Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

    Archive: 2009年07月

     エニシダの挿し木

     この春に購入したエニシダ。花もすっかり終わり枝が伸びて見苦しくなりましたので、剪定してその枝を使って挿し木をしていました マメ科のヨーロッパ原産の落葉性低木です。これはさらに矮性のヒメエニシダと思われます。4月27日               まぶしいくらいの黄色い花を咲かせていました。7月5日 花も終わり枝は伸び放題になりました。以前育てた株は夏前に枯れてしまいましたので挿し木をしたいと思っ...

     ウキツリボク

     久しぶりのウキツリボク(チロリアンランプ)ネタです  去年の夏に80cmほどの苗4本を地植えにしたものが、どんどんと成長して現在3.5mほどになってきました。暑さのせいか今は花が少なくなっていますが、一年中咲きます。ここ愛媛では真冬でも花が咲きます(花色はボケますが)。雨と風でベタッとしていましたので各枝を吊り上げて、ふっくらと見えるように整枝してみました。ある資料によると5mぐらいは伸びるそうで...

     タマスダレ

     昨日は蕾だったタマスダレが開花しました ヒガンバナ科の球根植物でゼフィランサス・カンディダ。別名がタマスダレ。 先月ご紹介したゼフィランサス・カリナタ同様、いつ誰が植えたのかわかりません。この花も雨の日によく咲くのでレインリリーと呼ばれます。7月26日                      まだ咲かないのかと時々見てましたら、26日に蕾を確認しました。7月27日7月28日  レインリリーの名...

     デプラデニアにつるが

     つる性植物なのに購入した当時は“つる”などなかったデプラデニア(マンデビラ)です 蕾だった花が一通り咲き終わろうとするころ、急に先端がつる状になって伸びてきましたので、あわてて“あんどん仕立て”にしてみました。花を観賞するため室内に取り込んでいたからか、少し間延びしたようなつるです。初めて育てますのでこれが正常なのかどうかがわかりません。。。 花も終わりそうでしたので花柄を折ろうとしたら白い樹液が出て...

     カランコエのエアープランツ

     カランコエは強剪定にも耐え、真冬の水挿しでも簡単に発根し、その生命力の強さについてはこれまでも何度も書いてきました。しかし今回ほど驚かされたことはありません。挿し木にしようかしまいかと迷っている内に、2ヶ月間枝を放ったらかしていましたら、まだ生きていたのです  目の高さよりも高い位置に置いていて中は空っぽだと思っていましたので、今日の今日まで気付きませんでした。黄花と同じ5月17日に剪定した赤花...

     ミニトマト3本仕立ての近況

     いくつかの頓挫はありましたが、ここまで順調なミニトマト空中3本仕立て。近況の報告をさせて頂きます 同色で見づらいですが水平の花房にも実が成り始め、なんとなくブドウ棚らしくなって来ましたねじりながらの誘引ですが、ある程度実が大きくなれば自重で垂れてくれます。  手負いの主枝のわき芽も順調に成長し、わき芽第2花房にも花が咲き始めました。現在水平支柱の中央あたりまで伸びています。11月一杯はなんとか成...

     アジサイの挿し木

     6月29日に剪定した枝で挿し木をしていましが、そこそこ発根していますので鉢上げしてみました6月29日  今年花が咲かなかった1年枝を使用しました。全て天挿し(先端に芽があるもの)で5本確保できました。下葉を取り除き、上の葉は大きいので1/2ほどカットしました。先端をカッターで斜めに切って、反対側も表皮を削ってクサビ型にしています。茎が太いので形成層を余分に出した方が給水力が高まるようです。このあと...

     マーガレットの挿し木

     花はもうとっくに終わり、この時期にマーガレットの記事も気が引けるのですが、水やりの時にうっかり枝を折ってしまい、そのまま捨てるのももったいない?ので挿し木にしてみました  松の枝のようにゴツゴツと木質化して、非常に折れやすくなっています。下葉を取り除き、先端を斜めにカットして3本の挿し穂にしました   そのまま水挿しにしてみました。 驚いたことに4日目の今日すでに発根しています。先端ではなく上の...