めようと屋外に置きっ放しにしていたベゴニア達です。耐寒訓練中だというのにいつの間にか蕾をつけていました ビニールポットに入れたままですので3本を寄せ植えにしてみます。これも狭い室内に取り込むための冬越し方法の一つでしょうか。耐寒温度は5℃ですので室内に取り込めば越冬可能です。 7月に挿し木・鉢上げしていた8本のうちの3本です。  ...

     アフェランドラ・ダニアの冬越し

     耐寒温度10℃と全く耐寒性のないアフェランドラ・ダニアです 他の耐寒性のないものはすでに室内に取り込みつつある中で、ハードニング(寒さに当てないまま室内に入れるのではなく徐々に寒さに慣れさすと耐寒性がアップする)を試みて来ましたが今朝の最低気温は5℃、日中も雨で11℃しか上がらないそうですので、ここらで耐寒訓練を終了し室内①へと取り込むことにしました。 屋外での雨ざらし状態でもよく耐えてきました。チ...

     カーネーションの冬越し

     5月の母の日の前後しかあまり注目されないカーネーション。高温多湿に弱く毎年夏頃には枯らせていましたが今年はずっと元気でいます。それどころか花も咲き続けていましたのでちょっと疑問に思い調べてみましたら、四季咲きの品種もあることを知り、冬でも10℃以上あれば開花し続けるそうです ナデシコ科ナデシコ属、原産地は南ヨーロッパ、西アジアです。 耐寒性は品種にもよるそうですが耐寒温度は大体0℃、今回は生き延び...

     キルタンサスが開花

     冬の花キルタンサスが咲き始めました ヒガンバナ科キルタンサス属の球根植物で原産地は南アフリカです。 この品種はキルタンサス・マッケニー、別名ファイアーリリー。キルタンサスとは“曲がった花”という意味です。5月の末に植え替えをしていたものです。  一つの花茎に緑色の蕾が6個収まっています。蕾が生長するに従い白っぽく変化していきます。左側の状態から開花するまで約2週間かかります。 我が家にあるのは淡い...

     ヒポエステスの冬越し

     今日はヒポエステス・フィロスタキアの剪定をしてみました。耐寒温度5℃ですが毎年屋外に放ったらかしにしていて、地上部が勝手に枯れた後、暖かくなる春先に芽吹くとばかり思っていました。ところが今日見てみると株元から新芽が出ていました。ちょっと嬉しくなったので室内①に取り込んで冬の様子を見ることにします  寒くなると葉を広げなくなり、やがて地上部は枯れてしまいます。新芽を残して後はバッサリ切り戻しました。...