Welcome to my blog

    晴れ時々趣味の園芸

    ときどきガーデニング&ときどき家庭菜園

    Category: カランコエ

     カランコエ 越冬開始します2017

     先日のペンタスに続いて、今日はカランコエ・ベゴニア・ガジュマルの耐寒温度5℃植物の越冬を開始しました ハードニング(寒さに当てないまま室内に入れるのではなく徐々に寒さに慣れさすと耐寒性がアップする)のために軒下に置いていた八重咲カランディーバを、南向き廊下に設置のフラワースタンドに越冬隊第4陣とし赴任させました。  11月3日に確認した小さい蕾も、花茎を伸ばして少し肥大化してきました。蕾ができたあ...

     カランコエ・ミラベラの夏の剪定

     昨日の八重咲きのカランディーバに続いて、今日はベル咲きのミラベラを剪定しておきました夏の剪定 春に挿し木で増やした面々です。後列は旧年枝を挿して5月13日と22日に鉢上げしたもの、前列左は当年枝を挿して13日に寄せ植えに、前列右側は葉挿しをして6月1日に鉢上げしたものです。  地際から16cmほどに成長していました。背丈の1/2をカットしましたので8cmほどになりました。 当時、発根の遅れた2鉢...

     カランコエ・カランディーバの夏の剪定

     夏恒例のカランコエの剪定をしておきました夏の剪定 八重咲きのカランディーバのオールキャストです。春は咲き終わった花茎(かけい)だけを切り戻していました。  間のびしているように見えますが、これは花茎の名残の部分です。下の葉が残るように剪定しました。夏に剪定しておくと、こじんまりとガッシリした株立ちで花を咲かせることができます。剪定は頂芽優勢を打破 短い茎は先端の芽だけを摘んで(摘心)、全体に地際...

     カランコエ・カランディーバの挿し木

     5月に植え替えをした際に切り戻した枝で挿し木(水挿し)をしておきましたズボ挿し  下葉がありませんので地際から切り戻しました。ズボラして枝分けも乾燥もさせずに、そのまんま丸ごと1本ズボッと水に挿しましたので、ズボ挿しです  3日後、切り口ではなく上の方から根が出ていました。茎の上部から根を出すことはカランコエの場合はよく見られますが、挿す前から根が出ていたのかどうかは不明です。茎の半分しか水に浸かっ...

     カランコエ・カランディーバの植え替え

     花も終盤を迎えましたので、花茎を切って植え替えておきました花茎の摘み取り 花がら摘みをしながらここまで引っ張ってきました。左奥が親株、右の3鉢が茎 挿し株、左手前が葉挿し株です。  まだ蕾も少しありますが、すべての花茎を摘み取っていきます。 こじんまりとした株立ちですので、余計にスッキリと見えます。植え替え【親株】  昨年の夏の剪定後、地際の節から芽が出ませんでしたので下葉が無い状態です。今回は地...

     カランコエ・ミラベラの葉挿し

     5月3日に切り戻しをして、その剪定枝を挿し木(水挿し)にした分はすでにご紹介しましたが、葉も挿しておきました5月03日 葉挿し開始【基部付き】  2011年の葉挿し同様に、葉柄の基部(茎に接する付け根部分:半円状になります)が付いた葉と、【基部無し】  今回新たに付け根部分をカットした葉も用意して、2種類を挿してみました。どちらも乾燥させずにそのまま赤玉土(小粒)に挿し、水をたっぷりやりました。5...

     カランコエ・ミラベラの挿し木

     5月3日に剪定した時の枝を使って挿し木していました。発根しましたので鉢上げしておきました挿し穂の確保  倒れてほふくしていた茎から4本と、本体側の細い新枝3本を挿し穂にしました。カランコエは水挿しができます。発根の様子を観察できるのが良いですね、使うのは水だけですし…。水の交換は毎日がベターですが、この時期なら2日に1回でも先端は乾かさなくても少々葉っぱが多めでも水挿しの開始 早いものは2日後にも...

     カランコエ・ミラベラの剪定

     数年前に1本の枝を頂いて挿し木で増やしたカランコエ・ミラベラ、昨年1月の大寒波で大半を枯らせてしまいましたが、地植えのこれだけが生き残っています。花も終わりましたので切り戻しておきましたミラベラは釣り鐘型  ベル型とも表現されるミラベラの3月28日の様子です。本来は花茎を直立に伸ばしますが、地植えでは地を這うように伸びてしまいました。 5月3日、花が終わりましたので切り戻します。切り戻し  本体...